人間の土地 (新潮文庫)

  • 3357人登録
  • 3.84評価
    • (346)
    • (260)
    • (415)
    • (37)
    • (10)
  • 308レビュー
制作 : 堀口 大学 
  • 新潮社 (1955年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102122020

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
遠藤 周作
サン=テグジュペ...
梨木 香歩
伊坂 幸太郎
サン=テグジュペ...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

人間の土地 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 久々のサンテックス。学生の時に好きだった感覚が蘇った。
    ユーロになる前のフランスの50フラン紙幣はサンテックスと星の王子様。繊細な色彩で、象を飲み込むウワバミや、サンテックスの飛行機と飛行経路も書かれたかなり凝ったもの。

    表紙の絵と後書きは宮崎駿。戦闘機乗りの資料はかなり持っているようですね。

    サンテックスは結局、「平均寿命は2週間」と言われる戦闘機パイロットになり偵察飛行中に行方不明、その後正式に墜落機が見つかり死が確認されました。

    ★★★
    郵便飛行機の操縦士の時、欧州から南米へ砂漠や海を越えて空路の旅での肉体および精神的体験の記録。
    飛行機乗りの命を支える小さな印。着陸を台無しにする草原の小さな川、一軒だけ建っている農家から漏れる灯り。
    水の無い砂漠の民族の暮らしと生活、彼らは欧州の森で滝の終わりを見たがり、無尽蔵な水にフランスの神の気前の良さを感じる。
    砂漠では危険な不帰順族もいる。不時着した飛行士を殺すこともあるし、親しくもてなすこともある。
    10分通信が途絶えると行方不明を示すほどの危険な空路、ある仲間はそのまま姿を消し、ある仲間は不時着地から数日間歩き続けて帰ってきた。

    サンテックス自身も危険な飛行を行い、ある時は砂漠にとらえられた。いきなりまっただ中から砂漠に乗り込んだ、まるでトリモチに捕まったように。
    仲間の操縦士と3日間歩き続けて救出するまでの日々、砂漠の生物に見た生命の知恵、水や救助の幻。帰れないと思い泣くのは自分のためではない、待っていてくれる人たちのため、彼らの自分を見る複数の目。それを思うと堪らない。向こうで彼らが助けを求めている。
    【「ぼくが泣いているのは自分の事なんかじゃないよ」そうだ、そうなのだ、耐え難いのは実はこれだ。待っていてくれる、あの数々の目が見えるたび、僕は火傷のような痛さを感じる。すぐさま起き上がってまっしぐらに走り出したい衝動に駆られる。彼方で人々が助けてくれと叫んでいるのだ、人々が遭難しかけているのだ。
    これは実に変わった役割の転倒ではあるが、僕は普段からこう考えている。
     (…中略…)
    なぜぼくらの焚火が、ぼくらの叫びを世界の果てまで伝えてくれないのか?我慢しろ…ぼくらが駆けつけてやる!…ぼくらのほうから駆けつけてやる!ぼくらこそは救援隊だ!】(P162~)

    ★★★
    嵐に会った仲間の場面が圧巻でした。
    【そこには竜巻が幾つとなく集まって突っ立っていた。一見それらは寺院の黒い円柱のように不動のもののように見えた。それら竜巻の円柱は、先端に膨らみを見せて、暗く低い暴風雨の空を支えていた。そのくせ、空の隙間からは、光の裾が落ちてきて、皓皓たる満月がそれら円柱の間から、冷たい海の敷石の上に照り渡っていた、そしてメルモスはこれら無人の廃墟の間を横切って、光の瀬戸から瀬戸へとはすかいに海がたけり狂いつつ昇天しているに相違ない巨大な竜巻の円柱を回避しながら、自分の道を飛び続けた。月光の滝津瀬に沿うて、前後四時間の飛行の後、彼はようやくその竜巻の寺院の出口へ出ることができた。しかもsの光景が如何にも圧倒的なものだったので、黒鳴戸(ボトオノアール)から解放されたときになって初めてメルモスは気づいた。自分が恐怖感は持たずにしまったことに】(P25~)
    この描写は、嵐に会った友人のメルモスの話を書いたものだが、サンテックスに語ったメルモスも、書いたサンテックスも情緒が深いというか飛行機乗りは危険な中に美しさを見つけてしまうものなのか。
    この場面はまさに宮崎駿が映像化したくてうずうずしてそうだ(笑)

  • フランス文学屈指の名作である。
    多くの人が堀口先生の訳を難解と感じ挫折されているようだが、私はとても正しく美しい訳だと感じた。この訳で内容が理解出来ないのならば、フランス語で読むか、或いは理解出来るようになった時にもう一度読むべきだろう。
    空について、砂漠について、土地について、人間について――飛行士の生き方が、美学がこのたった一冊に凝縮されている。
    無人島や砂漠に放り出されて、けれども一冊だけ本を持っていけるならば、私は本書を選びたい。

  • Terre des Hommes(1939年、仏)。
    ともすれば、エゴイズムを個性の発露として美化しがちな文学の世界で、この作者は稀に見る高邁な精神の持ち主だったようだ。空や砂漠という過酷な自然と日々対峙していると、本質的なものを見抜く感覚が鋭敏になるのかもしれない。不要なものは自ずと削ぎ落とされるのだろう。一世紀近くたった今でもなお、色褪せることなく、むしろ一層の現実味を帯びて胸に迫ってくる名言の数々。人生の道標たりえる一冊だと思っている。

  • 無人島に1冊だけもっていくとしたら、
    刑務所に差し入れてもらうとしたら、
    死ぬ前に1冊だけ読めるとしたら、この本にします。

  • 人間についての、机上ではない考察。

    その土地、経験、職業が人生観や人間観、もっと大きく捉えると哲学というものに、いかに大きな影響を与えるか、あるいはそれらこそが哲学の土台になるものではないかと思う。

    日本人は自然と対決するというよりは、自然と寄り添い、折り合いをつけていくという思想になっていると思うが、それはたぶん、この国の地理や気候のせいだ。何人であっても、長年この土地で代々暮らしてくればそういう思想になると思う。同様に、砂漠などの厳しい自然に対峙しなければならない環境では、自ずとこの本に書かれているような人間観になるだろう。

    哲学は、それぞれの人が自らの経験に基づいて構築するものだ。だから皆、固有の哲学を持つ。それでいい。

  • 辛く悲しいことがあると僕は『人間の土地』を読む。

    そして、雪山で遭難し生還したギヨメの話をゆっくりと噛み締める。

    読み終えると、暖かい太陽の下でのんびり昼寝をする。

    そして僕はまた毎日へと戻る。

  • 星の王子様で有名な著者ですが、かたや飛行機のパイロットでこんな作品を残してるとは知りませんでした。無知な自分が恥ずかしい…。


    なかなか一回読んだだけでは彼の思想を読みとくのは難しかったですが、読み終わるともう一度読みたくなるような不思議な感覚を持ってます。


    どんな環境であれ、自分の役割を認識したとき初めてその人は幸福になりうる。というところはまさにそうだなぁと。自分の役割は何なんだろう?と考えさせられます。

  • 「人間関係の贅沢…」という本作の名言が、伊坂幸太郎の「砂漠」に引用されるなどあって、一人歩きしているが、本作を読んで初めてその意味の深さを知ることになる。

    「星の王子さま」を初めて読んだときの、心がじんわりする感じを更に進めた、サン・テグジュペリの死生観や哲学に触れることによる興奮の大きさに自分でも驚く。

    それから、宮崎駿の解説も秀逸。

    今では当たり前の移動手段・郵送手段となった飛行機、これを造ったことで手に入れたものと、失ったもの、どちらが多いか真剣に考えてしまう。

    人類にとって画期的な発明や創造は、一見して利便性を高める有用なものに思えるけど、その実、人類自身を苦しめてしまいかねない諸刃の剣であることを痛感させられる。

  • 感想を書くには難しい部分が多いです。
    でも、僚友ギヨメが雪山で遭難したときのエピソードや、砂漠で幻覚を見るエピソードなどが印象に残っています。
    わたしは夜間飛行の
    「ロビノーくん、人生には解決法なんかないのだよ。人生にあるのは、前進中の力だけなんだ」
    という一文が好きなのですが、思うにここでは「前進する力」について書こうとしていたのではないでしょうか。

  • 私的、最高傑作の文学である。
    もう二度とこの様な本を書く人間は現れないだろうと思うと、悲しくなる。

    星の王子さまの解説のような一冊。
    しかし、解説にとどまらず、より深く掘り下げ、その全てはひとつのところに通じている。
    彼らしく、潤いのある夢のように美しい文章が深く沁みるように続く。

    彼ほど美しく夢想の中に居るような体験をさせてくれる作家はひとりもいない。

    人の本然とは? 人間とは?

    を突き詰めた一冊であり、サン・テグジュペリの哲学を感じる一冊。

  • 航空黎明期
    星を編む事ができるようになった頃の話
    航空線が無い時代の空を飛ぶ事の意味や、生きる事の素晴らしさを非常に分かりやすく教えてくれる尊い本
    安全に空の旅が楽しめる現代とのジェネレーションギャップが鮮度抜群にページを進ませる

    星の王子様よりこっちを読もう

  • 誰の中にもある可能性が踏みつけられてしまう現状を、彼は「虐殺されたモーツァルト」と言います。
    どうすれば誰もがありのままでキラキラできるのか、サン=テグジュペリの思いを引き継ぎ、模索してゆきます。

  • これは、作者サン・テグジュペリが、職業飛行家としての15年の思い出を綴ったものだ。

    はじめの数ページを読むだけで、この本の語り手である「ぼく」と、星の王子さまの語り手「ぼく」が同一人物だということがよくわかる。
    当然だ。作者は同じで、「人間の土地」は作者の実体験であり、「星の王子さま」は作者の実体験のように語られるのだから。
    ただ、「星の王子さま」を読んだ時に感じたあの気持ちを思い出させてくれたのだ。うれしいような、懐かしいような、でも少し切ない気持ちを。

    彼が教えてくれるのは、人間の本質、生きることの本質だ。

    ---- ---- ----

    たとえ、それが小さかろうと、ぼくらが、自分たちの役割を認識したとき、はじめてぼくらは、幸福になりうる、そのときはじめて、ぼくらは平和に生き、平和に死ぬことができる、なぜかというに、生命に意味を与えるものは、また死にも意味を与えるはずだから。
    ・・・・・・『人間の土地』224頁

  • 哲学的。ひたすら美しい表現で描かれている。この本はあの「星の王子様」の著者の作品。読後、「この本は、一生自分の手元にあるであろう本だ」と確信した。

  • 今ほど、飛行機が安全な乗り物ではなかった時代。飛行機パイロットとして、生命の危機や未開の地を飛行する中で、筆者が考えたことをつづっている。。

    特に心に残ったのが、「人間であることは、とりもなおさず責任を持つことだ」の部分。どんな人にとっても、責任というものを背負っていて、その責任を果たすことで、社会を変革しているのだということ。それは、仕事の大きさに関係ない。

    まだまだいろいろ学べそうなので、また後日再読したい。

  • 『星の王子様』で有名なテグジュベリの、『星の王子様』以上の名著。
    職業飛行家としてのテグジュベリの経験を綴った書。
    きっと相当難しいんだろうけど、堀口さんの訳の読みにくさは異常。
    内容は、ヘタな哲学書よりも人間の本質や自然の尊さを学び取ることができるもの。テグジュベリの偉大さはこの本にこそある。

  • 大切にしている本。
    これから先、何度も何度も読み返すだろうな。

  • 職業飛行家としての劇的な体験から、本質的な人間のあり方を探った著作です。
    いくつもの死地をくぐり抜けてきた人だからこそ、この人間本質の発見に説得力を感じます。
    砂漠に墜落し、蜃気楼と現実の間をさまよう描写の凄まじさは、実際に体験しないと書けないでしょう。

    「なぜ憎みあうのか?ぼくらは同じ地球によって運ばれる連帯責任者だ、同じ船の乗組員だ。新しい総合を生み出すために、各種の文化が対立することはいいことかもしれないが、これがお互いに憎みあうにいたっては言語道断だ」

    この言葉がフランスの作家によって言われたということを、私は頭に留めておきたいと思います。

  • 星の王子様より面白いかも。
    少なくとも2章[僚友]は鉄板。
    わずか20ページ強の文章なのに人間って存在について
    すごく洞察があるし、エピソードそのものが感動。

    雪山で遭難した飛行士、ギヨメ(サン=テグジュペリの親友の1人)が
    雪山を5日間歩いた末に救出されたときに言った言葉。

    「ぼくは断言する、ぼくがしたことは、
    どんな動物もなしえなかったはずだ」

    この言葉が重い!!!
    何が人間を人間たらしめるのか、っていう問いへの
    一つの答えがここで示されてます。

    読んでる途中で
    『ギヨメお帰り!よく帰ってきた!!』
    って思った。

    読みやすい各章区切りなとこもおススメ。

  • 「ぼく、生きているぼく、ぼくに何がここでできよう」

  • 愛するということは、お互いに顔を見あうことではなくて、いっしょに同じ方向を見ることだと。


    :::::::::::::::::::::::::


    ぼくが初めて飛行機に乗ったのは大学生のときだ。
    留学を終えて帰国していた英国青年に遊びに来いといわれて友人達と初めての洋行をした。
    貧乏な学生達はアエロフロートでモスクワ経由で欧州に向かった。
    飛行機の窓から見下ろしたモスクワ空港近辺の荒涼とした様子は今も心に残っている。

    その後、飛行機の窓から眺めた景色は様々だ。

    北極圏のオーロラは言葉にできない神々しさがあった。
    ニューヨークの夜景は絵に描いたように美しかった。
    小さな双発機から眺めたグランドキャニオンは壮大だった。
    福岡では空港の隅に墜落機の残骸をみて背筋が寒くなった。

    でも、
    今、ぼくが好きなのは帰国時に
    着陸間近、窓からみる緑の山並みと海岸線、
    そしてまばらな街並み。

    それは、
    ぼくの愛するひと(もしくは、ぼくを愛してくれるひと)が日常を営むこの土地に帰ってきたという感慨を得るからだ。

    彼は、こんなこともいっている。


    :::::::::::::::::::::::::


    努めなければならないのは、自分を完成することだ。
    試みなければならないのは、山野のあいだに、ぽつりぽつりと光っているあのともしびたちと、心を通じあうことだ。

  • 新潮文庫の100冊というキャッチフレーズが夏の風物詩になってどの位が経つのだろう。その昔100冊の中に網羅されている本をすべて読んでやろうという勢いのあった時分が懐かしい。その当時、新潮文庫の100冊の中にサン=テグジュペリの「星の王子さま」は入っていたように思うが、当時の自分はカフカの「変身」やカミュの「異邦人」、そしてヘッセの「車輪の下」などを訳もなく面白がっていたので、児童文学の匂いがしそうな「星の王子さま」には手が伸びなかった。結局、「サン=テグジュペリ」という無機質な符牒は記憶に残ったけれど、その世界に足を踏み入れる機会はないままだった。

    箱根に「星の王子さまミュージアム」という施設がある。子供を連れた旅行であったので、ふらりと寄ってみたことがある。正直言って、博物館としての期待よりも遊園地として入ってみようか、という選択だったと思う。ところが「星の王子さま」ミュージアムとはいうものの、実際には「サン=テグジュペリ」ミュージアムであって、資料も豊富。小さく閉ざされた異空間のような施設を巡っている内に、サン=テグジュペリの生涯が紹介されるように上手く設計されている。資料などを読んだりしている内に夢中になってしまったらしく、そんな面倒くさいことをする筈もない子供たちが待ちきれなくなる始末だった。その時、自分の符牒に少し色が付いた。とは言え、その記号が実態を持つことは、やはりなかった。そういう訳で、この「人間の土地」が自分にとって初めて読んだサン=テグジュペリである。

    今年の夏、ふらりと入った本屋さん(何故、本屋、ではなくて、本屋さん、なのか。時に本屋と言いたくなる書店にも出会うこともあるのだが、概ね、本屋さんと呼んでしまう。その理由が知りたい)で新潮文庫の100冊のコーナーを何気なく見た。最近は文庫を余り手にしないのだけれど、すっと目を惹く本があり、気付くとレジまで運んでいた。それが「人間の土地」である。

    自分の目を引いたもの、その正体を明かすと、実にミーハーな感覚に直結したものだということがわかってしまう。まずはカバーの表紙。このタッチは間違いない、宮崎駿、だ。宮崎駿といえば飛行機という連想はファンになら朝飯前のことだが、何故新潮文庫の表紙を?、と少し考える。ははあ、これはきっと「紅の豚」が公開された後に新潮社が監督に頼んだに違いない。サン=テグジュペリが飛行機乗りだったことは、辛うじて自分の符牒に記されていて、その生涯に宮崎駿の美学と呼ぶようなものと通じる何かがあるだろうことにも、ピン、と来た。それにしても、こういう絵の場合、宮崎駿の描く世界には急にヨーロッパの風が吹き始める。それでいて、湿っぽい。朝露や夜霧の湿気が感じられるような、風だ。この表紙の絵をふと手元に置いておきたくなる。そろそろ、サン=テグジュペリを読んでもいい筈だ、とも思う。そして、訳者を見ると、なんと堀口大學。男声合唱を経験したもので堀口大學の詩を口にしなかったものなぞある筈がない。古典中の古典、清水脩の「月光とピエロ」を始めとして、多田武彦の「人間の歌」など。もっとも、堀口大學のイメージを音の世界に探り当て、しっかりとそれを描いて額にいれて掲げたのは南弘明の「月下の一群」だろう。それまで教科書に出てくる詩人にありがちな少し黴臭いイメージであった堀口大學を、自分にとって魅力的な詩人にしてくれたのがその曲だ。その出典でもある「月下の一群」と題された詩集を通して、堀口大學がフランス文学者であることも知ったのだ。そんな記憶が一気に呼び戻される。だから「人間の土地」の翻訳が堀口大學であるという事実が、ほんの数秒頭の中で反芻された後、スパークしたように、それはそうだ、という自分勝手な納得に至ったのは当然だった。そして時と空間を越えて結びつく符牒。「サン=テグ... 続きを読む

  • "
    人間とは何か
    自然とは何か
    空からと大地から両方からの目線で語る、筆者しかたどり着けない境地が綴られる
    "

  • 星の王子さましか読んだ事がなかったので、衝撃的な内容だった。いろいろなことが書かれているけれど、人間の崇高さとであるがゆえに謙虚でなければいけないということなんじゃないかと思った。新潮文庫版に宮崎駿氏の解説?が掲載されているがこれはサイアク。何が言いたいんだかさっぱりわからない解説だった。

全308件中 1 - 25件を表示
ツイートする