町でいちばんの美女 (新潮文庫)

  • 965人登録
  • 3.61評価
    • (77)
    • (109)
    • (193)
    • (14)
    • (3)
  • 86レビュー
制作 : Charles Bukowski  青野 聰 
  • 新潮社 (1998年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (434ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102129111

町でいちばんの美女 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙が美女じゃない。。。

  • どうしょもないオッサン。好きだ。

  • 「松丸本舗で「ボルヘス、カバコフ、ブコウスキー」という三人の著者名を初めて知った。そのあとでたまたま古本屋で購入。
    今までに読んだことのない文章だった。どうでもいいや、なるようになるだろう。ってな雰囲気にとても惹かれた(そんな生き方はとてもできないと分かってるから)
    女性にオススメしにくい。原文だとまた全然違うんだろうな。
    結構好きでした。

  • 最低の人生の為の、最悪に最高な短編集。1920年生まれのブゴウスキーは10代で大恐慌による不景気と失業に直面し、ニキビ塗れの顔によって孤独の味を嘗め尽くした。そして、好景気に浮かれる戦後になってもその恩恵を受ける事なく最底辺の女と仕事とアルコールに塗れた人生を過ごし続ける。つまり、決してうだつのあがらない人生。汚物や吐瀉物にも優しい笑顔をふりまいた、ジュネよりももっと乾いた笑顔がここにはある。合わない人には合わないが、合ってしまうとずっぽり浸かってしまうこのカルト性。いやぁ、最低だよ。最高だよ。

  • ブコウスキーの生き方はかっこいい。

  • 何度でも読み返したくなる。

  • 素直になれない寂しさ無骨さ。

  •  文学好きを称していながら、ブコウスキーを知らない人がいたら、まずその人はモグリであると判してかまわない。といわれるくらいの作品である。この類なき雰囲気は、読んでいて抗し難いほどに引き込まれてしまう。サリンジャーとか村上春樹が好きな人は絶対気に入ると保証する。ぜひ一読を。

  • ブクの短編集。
    表題にある「町で一番の美女」は、ちょっと哀しい恋物語。
    パンクな気分なときにおススメ。

  • 有名なタイトルで読んだような気がしていたけど、読んでいなかったのに気づいたので。
    表題作は印象的。
    5人姉妹の中でも一番の美人だった娘。
    美貌を生かすように薦められるが、どこか不安定なまま。
    ほのかな出会いと、はかない命。
    かなり滅茶苦茶な生活を送っていた時期が長いらしい作家で、はちゃめちゃな話が多い。
    ホントにこれは傑作なのか??ってぐらい。
    けっこう笑えるけど。

全86件中 1 - 10件を表示

チャールズ・ブコウスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
チャールズ ブコ...
ポール・オースタ...
ヘミングウェイ
ウィリアム・ゴー...
フランツ・カフカ
ポール オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

町でいちばんの美女 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

町でいちばんの美女 (新潮文庫)に関連するまとめ

町でいちばんの美女 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

町でいちばんの美女 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

町でいちばんの美女 (新潮文庫)の単行本

ツイートする