シャーロック・ホームズの思い出 (新潮文庫)

  • 1840人登録
  • 3.83評価
    • (180)
    • (164)
    • (272)
    • (4)
    • (1)
  • 99レビュー
制作 : 延原 謙 
  • 新潮社 (1953年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102134030

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
コナン ドイル
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーロック・ホームズの思い出 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • メモ程度に。

    「白銀号事件」
    馬は可愛い。
    「黄色い顔」
    物事を深刻に犯罪と結びつけて考えてしまう職業病。
    死人の出ない、いいお話。
    「株式仲買店員」
    ここまでくるとドイルのパターンもわかってくる。
    「グロリア・スコット号事件」
    ホームズが探偵を職業とするきっかけとなった出会い。
    とはいっても、ホームズは殆ど出来事に関わっていないのがなんだか新鮮。劇的な何かではなかった。
    「マスグレーヴ家の儀式」
    宝探し。
    「背の曲った男」
    罪の意識が何よりの凶器。
    「入院患者」
    何が起こったのかは解明されるものの、犯人逮捕にはいたらないというパターン。
    「ギリシャ語通訳」
    シャーロックがマイクロフトを褒めちぎっているのに驚いた。
    「海軍条約文書事件」
    一国の一大事件だが、首謀者とその動機がなんとも矮小であること。
    「最後の事件」
    vsモリアティ。
    スイスへの道中は冒険めいていてワクワクもするが、ワトスンが懐古しながら書いているという体裁からか、どことなく物悲しい印象も受ける。

  • グロリアスコット号、マスグレーブ家の儀式なと、ホームズののルーツの描写が新鮮。
    やはり、モリアーティとの対決である、最後の事件はドキドキさせられる。

  • 二人の関係性の点で言えば、ワトスンが結婚してベーカー街を出た後は、 同居していたときとは少し遠い距離感を持って付き合っている感じがします。

    一緒に住んでいる心安さで、ぶっきらぼうだったり、説明が足りなかったりしていたホームズが、 開業したワトスンを訪ねるのに、奥さんに気を遣ったりしています。

    《白銀号事件》では、
    まだ同居しているので、ホームズのぶっきらぼうさが出ています。
    『ワトスンなら怒らないだろう、わかってくれるだろう』という、ホームズの『甘え』があるのがよいです。


    冒頭「ワトスン君、僕は行かなきゃなるまいと思うよ」といういきなりのホームズの発言に、ワトスンは『べつに驚きもしなかった』のであります。
    なぜなら、『眉根をよせた顔をうなだれて、強いくろタバコをパイプに詰めかえ詰めかえ、部屋のなかを歩き回ってばかりいて、何を話しかけても何を尋ねても、聞こえないかのようにがんこにだまりこくっていた。』そんなホームズを見て『私には、ひとことも彼が口をきかないにもかかわらず、彼の頭のなかで考えられていることは、よくわかっていた。』からです。


    《黄色い顔》では、二人が午後の散歩をしています。『二時間ばかり〜ぶらついたが、どちらからもほとんど口はきかなかった。心の底ふかく知りあった仲として、べつに珍しいことでもない。』
    とてもいい雰囲気で帰ってくると、客が来ていたという知らせを聞くなり、事件に飢えていたホームズは、
    「だから午後の散歩なんかダメなんだ」とワトスンをとがめるように言います。
    人のせいにするところが珍しく思います。
    ワトスンに対しては、よく責めるような言葉を言うホームズです。主にワトソンの文章についての苦言は喧嘩の原因にもなりますが、日常的な皮肉や責任転嫁については、ワトスンがさらっと流して取り合わないことが多いように思います。
    むっとはしているかもしれませんが。

    事件について、見当違いをしてしまうという失敗をしたホームズが、家に帰り、ろうそくを片手に寝室へ引込むというときになって、
    「ワトスン君、これからさきもし僕が、自分の力を過信したり、事件にたいしてそれ相当の骨折りを惜しんだりするようなことがあったら、ひとこと僕の耳に『ノーバリ』とささやいてくれたまえ。そうしてくれれば僕は非常にありがたい」
    と言ったホームズがいいです。ワトスンへの信頼が伺えます。


    《株式仲買店員》では、ワトスンが開業したパディントン区へホームズが訪ねて来ます。
    ベルの音に続いてやや耳ざわりなくらい甲だかい声を響かせながらずかずか入ってきて、奥さんへ気を遣う発言をします。
    温かくホームズの手を握るワトスン。腰掛けながらホームズは、
    「開業して医術のほうが忙しいために、僕たちの推理問題に示した君の興味が、あとかたもなくなってしまわなければよいがねえ」と気遣うように言います。
    ワトスンがホームズの誘いを受けて出かけるというと、
    「ハ、そいつは何より好都合だ」といすにそりかえって、いつもの俺様な(?)態度になります。
    その後は推理をひけらかして驚かせたり、説明しすぎて「なんだそんなことか」という顔になったワトスンを見て苦笑したり、いつもの気の置けない関係に戻ります。

    さて、他にもホームズが初めて手がけた事件《グロリア・スコット号》や、兄マイクロフトが登場する《ギリシャ語通訳》、そしてなんと言っても、モリアーティー教授の出てくる《最後の事件》など、読むべき作品がたくさん入っています。

  • Memoirs of Sherlock Holmes(1894年、英)
    ホームズ・シリーズ、短編集。ホームズが初めて扱った事件「グロリア・スコット号」、旧家の家宝をめぐる陰惨な悲劇「マスグレーヴ家の儀式」、宿敵モリアティ教授との対決「最後の事件」など。

  • 「ノーベリ」の元になった『黄色い顔』、マイクロフト初登場の『ギリシャ語通訳』、モリアーティ教授が登場した途端いきなり終焉を迎える『最後の事件』等々盛り沢山。復活するの知ってるからいいようなものの、当時のストランド・マガジン読者は突然の最終話に嘆いただろうなと。捜査は相変わらず拡大鏡で足跡を見たり夜中に張込みをしたり。調べ物も書物や文書に当たったり電報で問い合わせたり大変だ。今なら指紋とDNA鑑定で一発な内容も、19世紀の犯罪者は平気で葉巻の吸殻を暖炉に放り込んで現場を去る。それでも続きを読みたいと思える意外な結末を用意するところが凄い。
    石炭入れに葉巻を入れる、ペルシャスリッパの爪先に煙草を入れる、返事をしていない手紙をジャックナイフでマントルピースに突き刺す、拳銃の弾痕で壁にV.R.の文字を飾る、といった有名なホームズの奇行は『マスグレーヴ家の儀式』の冒頭で解説されている。

  • いやーおもしろかった!!
    つーか、ホームズ、ワトソン以外に友達いたんだねー。
    学生時代の親友のお話、
    それがこの仕事につくきっかけっとなったとゆー。
    うーん、再読のはずなのにまったく覚えてなかったぞー。

    ホームズの予想外な事件もあったり、
    それをホームズが素直に自分を戒める糧(?)とするとこが好きだなーっと思った。

    最後の事件は、正直、サーコナンがホームズを葬るためだけに書いたんじゃないか、と思ってしまう。
    実際もう書くのイヤになってたらしいし。
    モリアーティって、ゆー人物もいかにもって感じだけど、
    なんかいかにもすぎて、ただホームズの敵役ってだけの存在価値な気も・・・・・。
    ホームズがモリアーティさえ葬ることさえできれば自分はどうなってもいいなーんてことを何度も言うとこも
    なーんか、うさんくさい、とゆーか、ホームズらしくないってゆーか、ラインバッハの滝は絵になるけどねー。
    ちょっと消化不良な話だなーっと改めて思った。

  • いくつかの短編は官憲が犯人を捕まえるのではなく、因果応報の結末を迎えた。19世紀の犯罪捜査の大らかさと、著者の筆致を堪能。そして「最後の事件」で登場した難敵・モリアティ教授。短い物語の中に、シャーロックが追われる立場になった緊張感が伝わってくる。あとがきから本作がシリーズ最後の予定だったが、読者の反響で執筆を再開させたことを知る。

  • やはりホームズは短編の方が好き。そして短編の中でも、ワトスンがホームズと一緒に行動して事件解決する話の方が好き。起こった事件を聞くだけだと、どうも緊張感に欠ける気がして…。
    モリアティ教授という知った名前が出てきたけど、このような対決をしていたことは初めて知った。どうにも、アニメのイメージが強く。あと、ホームズに兄がいたことは知らなかった。安楽椅子探偵という言葉もあるし、そちらを選んでいたら…と、つい考えてしまう。
    この本では「黄いろい顔」が特に良かった。こういうオチは読後感がいい。ホームズは嫌な顔をするかもしれないけど……笑

  • 2017年6月2日購入。

  • 現代を生きているのでシリーズがまだ終わっていないところで察するけど(緋色の研究か何かの訳者あとがきでも)、リアルタイムで追ってたら最後の一編を読んで泣いていただろうな…
    ホームズがいなくなるだなんて寂しすぎる!

  • ホームズシリーズ3作目。この推理小説の良さは殺人事件の描写にもドロドロしたところがなく上品なところ。ゆえに少年少女の読み物にも連ねられるのだろう。2017.3.24

  • ホームズの短編集(全部短編集か)。いろいろ入っているんだけど、最後の「最後の事件」で、かの有名なモリアティ教授と滝壺に落ちた話は、それまでの他のストーリーが全部持っていかれるほどのインパクトが有る。

    ミステリというと殺人トリックを核にしたものが多くなるのだが、時代的なものも踏まえ、事件が起こったが犯人はわからず、結局意味が判明するのは「動機」であるものが多い。これは横溝正史などでも感じるのだが、オチとして実は隠し子がいたとか、実は血の繋がった今は亡き母親の敵討ちだとか、そういう話になるので、悪く言えば拍子抜けするし、良く言えば新鮮でもある。

    全体に、筆者を別において、さらに伝聞の伝聞という形で話が進むため、ピンと来ない話もなくもないものの、バランスの取れた一冊ではあろう。ギリシア語通訳の話は、オチの面白さは結局良く解らなかったけど。兄(マイクロフト)が活躍したから良いのかな?

  • ギリシャ語通訳で、マイクロフトやディオゲネスクラブのことにしっかり触れられていてよかった。

  • 初読。「マスグレーヴ家の儀式」「白銀号事件」「海軍条約文書事件」あたりが自分は特に面白かった。「グロリア・スコット号事件」で、他人に言われたことが契機でホームズが探偵を職業として考え始めたというのが少し意外だった。あと、「最後の事件」でワトスンへの手紙にある「奥さまにどうぞよろしく」の一文が妙に印象に残った。

  • だんだん、ハマって来ました。

  • これまでホームズシリーズは何冊か読んできたものの、モリアーティとの対決の場面は初めて読んだ。ドキドキさせられる展開・・・ホームズってこの後復活するんだっけな?

  • 延原さんの訳は今となっては若干わかりづらい。
    しかしながら、ホームズの魅力は満載。やっぱり『最後の事件』はじんわり沁みます。

  • ホームズか手掛けた最初の事件や探偵になってから初めての事件、そして最後の事件が掲載されている短編集の第二弾。
    ホームズの素晴らしい推理だけではなく、人間らしいところもたくさんあるので、どの事件も必見です。

  • 「およそこの世に宗教ほど推理を必要とするものはありません」鎧戸にもたれかかりながら彼はいう。「宗教は推論家によって一つの厳正科学にまでまとめあげられます。神の真髄の最高の保証は、花のなかにこそ見られるのだと私は思う。そのほかのもの、力だとか欲望だとか食物だとかは、われわれの生存のため第一に必要だけれど、このバラは余計なものです。バラの香りや色は人生の装飾でこそあれ、必要な条件ではありません。その真髄は余分のものを与えるところにある。だから私は、花にもっとも期待すべきだと重ねていうのです」(p.337)


    モリアティの最後の事件は事件というか、なんかよくわからない一連の出来事だけど、おもしろい。

  • ほ、ホームズーーー!(涙)からの解説でほっ。そうだよね、みんなそう思うよね!ホームズシリーズが続いてよかった〜。さておき、「黄いろい顔」と「マスグレーヴ家の儀式」が好き。シャーロックの兄さんマイクロフトもいい。あとは、訳者延原さんの解説中にある「探偵小説は〜エロやグロは決して必要な条件ではないのである。」という一文!うんうんうん!延原さんの解説はドイルへの想いを感じられて、最後にちゃんと読みたいと思う!(普段解説はあまり読まない派)

  • 依頼人が男前な紳士すぎる黄いろい顔がお気に入り。最後の事件から伝わってくる、ワトスンくんの静かな怒りとかなしみが・・・はやく空家の冒険を読まなければ・・・

  • 他の作品に比べて、ワトスンの回想を匂わす描写が多い。
    ホームズの失敗などが多く語られたりするのも筆を執るワトスン人間味があって良いような気がする。
    最後の冒険はあっさりしていて、当時の読者が困惑し批判したのも無理はないように感じた。
    幸いにして現代に生きる我々は続編を立て続けに読むことができる。
    当時の読者に感謝したい。

  • 「黄いろい顔」みたいな、読者に怖さを想起させておいて、結果的には何でもない事だったという落ちが秀逸。
    「株式仲買店員」は、「赤毛連盟」を思い起こさせる。
    「グロリア・スコット号」は、ホームズが学生の頃の話。
    「マスグレイヴ家の儀式書」は典型的な探偵ものだが、ちょっとあまい。。「ギリシャ語通訳」は、話そのものよりもディオゲネスクラブが気になる。
    「最後の事件」では、ホームズは自己犠牲の精神を大いに発揮する。ホームズの様々な面が見られる良作。

  • シリーズとしては中盤ですが、最後の事件を含む一冊。シリーズとしてはどの様な幕引きが用意されているのか、いないのか。
    短編集ですが、最後の事件がメインと言えるかも。これに関して、もっと因縁や事件が絡んでくるものと思っていましたが、案外あっさりと短めにまとめられていて驚きました。ドイルはシリーズをここで終わらせるつもりだったそうですが、この結末はどうなんだろう、と考えてしまいます。結末が気に入らない訳ではなく、作者の考えが気になるところです。
    そして何よりホームズがどうやって帰還するのか、はやく続きを読まねば

  • レビューが前後しますがお気になさらず。

    シャーロック・シリーズ短編集。
    有名な株式仲介所で働くことが内定していた男が、より年棒のよい別の企業に就職した。働いているうちに支配人の挙動を不審に思った男は、ホームズのもとに相談にくることになった。…「株式仲介店員」
    鍵のかかった部屋の中にいた夫婦のうち、夫は亡くなっており、妻は気絶していた。いかにして夫は死に至らしめられたのか、ホームズが難事件に挑む。…「背の曲がった男」
    ロンドンで起こるほぼすべての事件裏で暗躍する悪の天才、モリアティ。
    彼に命を狙われつつも、決死の戦いを挑むホームズの運命やいかに。…「最後の事件」
    他10編。

    一冊の満足感がすばらしいです。
    今作のポイントは、やはり宿敵モリアティ教授との応酬が見どころの「最後の事件」でしょう。
    個人的に驚いたのは、モリアティ教授が実際に出演したのがこの作品だけだということです。
    二人の因縁ってそこまで細かく描写されているわけではないんですね。
    どきどきしながら結末をご覧ください。

    ちなみに、解説で訳者も事あるごとに述べていますが、シャーロック・ホームズシリーズは発行順に読むのがベターだと思います。
    「緋色の研究」→「四つの署名」→「シャーロック・ホームズの冒険」→「シャーロック・ホームズの思い出」→「バスカヴィル家の犬」→「シャーロック・ホームズの帰還」→「恐怖の谷」→「シャーロック・ホームズ最後の挨拶」
    「シャーロック・ホームズの叡智」は他の短編集に載せられなかった作品も掲載しているので、叡智の後に読むのが適当でしょう。

全99件中 1 - 25件を表示

シャーロック・ホームズの思い出 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

シャーロック・ホームズの思い出 (新潮文庫)に関連するまとめ

シャーロック・ホームズの思い出 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シャーロック・ホームズの思い出 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする