シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)

  • 1733人登録
  • 3.76評価
    • (138)
    • (148)
    • (251)
    • (9)
    • (1)
  • 82レビュー
制作 : 延原 謙 
  • 新潮社 (1953年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102134047

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読みおわりました。面白かったのはソア橋とライオンのたてがみ 三人ガリデブです。最初は前置きが長いですが、だんだん話に引き込まれて行くのがすばらしい。短編集ですがどれもトリックというよりホームズが人間分析して解決していくので古典ですが今も人気あるのはわかります 。

  • ホームズシリーズ最後の1冊。10篇の短編からなる。
    1番印象に残っているのは、「三人ガリデブ」の中で、ワトソンが撃たれるシーン。
    ワトソンが死んでしまったのではないかと心配するホームズの姿!!

    "怪我がなんだろうーもっとたくさんの怪我を受けても何でもないーマスクのような冷やかな顔のかげにこんな深い誠実と愛情を秘めているのだと知った今、私はそう思った。"

    ホームズを狼狽えさせることができるのは、ワトソンだけではないかと本気で思う。こんな(↑)思考に陥るのも無理ない。

    その他では、「高名な依頼人」のオチがどうしても分からなかった。一応知恵袋とかを参考にしたけれど…うーん。

  • シャーロック・ホームズは子供のころから大好きだけれど、特に「三人ガリデブ」のような話はわくわくしてたまらない!
    事件性自体もとりわけ不思議がいっぱいだし、ホームズとワトソンの冒険もあり。その上この話がシリーズの中でも特に印象に残っているのは、ワトソンの危機を前に、冷静沈着のホームズがとっても人らしい動揺を見せるから。この場面を読むとふと今までの二人の冒険が頭によみがえります。

  • Case-Book of Sherlock Holmes(1927年、英)。
    ホームズ・シリーズ、短編集。ポーの代表作を彷彿とさせる「ライオンのたてがみ」など。

  • ついに聖典60作品読了。今更と思ったが読んでよかった。連絡方法は手紙か電報、移動手段は馬車か汽車という時代に、巻尺と拡大鏡で捜査し推理する。その結論に至るまでの思考の過程や、依頼人やワトソン博士とのやりとりが面白く、最後まで興味を失わず読む事が出来た。読み通した事によって、きっかけとなった「大逆転裁判」はもちろん「氷菓」やドラマ「シャーロック」もより深く楽しめるようになった。シャーロキアンには程遠いが、これからも理解を深めていきたいと思う。

  • 初読。このなかだと『白面の兵士』『ライオンのたてがみ』『覆面の下宿人』が良かった。ホームズ視点のものは彼がどこに着目してるかが分かって、興味深かった。そして「私は一人ぼっちだったのである」の一文に衝撃。個人的には『ソア橋』の冒頭に出て来た銀行にあるブリキの文箱の話にとても心ひかれた。

  • ホームズ短編集。叙情的だったりせず、ストレートにトリック中心となっているので読みやすく、初心者向けの1冊。

    片手間に読んでいたので、すでに結構忘れているところはあれど、多分もう一度読めばすぐ気づきそう。というのも、結構オカルトだの心霊現象で入って、途中でオカルト否定、科学的トリックの解明による解決となるものが多いからだ。ほぼ全作品印象の強い作品群である。

    また、もう一つ面白いのが、記述者がワトソンのものとホームズのものが混ざっている点。ワトソンのものは客観的で説明が丁寧なためわかりやすく、ホームズのものは当事者・傍観者として書かれているため、状況判断がやや困難という、スタイルの違いが有る。ドイルはそれを利用して「ワトソンならもっと面白く書いてくれるはずだ」なんて茶目っ気のある記述をしたりする。

    それぞれ、馬に蹴られて穴に落ちて死んだ的なトリックそっちのけの話より面白いので、翻訳もののミステリが苦手な人にもおすすめできそうな1冊だ。

  • 安定のおいしさ

  • 晩年のホームズ。サセックスで養蜂。

全82件中 1 - 10件を表示

コナン・ドイルの作品

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)に関連するまとめ

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする