四つの署名 (新潮文庫)

  • 2220人登録
  • 3.66評価
    • (161)
    • (244)
    • (368)
    • (26)
    • (5)
  • 159レビュー
制作 : 延原 謙 
  • 新潮社 (1953年12月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102134061

四つの署名 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ホームズさんがワトソンさん大好きでうける。
    そら昔からホームズとワトソンでカップリングする人もいるわけやw
    って思ったねw

    ホームズさんコカインづけでちょっとショックだったけどまぁこれも天才ぽいし
    創作だし、時代も国も違うからいいか・・って思ってた。
    最後まではなっ!!!!

    なにあれー!?
    最後!!
    悲しすぎない??
    悲しすぎない?!?
    お祝い言えないって言うし
    さらにはぼくにはコカインがあるってさ!!
    え!?えぇ!!
    寂しすぎるよホームズさん・・・。
    でも気持ちわかるけど。はぁーこういうとこも人気のでる秘訣なのかな?
    なんかほっとけないじゃないかっ!!

    んー今回の事件は正直なんかそんなに惹かれなかった。
    ホームズさんの魅力がなければって話だったかな私的には。

  • 延原謙さんの翻訳で読むシャーロックホームズはホント魅力的です!
    ぜひ全シリーズ読破したい!!

  • シャーロックホームズシリーズを読むとホームズに影響されて推理したくなってしまう。

    理論を聞くとなるほど、と思うけれどその理論にたどり着くプロセスがどれほど難しいか

  • いきなり皮下注射を持ち出し、事件解決後の締めくくりも薬に手を伸ばすという、ホームズの陰鬱とした部分が如実に描かれている二作目の長編です。

    そんなホームズに「薬物はやめろ」と抗議できないワトスン。前回の事件「緋色の研究」で彼の能力のすごさを見せ付けられたので、おいそれと逆らえない雰囲気に飲み込まれてしまったそうですが、それでもやはり医師として注意をします。しかし取り合わないホームズ。

    身体に悪いことは百も承知でいながら、「興味惹かれる事件」という知的興奮がないと生を感じられず、やむをえなく腕の注射跡を増やしてしまう彼が、哀しいです。ホームズなら他にも知的好奇心を満足させる方法を見つけられるだろうに、安易な手段を選択するところが嫌です。

    しかしながら、捜査が始まれば、明敏華麗な方のホームズらしさを発揮しています。

    ワトスンとは、まだまだ振り回す方と振り回される方という関係から抜け出していないように思われます。しかも、事件が終わるとともにワトスンが結婚してしまい、同居解消をしてしまうのは、淋しいです。

    ホームズも「かなしげにうめ」いて「おめでとうは言わないよ」と言っています。
    「判断を狂わされると困るから、僕だけは一生結婚しまいと思うんだ」という彼の言葉が印象に残りました。

    この後、ワトスンの結婚によって少し離れた二人の関係が、「シャーロックホームズの冒険」でぐっと深まり、必要不可欠になっていくのが楽しみです。

  • The Sign of Four(1890年)。
    ホームズ・シリーズ、長編。

    後のワトソン夫人が依頼人として登場。インドで将校だった父親の謎の失踪と、彼女への遺産譲渡を示唆する匿名の手紙…。謎はやがて、インド王室の秘宝を巡る物語へと発展する。

    なんだか怪奇的な出来事は「東洋の神秘」で片付けられてしまう傾向があるような。当時の英国人の感覚では、アジアってそんなに秘境だったのだろうか。それはともかく、ヒロインにベタ惚れのワトソンと、ワトソンの結婚が決まって拗ねているホームズが微笑ましい。

  • メアリー、真珠、四つのサイン、宝石

  • 2017.10.7 読了。

  • シャーロック・ホームズのトレードマークと思われているインバネスコートに鹿撃ち帽という服装は、正典には全く表記がなく、挿絵や演劇によって作られたイメージであると知って驚いた。そしてこの作品によれば、ホームズは1日にコカインを3度打つ不健康極まりない男だった。ワトソンはこの事件でほんの数時間冒険を共にした女性に恋をして婚約。といったような私生活面を垣間見る事が出来たのが収穫。事件の内容は今ひとつ面白味に欠ける印象。

  • ワトスンの伴侶となるモースタン嬢が持ち込んだ依頼が、事件がないあまり退屈をコカインで慰めるホームズを苦境に立たせる。全てが脳内で見通せてしまうホームズにあっては珍しい展開。モースタン嬢が財宝の半分を遺贈される正当な権利を有するよう読者に思わせておいて、拘束されたスモールが物語る顛末を読むと、果たして誰の物でもなくなった結末は胸にすとんと落ちるものがある。ホームズが、いや著者が殺人犯は捕えるが、発端となった財宝の入手については断罪しないバランス感覚に感服した。

  • ワトスン「どこまでも君といっしょに、この謎のとけるまで働いてみたいよ」
    ホームズ「君がいてくれれば、僕も大いに助かる。僕たちは独自の立場でやってゆこうよ」
    二人のバディ感がたまらない。バディものに大した興味はなかったはずなのに、この二人の関係にはなぜかそそられます。
    今作の見所は、何と言ってもテムズ川で繰り広げられる追跡劇だと思う。
    犬のトビイの活躍も可愛くて面白かった。
    最後に明かされる事件の真相…人間の欲って恐ろしい。

全159件中 1 - 10件を表示

コナン・ドイルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コナン ドイル
有効な右矢印 無効な右矢印

四つの署名 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

四つの署名 (新潮文庫)に関連するまとめ

四つの署名 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

四つの署名 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

四つの署名 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする