シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫)

  • 1328人登録
  • 3.77評価
    • (107)
    • (102)
    • (189)
    • (4)
    • (1)
  • 53レビュー
制作 : 延原 謙 
  • 新潮社 (1955年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102134108

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コナン ドイル
コナン・ドイル
有効な右矢印 無効な右矢印

シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「シャーロック・ホームズの叡智」新潮文庫は、 訳者の延原謙氏が、勝手に命名したもので、大人の事情で各文庫版に載せ切れなかった短編作品をまとめて出版したものです。

    ≪技師の親指≫「シャーロック・ホームズの冒険」より

    1889年の夏、ワトスンの結婚後まもなく、また開業することになった頃の話です。

    『私はベーカー街にホームズをおきざりにはしたが、それでもちょいちょい訪ねてはいったし、ときには彼を説きふせてその放縦癖(原文ではBohemian habits)を一時おさめ、私の家を訪ねてくるようにもしたのだった。』

    放縦とは「何の規律もなく勝手にしたいことをすること」ですが、ホームズの身勝手さは、自分の健康を損ねたりすることもあるので、ワトスンとしては、離れて住んでいても心配の種だったのだと思います。

    朝早く、患者でもある依頼人をホームズの所へ連れて行くと、ホームズは『例のもの静かな愛想のよさで私たちを迎え、ベーコンのうす切りと卵とを注文してくれ、いっしょに気持ちよく食事をとった。』のでした。
    さらに、怪我をしている患者に対してソファーや枕や気付け薬や優しい言葉を用意して、話を聞こうとします。

    そういうホームズの気遣いが、他の話や場面でのワトスンへの身勝手ぶりと対比していて面白いです。
    もちろんワトスンをないがしろにしているわけではなく、自分の一部であるかのような扱いとでもいえるような「甘え」があるのだと思います。

    ホームズは、人当たりをよくしたり、女性の心に入り込んだり、やろうと思えばいくらでも素晴らしい紳士にもなれるのに、事件解決のためなど目的がないと、好き勝手に振舞います。


    尊大な態度、無礼な振る舞い、いきなりの行動、 解っていることを隠してもったいぶったり、果てにはチェスの駒のようにだまして利用することもあります。

    「瀕死の探偵(シャーロック・ホームズ最後の挨拶)ひどいよホームズ! と、私は思わず怒ってしまいました。
    最後のフォロー「僕が医者としての君の才能を、それほど見くびっているとでも思うのかい……」がなければワトスンもきっと怒っていただろう……と思うのですが、本文では、瀕死のホームズが心配で心配でたまらないという感が強く表れていました。
    さすが、ワトスン、人がいいというか、ホームズに対してはなんでもありなのか。


    ハドソンさんもホームズを「尊敬している」という記述が見受けられますが、どちらかというと、 『わがままな子どもを見守り、世話を焼く身内』のような感覚に思います。


    ワトスンは、ホームズの態度にむっとしたり、口げんかをしたり、怒ったりすることも時にはありますが、結局のところ、事件の新事実なんかを提示されると
    「それでどうなったんだい?」
    などと、興味のほうが先に来て、ころっと機嫌がなおってしまうようです。
    ワトスンが単純で浅はかというのではなく、ホームズに対する、保護者のような慈愛と、友としての親愛と、そしておさえきれない好奇心とが、彼を許す動機になっている……
    などと、文字にあらわすと随分陳腐になってしまいますが、つまり、ワトスンはホームズが大好きなんですよ。
    ホームズも、他の誰とも違う信頼をワトスンにおいています。

    人前などでは「Doctor」などと型で呼ぶこともありますが、「my dear fellow(私の友達)」や「my dear Watson」と心を込めて呼ぶこともあります。

    一緒に法を犯す危険をくぐって泥棒の真似をしたり、一緒に静かな夜を暖炉の前で過ごしたり、どんなことでも行動をともにしてくれる存在のありがたさよ。


    「いつでも! どこへでも! 一緒にいくとも」
    ... 続きを読む

  • 「観察」という情報収集力に加えて、想像力を働かせて、論理的にストーリーを構築する。
    これこそがシャーロック・ホームズのシャーロック・ホームズたる所以だと感じる。

    技術や飛び道具的な内容での解決ではなく、ごくごく地味な、泥臭い活動から結論を導き出す。
    普段との違いは何か、可能性の排除の連続。そして残ったものが真実。

    同じものを見ていても違うものが見えている。
    これは蓄積していくと大きな差になるんだろう、継続していくことが重要だと感じる。

  • 再読。
    電車の中で読もうと思って持って出掛けました。
    外出先で読む場合、途中になってしまうと続きが気になって仕方がないので、一遍読み切りの短編集は重宝します。
    ホームズの短編集は、ぱぱっと読めるうえに、面白い!
    そして、何度読んでも飽きが来ない!
    最高です!!

  • ホームズ・シリーズ、短編集。この巻は新潮文庫のオリジナルで、ドイルの原作にはない。頁数の関係で本来の巻に入りきらず、割愛された短編をまとめて掲載したもの。タイトルは訳者の命名。

  • 「緋色の研究」を読んだ後に読んでみました。短編集なのであっさり読めました。が、少しあっさりしている印象で、私には長編の方が向いているのかな、と思いました。

  • 読んでいる時は面白いのだが、短編ミステリーは読み終わった端から内容を忘れていく自分の悪い癖が、顕著になってしまいます。

  • 相変わらずよい。

  • シャーロック全編完読。叡智の中の短編は、初期から後期まで含まれており、関連性がないが時代の変遷を感じさせる。特に、技師の親指は、オススメ。

  • 「冒険」から「事件簿」まで順に読んできて、最後の短編集。
    「叡智」は他の短編集と違って、別々の時期に書かれた作品が収録されているので、それぞれの話に微妙な作風の変化が感じられたのが興味深かったです。
    「事件簿」から続けて読んだのですが、「技師の親指」など、まさに初期の作品といった感じで、読んでいて「冒険」が懐かしくなりました。

    お気に入りは「ノーウッドの建築士」。インパクトのある依頼人の登場に始まり、容疑者に不利な状況から一転して意外な結末にたどり着きます。話の展開がとても凝っていて、ホームズではマイナーな話ですが、秀作の一つだと思いました。
    個人的にツボだったのは、ホームズが真相の手がかりを発見して、あまりの嬉しさに挙動不審気味になるところです(笑)

  • すべて読了しました。これでシャーロキアンかも

  • どういうわけだか自分でもさっぱりわからないのだけれど、シャーロック・ホームズは全部読んだ気でいたのに、これだけが未読のまま置いてあった。
    先日積読の片隅に残っているこれに気づいてぎょっとした…。何故!

    何はともあれ、やっぱりおもしろかったー!!
    今回のお気に入りは<技師の親指><ノーウッドの建築士><ショスコム荘>かなぁ。ホームズシリーズはやっぱり良いなぁ!!

    どうでもいいけど。
    私にとって、BBCの「SHERLOCK」を見た後に初読となった唯一のシャーロック・ホームズシリーズは、ホームズの顔がシャーロックで、ワトスン君の顔がジョンで再生されるという珍現象が発生した。
    SHERLOCKの二人は「見た目は紳士!頭脳は大人!(※ただし性格は子供)」って感じで、ホームズはシャーロックほどエキセントリックじゃないし、ワトスン君はジョンよりももっとおっとりしてるんだけど…。
    でも、いいや、どっちでも私は楽しいからいい!この際楽しいならなんでも良い!!

  • 収録作品:The Adventure of The Engineer's Thumb,The Adventure of the Beryl Coronet, The Reigate Squires, The Norwood Builder,The Three Students,The Missing Three-Quarter,Shoscombe Old Place,The Retired Colourman 全8話

    今回、最も注目すべきは「ノーウッドの建築士」。ホームズシリーズの欠点は、話の展開がパターン化していることで、別の話で同じようなトリックが使われてたりすることが多いように思う。しかし、この話は、多少他の話と似ている部分もあるが、予想もつかない奇想天外な真相につながる。その意味で読みごたえがあった。

  • まさかの改版じゃない旧字体で読んだのでちょっと衝撃的でした。ライゲートの大地主、ノーウッドの建築士がすき。引退後も二人で冒険について静かに語り合っていてほしい。

  • 嗚呼、ホームズシリーズも完結か、と思いながら噛み締めて読む本。

  • 本書でシャーロック・ホームズシリーズは最後となります。
    惜しみつつも楽しく読ませていただきましょう。

    早朝叩き起こされてワトスンが診察したのは、片手の親指が根元からちぎれた急患だった。彼が語った世にも恐ろしい体験とは。…『技師の親指』
    あまりに騒々しい来訪に目を丸くしたホームズとワトスン。やってきた青年は今まさに殺人の容疑を掛けられ発狂寸前だったが、人殺しなどまったく身に覚えのない話だという。彼と死んだ男との間でなされた直前のやりとりに違和感を覚えたホームズは…『ノーウッドの建築士』
    他全8編。

    この本だけは、原作から文庫本に組み直す際にこれまで割愛されたものをまとめて掲載しています。(他の短編集はあくまで原作のタイトルや構成を崩さないようにそのまま掲載しているそうです)
    とはいえ、作品の質が他に劣るわけではまったくなく、充実したラインナップは相変わらずです。
    『ノーウッドの建築士』『隠居絵具師』がお気に入りでした。
    特に『ノーウッドの建築士』は短編とは思えない精巧な構成で、驚きの結末を提供してくれます。

    シャーロック・ホームズシリーズ、完走できてよかった。
    時代をこえて愛されるミステリー小説として、その知名度にふさわしい完成度に大満足です。

  • 今になってシャーロックホームズを初めて読む。
    視点は一貫してワトソンからのものであり、ホームズ自身の考えは彼から言われないと分からない。そのため、ホームズが何を見、その結果どう考えていたのかを言われて初めて気づく。なので何を見、どう考えたのかを考えながら読むと非常に面白かった。

  • 2013年10月11日(金)、読了。

  • これにてホームズ全集読了。全て読み切れた達成感と全てを読んでしまった寂しさのジレンマが……。しかし何度も読み返すのもまた一興。SHERLOCKに登場した小ネタの出典を探すのもまた一興。一度読み終わってもまだまだ楽しめるシリーズです。

  • 「技師の親指」
    親指を失くした人の奇妙な依頼。ただ、最後に犯人が逃亡してしまったのは残念。なんとなく、犯人たちが『名探偵コナン』に出てくる黒の組織のように感じた。

    「緑柱石の宝冠」
    良くある、父親がバカ息子の盗難を疑うと言うもの。共犯ができる娘というのも良くあるトリックであった。

    「ライゲートの大地主」
    探偵ものの常となっている、休養中に事件が巻き込まれるやつの二つ目。

    「ノーウッドの建築士」
    犯人を隠れているところから、炙り出す「家事だ」もどこかで聞いた事のあるトリック。これも、ドイルが発祥なのだろうか。

    「三人の学生」
    真面目な学生が犯人という典型的な感じ。

    「スリー・クォーターの失踪」
    アームストロング博士との知恵比べは面白かった。最初のホームズとの嫌悪感丸出しの会話は、ホームズが、モリアーティ教授の再来と勝手な判断を下したことも一因なのではないだろうか。結末が悲しく、そこは残念。

    「ショスコム荘」・「隠居絵具屋」

  • シャーロックホームズの、本来は別々の単行本に含まれていたはずの作品を、日本で出版するにあたりページ数の関係で割愛したものをまとめて一冊にしたもの。
    何度読んでも、シャーロックホームズものはいわゆる本格推理ではなく、解決編ではじめて明かされる事実が多いと感じる。しかしながら、あくまでも論理的に謎を解き、実にスマートに事件を解決していく様子はやはり世界一有名な探偵を生み出したドイルの力量というのを感じる。
    古典ではあるが、面白いものはやはり面白い。

  • なるほど、と思うような小気味のよい短編もある一方で「え、いきなりそんな手がかり言われても」と思うような短編もあり。古色蒼然とした作品を予期していたが、意外に面白かった。これが先駆者では後が苦労する。

  • “「何しに行くのでしょう?」
    「私にはさっぱりわかりません」警部は肩をすくめて、いった。「ここだけの話ですが、ホームズさんはご病気がなおりきっていらっしゃらないようですね。なさることが実に妙で、ひどく興奮していらっしゃいます」
    「ご心配なさることはありませんよ。言行は狂気めいていても、あの男はちゃんと条理<すじみち>が立っているのが常です」私は弁解しておいた。
    「あれが条理なら、狂人の条理というものでしょう」警部もつぶやくようにいった。”[P.104_ライゲートの大地主]

    「技師の親指」
    「緑柱石の宝冠」
    「ライゲートの大地主」
    「ノーヴッドの建築士」
    「三人の学生」
    「スリー・クォーターの失踪」
    「ショスコム荘」
    「隠居絵具屋」

    “ソームズ君はホームズの流れるような説明にいささか圧倒されたらしい。「ほかのことは一応わかりますけれど、鉛筆の長さの点だけはどうも……」
    ホームズは鉛筆の削り屑にNNと銀文字があって、そのあとにやや長く文字のないのを一つもちだした。
    「おわかりでしょう、ほら?」
    「さあ、そうおっしゃってもまだ……」
    「ワトスン君、いままで君を不当に誤解していたよ。わかりの悪いのは君ばかりじゃなかった。」”[P.187_三人の学生]

  • シャーロックホームズシリーズ短編集に収録されなかった作品集。

    「技師の親指」は、はじめて読んだときスリリングすぎてとてもわくわくしたのを覚えている。親指には悪いけど、好きな話だ。

    もう一つ、「ノーウッドの建築士」も好き。あっと驚く結末が印象深かったらしく、よく覚えている。いま読み直してもおもしろいのは、建築士が相当ワルだから?

全53件中 1 - 25件を表示

シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫)に関連するまとめ

シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シャーロック・ホームズの叡智 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする