アクロイド殺人事件 (新潮文庫)

  • 341人登録
  • 3.68評価
    • (33)
    • (37)
    • (71)
    • (4)
    • (0)
  • 46レビュー
著者 : クリスティ
制作 : 中村 能三 
  • 新潮社 (1958年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102135013

アクロイド殺人事件 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名高きアガサ・クリスティの最高傑作。小学生の時に学校図書室で友達と競うようにホームズ物に親しんでいたため、その衝撃度も大きかった。わかるでしょ?(笑)ページをめくってその文字を読んだ時、しばらく思考力が停止し、おそらく何度もその文字を繰り返して見ていたと思う。(笑)
    本作品は比較的ミステリに擦れていない若年期に読むべし!
    クリスティを世界的に有名にしたトリックもさることながら、人物描写とその機微、情感などが秀逸であり、その中でのポワロの立ち位置も面白い。仮に違う結末であったとしても、普通のポワロ物として佳作になったと思われる。そうしたことが本品を名作とする所以である。

  • 完全にだまされた。確かに一度しか使えない手法だね。
    記憶を消してまた最初から読みたい。

  • 賛否両論あるという、この作品。私はまんまと騙された。

  • ポワロもの。クリスティの作品のいいところは、読者が推理をするにあたってさしあたり必要となる手がかりが、物語の中でほぼすべて(100%とは言いませんが)、描かれていること。このあたり、犯人が登場人物一覧に載っていなかったり、終盤になって突然、物語の中に登場したりする「後出しジャンケン」感のあるドイルのホームズものとはちょっと違います(とは言え、ホームズものはそれはそれとして推理小説として非常に面白いのですが)。

    その例に漏れず、この作品の犯人もしっかりと登場人物一覧の中に名を連ねています。丁寧に読み進め、時々出されるヒントを回収していけば、犯人に辿り着くのは難しくないはず。少なくとも、名前のスペルやニックネーム、当時のイギリスの法律を知らないとトリックや犯人の動機が読み取れない他のポワロものよりは易しいはずです。

    解説にも書かれていますが、この作品のトリックは「作中の犯人が作中の探偵を欺こうとする」ものではなく、「作品の著者が作品の読者を欺こうとする」もので、当時は画期的なアイデアだったのだと思います。そこを踏まえて読むと、より面白く読み進めることができます。

  • 推理小説は普段あまり読まないのだけど、レビューに心惹かれて読むことが時々ある。本作もその一冊。でも、毎回結果は同じで、冒頭と最後だけしっかり読んで中盤はどうも回りくどく感じてさらさらと流すように読んで終わりにしてしまう。うーん。探偵小説の面白さがいまひとつわからない…

  • ポワロが犯人を追い詰めていく様子や、数々の小さな謎を次々に解き明かしていく部分が非常に面白かったです。計算しつくされた描写に見事に騙されてしまいました。翻訳の文ももちろん美しかったのですが、やはりこのような海外の名作を英語で読めるようになりたいという思いが強くなりました。

  • 対して魅力的な人物といないが一気に読める。

  • 何がすごいって、自分が今まで一切のネタバレとかに触れてこなかったことだと思う。

    犯人は予想通りで、多分現代のミステリを読んでる人なら分かるんじゃないかとは思う。
    解説にもあるけど、これの凄いところはコロンブスの卵であるところだろう。
    しかも「こういうパターンの作品書きましたよ」ではなく、普通に面白い(あまりに無礼な物言いだが)。

  • 名探偵ポワロのシリーズの一つです。
    とても面白く、ラストに衝撃がはしる作品です。素直に読む人ほど、作者に騙されるかもしれません。

    福岡女子短期大学:はる

  • 予想外の犯人です!

全46件中 1 - 10件を表示

クリスティの作品

アクロイド殺人事件 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

アクロイド殺人事件 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アクロイド殺人事件 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アクロイド殺人事件 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アクロイド殺人事件 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アクロイド殺人事件 (新潮文庫)の-

アクロイド殺人事件 (新潮文庫)の文庫

ツイートする