三幕殺人事件 (新潮文庫)

  • 63人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (6)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 中村 妙子 
  • 新潮社 (1984年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102135099

三幕殺人事件 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先日ドラマを観てそんな感じだったなあと思いだしてレビューを書きます。初読は高校生の時だったかな・・・。
    ポワロ物だがクリスティーにしても大胆な冒険を試みた作品であったかもしれない。題名のごとく芝居仕立ての構成で、主役は元俳優と助手?の若い娘、そして元俳優の友人といった見事な3人構成。元俳優と娘の関係の行方も気になります。そしてポワロはなかなか登場せずイライラした記憶があります。(笑)相変わらずクリスティーは「ワトソン」役の人物設計が面白いですね。
    クリスティー作品をだいぶ読んだ後だったので、ある意味、クリスティーならではの犯人でそれほど驚きませんでしたが、この作品は意外な動機と構成が真骨頂ですね。クリスティーのいろいろなアイデアを盛り込んだ野心作で、もう少し評価されてもよいように思う。

  • ポワロもの。語り部のヘイスティングズは登場しません。

    物語の冒頭、ポワロと一緒に捜査を進めることになる引退した舞台俳優が開いたパーティーの会場で、誰からも恨まれそうにない老牧師が死亡。その後、真相が分からない中、今度は別の場所で舞台俳優の旧来の友人である神経科の医師が似たような状況で死亡し、ここにきてようやくポワロが本格的に捜査に乗り出す。医師は明らかに毒殺されていたが、では最初の老牧師の死はこれに関係するのか?関係があるのならば、牧師が殺された動機は何なのか?

    数あるポワロものの中でも、読み手が推理して真相に辿り着くのはかなり難しい部類ではないかと思います。クリスティ作品らしく、きちんと手がかりは出ているんですが、他の作品よりもはるかに「さりげなさ過ぎて」、それを手がかりだと見抜くことが難しい。さらに、犯人の殺害動機となると、これがまた難解。他の作品の書評にも書きましたが、この作品でも動機を見抜くには当時のイギリスの法律を知っていることに加え、真犯人ならではの独特な動機(ポワロ自身、「これまでに出会ったことがないほどの奇妙な動機」と語っています)にまで想像力を巡らせられるかどうか、にかかっています。

    なので、推理してどうにかしてやろうというより、単純に小説の世界を楽しむというスタンスで読むのが正解かもしれません。

  • 1月4日再読。ポアロに出会った頃は、ポアロは自信家すぎて実際にいたらちょっと付き合いにくいかも・・・とか思ったものですが、最近では彼がお茶目で時々可愛らしく思えるようになりました。三幕殺人事件は少し毛色が変わっているけど、ポアロは健在です。関係ないけど、新潮社の文庫はしおりの紐があるので読みやすくて好きです。

  • 久しぶりに、本でポアロを楽しんだ。
    犯人の目星がついても、動機まではいつもわからない…今回は犯人も外れたわー!

    毒入りチョコレートは、他の作品にも出てきた記憶が。
    他の作品も、本で読みたくなっちゃった。

  • ちょっと変わったポアロが見てみたい

  • 引退した俳優が主催するパーティで、老牧師が不可解な死を遂げた。数ヶ月後、あるパーティの席上、俳優の友人の医師が同じ状況下で死亡した。

  • クリスティの中で忘れられない1冊。 芝居仕立ての裁判劇。 ラストまで読みきってすっきりします。

全7件中 1 - 7件を表示

アガサ・クリスティの作品

三幕殺人事件 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

三幕殺人事件 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする