Yの悲劇 (新潮文庫)

  • 178人登録
  • 3.70評価
    • (14)
    • (23)
    • (31)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : クイーン
制作 : 大久保 康雄 
  • 新潮社 (1958年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (463ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102137024

Yの悲劇 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 解説に最終巻の結末とか書かれてるほうが真相より衝撃だった

  • すぐそばに、絶対この中に犯人がいるのに、いったい誰なんだ…とドキドキしながら最後のページまで読める一冊です。
    奇妙な家族と不思議な殺人が続き、読みながらじっくり謎解きができて面白かったです。

  • 約20年前の中学2年生の時に課題図書として読んだ作品。
    20年ぶりに読んでみました。
    とりあえず犯人は分かっていたのですがどういうトリックだったのかもストーリーも忘れていました。

    前に読んだときは中間試験か期末試験までに読み終わらなければならず
    全然読み終わらなくてとても苦しかったという印象でした。
    今回はそんなこともなくすんなりと読めましたが
    自分の成長を感じられて嬉しいですね。

    でも中学生当時は梅毒という病気も知らず
    ハッター家の呪われた血とか言われても全くピンときていませんでした。
    本文中にあまり描写がないので今回も何とか気付けたというレベルですが。
    80年以上も前の小説なので時代背景が違い過ぎて
    そういう物語の肝の部分が分かりにくいのはありますが
    トリックや伏線の張り方なんかはとても良いですね。
    思えば「伏線」という言葉もこの小説で初めて知ったのでした。

    中学生の時に課題図書としてこんな難しい本を設定してくれた先生に
    感謝したいと思いました。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:933.7||Q
    資料ID:58600853

    エラリー・クイーンって、アガサ・クリスティーほど人気はないですが、このYの悲劇は、海外ミステリー小説が好きなら絶対オススメです!
    (生化学研究室 大塚正人先生推薦)

  • ふと手に取った高校生の頃買った本。相変わらず面白かった!と見栄はって言ってみたが、すっからかんに内容を忘れてたんです。

  • The Tragedy of Y(1932)

  • ミステリーの頂点と言っていいと思います。もちろん内容の紹介という野暮はしませんが、とにかく凄い。ドルリー・レーンが探偵役の4連作の2作目。これ連作そのものにも仕掛けがあるんですよね。

  • 蒼林古書店へようこそで紹介されてたので、海外の本格ミステリを読んでみようと挑戦。

    遺書とともに海で見つかった自殺者の遺体。遺体は変人の家系と評判のハッター家の女主人の夫、ヨーク・ハッター。遺体発見を機に、それからゆるやかにハッター一家を悲劇が襲う。長女の毒殺未遂、女主人の撲殺と再度の長女毒殺未遂、実験室の火災…。
    それらの事件に関わるレーンの顔色が全く冴えない理由が分からなかった。原因はわかってるのに犯人が分からず、結局最後にレーンがサム警部に話した内容ではぁ~とため息をついてしまった。全然あの証言の内容がそこまで重いと思ってなかったー。
    レーンの心に影を与えたこの事件。レーンにとっては後味悪すぎる事件だったかもねー。

  • 前から気になっていた作品。最後の犯人は正直ちょっと無理があるかなと思う。現代なら十分ありうる話だけどそれを予測したのだろうか。面白さ的にはXの悲劇の方が僕は好きです。

  • 古くさい設定だなと思ったが、おもしろかった。
    見取り図があるのがいいな。

全23件中 1 - 10件を表示

クイーンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

Yの悲劇 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

Yの悲劇 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Yの悲劇 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Yの悲劇 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする