813 (新潮文庫―ルパン傑作集)

  • 353人登録
  • 3.54評価
    • (23)
    • (37)
    • (74)
    • (4)
    • (2)
  • 41レビュー
制作 : 堀口 大学 
  • 新潮社 (1959年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102140017

813 (新潮文庫―ルパン傑作集)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実は人生初ルパン。探偵・冒険小説のエッセンスがぎゅっと詰まってる感じ。というか、ルパンがこういうエンターテインメント小説の先駆けだから、後続の小説にそのエッセンスが読み取れるのかな。
    堀口大学の翻訳と聞いて手に取ってみたんだけど、やっぱり文体がかっこいいなぁ。ワクワクする。
    813に続編があるのに気づかず買ってしまったので、(続)も買わなくては。

  • 久々に読んだ。
    相変わらずルパンは好きだ。
    この話の内容も覚えてはいたけどやっぱり楽しい。

    だけど訳者さんがなぁ…原作に忠実なんだろうけど、日本語としては不自然な箇所が多々見受けられるし、「……」を多用しすぎていて苦手な人は読みづらいかも。
    あと、ルパンの台詞がイメージと違って残念。一人称が「わし」なので脳内補完しながら読みました。

  • 子供の頃に読んだはずだが、短縮版だったのか、内容が記憶に無い。「続813」と合わせて完結のようだ。2015.4.15

  • 堀口大学が翻訳しているんだなあ、と驚いた次第。
    創元文庫の「リュパン」シリーズには「813」が見当たらず、新潮文庫で読んだ。
    当然、訳者は異なるわけだが、どうしてもルパン(リュパン)ものは大時代的になるのだな、と思った。
    小学生の頃、学校の図書室に入っていた子ども向けのルパンものとは、印象がずいぶん違う。
    「続…」もすぐに読もうと思う。

  • この1冊で完結していないのね。『続813』は続編ではなく『813 -下巻-』なのですね。話の続きには興味ないので、ちょっとルパンはもういいかな。アニメの「ルパン三世」の方がはるかに面白いよ。

  • Maurice Leblancの代表格、怪盗紳士Arsène Lupinシリーズのひとつ、それが1910年発表の本書、「813」である。

    まだ、続の方を読んでいないので、作品全体への評価は出来ないが、本書単独にたいしては、なかなかに面白いと感じた。

    最後の意外な結末は、読んでいた当初はあまり意味が理解できなかったが、その事実を踏まえてもう一度、初めからストーリーを眺めて見たら、よくできた構成で話が進んでいたことが理解できた。

    ただ、訳が直訳風なので、読みづらいのが残念だった。私の中のルパン像と訳者のルパン像が違うのか、ルパンの台詞の訳に違和感があった。このような言葉づかいを、あまりにも有名なあの怪盗紳士がするだろうか。本書の訳では、かなりのお年寄りなのかと感じてしまった。

    ルパン作品の雰囲気は、イアンフレミングの007とどこか似ていて、両者は奇抜で大胆だけどなぜかリアリティのある、冒険活劇だと私は思う。

  • 海外の作品って、作家との相性以上に、訳者との相性に依存するよなぁ。


    昭和34年に出された本だからなのか、苦労しました。


    続編も頑張ります

  • 昔何度も読んだはずなのに、全く内容を覚えていなかったので、またもや初めて読んだように楽しめた。

    ルパンとLMという姿を見せない人物との対決。
    さらりといろんなことをやってのけるルパンには珍しく、LMの妨害によりスムーズに事が進まなくなっている。
    ラストは衝撃だったが、次巻で直接的な対決になりそうで、謎解きとともにそれも楽しみ。

  • 私にとってのヒーローは、まちがいなくアルセーヌ・ルパンなのです。
    偕成社の全集を休み時間ごとに小学校の図書室へ借りに行って、毎日夢中になって読んでいました。

    で、十何年ぶりに読み返したら、実はルパンはずいぶんと自分勝手で傲慢でエゴの塊で、見栄っ張りだし結構出し抜かれてるし、虚栄心も名誉欲も人一倍ある、とんでもない男でした。
    後手後手に回った推理は全然、格好良くないしご都合主義だし、そのうえ敗けっ放し。

    それでも、これは煌びやかな冒険譚。
    アルセーヌ・ルパンには微笑ましい、天性の強烈なチャームが溢れていて、やっぱり永遠に私のヒーローなのでした。

  • アルセーヌ・ルパンの活躍する前編です。
    ミステリ要素と冒険活劇要素があり、とても楽しめます。
    ダイヤモンド王と呼ばれるケッセルバック氏にルパンが会見したその夜、氏は何者かに刺殺されてしまいます。
    現場には謎の813という数字が残されます。
    物語はハラハラドキドキで読み手を飽きさせません。
    813の秘密については本書では明かされず、続編へと続きます。

全41件中 1 - 10件を表示

モーリス・ルブランの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コナン ドイル
宮部 みゆき
コナン・ドイル
有効な右矢印 無効な右矢印

813 (新潮文庫―ルパン傑作集)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

813 (新潮文庫―ルパン傑作集)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

813 (新潮文庫―ルパン傑作集)の文庫

ツイートする