奇岩城 (新潮文庫―ルパン傑作集)

  • 222人登録
  • 3.38評価
    • (14)
    • (18)
    • (52)
    • (7)
    • (2)
  • 27レビュー
制作 : 堀口 大学 
  • 新潮社 (1959年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102140031

奇岩城 (新潮文庫―ルパン傑作集)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 訳者に興味を持って、ルブランを読んでいるが、本作で三作目。イジドールボードルレ、ガニマール、シャーロックホームズ(ヘルロックショルムズ)などが登場する。内容は、フランス歴代国王の秘宝がフランス北部ノルマンディー地方の海の岩山に隠してあり、そこがルパンの根城だというもの。ルパンのライバルとして、ボードルレがはつらつとした働きをする。結末は、ちょっと陳腐に感じた。どんでん返し的な展開に乏しく、もうひとひねり欲しかったというのが読後感。でも、時代的には、この程度でも良かったのかも。

  • マイ・ファーストリアルルパン(笑)。何せ、「ルパンⅢ世」のほうがコンタクト年齢が早かったからなー。

    怪盗アルセーヌ・ルパン第1作です。若い女性2人の住まう屋敷に賊が侵入し、賊にねらいを定めた年上の女性、レイモンドの銃声が響いたあとは…と導入がふるっています。「どこが『奇岩城』なの?」と思わせながら、じわじわと進みます。フランス語の謎解きもいいです。少年探偵、ムッシュー・イジドール・ボートルレはちょっとこまっしゃくれてて嫌だけど(笑)。

    謎を解いた末の幕切れはドラマチックで、「どうしてそうなるのかなー」としんみりしたものです。ディテールは結構忘れているのですが、印象はとても強い作品だったのでこの☆の数です。

  • ルパンの隠れ家、エギュイクルーズの秘密が明らかになる。少年探偵ボードルレ目線で進むお話。

    ルパンは愛する女レイモンドのために、強盗紳士を引退しようとするも、最後の最後でホームズがやらかす。

    ルパンシリーズだと、本当にホームズが人間的な魅力ゼロの嫌なやつとして描かれていてなんとも複雑。

    途中フランスの地理がないとなかなかイメージがしづらくて困った。

  • 久しぶりにルパンの本を読んだ。
    子供の頃夢中になって読んだが、今読んでも、やはりおもしろい。
    ルパンは永遠の憧れだ。

  •  

     
    (20141231)
     

  • 実際に読んだのは逢坂剛の『奇厳城』。子供の頃読んだ南洋一郎のルパンシリーズを思い出した。あの頃はポプラ社のルパンをむさぼり呼んだものであった。大人になって読んでみると「ん」と思うところも多いが、そこはノスタルジーで乗り切れる。『813』や『八点鐘』などもう一度よみたくなってしまった。

  • 本業の泥棒よりも、他の作品の探偵役のルパンの方が格好いい。

  • 端的にいうとアルセーヌルパンと、高校生探偵ボートルレとの対決の話。

    次々と出てくる謎に、途中からボートルレを応援したくなるような展開だった。
    ラストはルパンの人間性も伺える。

    ただ、この作品がルパンシリーズ内の位置付けがよく分かっていなかったので、あまり楽しめないところも多かった。

  • 暗号解読といえば、ホームズかと思いきや、ルパンでも登場する。
    最初はボートルレがルパンかと思っていた。
    予断を許さないのがルパンものの良さだろうか。

    ルパンを理解するためには,
    1 フランスが好き
    2 少し前の時代が好き
    3 推理小説が好き
    4 冒険が好き
    5 力の強いものを出し抜くのが好き
    のいずれか1つがないとつらいかもしれない。

    フランス好きと力の強い物を出し抜くのが好きというのは共通部分があるかもしれない。
    ルパンは,縦横無尽にかけまわり,神出鬼没なところがいい。

  • トリックが壮大過ぎて難しかった。
    でも、話の筋はとても好みで、どんでん返しもあり、良かったと思う。

全27件中 1 - 10件を表示

モーリス・ルブランの作品

奇岩城 (新潮文庫―ルパン傑作集)に関連する談話室の質問

奇岩城 (新潮文庫―ルパン傑作集)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする