棺桶島 (新潮文庫―ルパン傑作集)

  • 73人登録
  • 3.33評価
    • (7)
    • (3)
    • (15)
    • (3)
    • (2)
  • 5レビュー
制作 : 堀口 大学 
  • 新潮社 (1964年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (567ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102140109

棺桶島 (新潮文庫―ルパン傑作集)の感想・レビュー・書評

  • ルパンシリーズの最終巻。長編。
    棺桶島で起こる恐怖の惨劇。死へと導かれていく署名、そして過去から伝えられてきた啓示
    孤島という逃げ場のない舞台で起こる恐怖の出来事に、、、

  • アルセーヌ・ルパン・シリーズ

    婚約者に誘拐され離婚後父親デルジュモン氏と息子フランソワが死んだベロニック。少女時代の署名に魅かれてたどり着いた島。4人の磔刑の女性と30の棺桶の伝説の残る島。生きていたフランソワ。島の女性オノリーヌと散策中島民全員を乗せた2隻の船の沈没と溺れる人々を殺害するフランソワらしき人物を目撃する。発狂するオノリーヌ。殺害されたデルジュモン。3人姉妹との出会い。磔にされ殺害されたアンシニャ三姉妹。フランソワとステファーヌの再会。囚われの3人。生きていたボルスキー。ボルスキーのもう一人に息子。ルパンによる救出。

  • うーん。ルパンが後半しか出ないから、ちょいと不満。んで戦争中に書かれてるからルパンシリーズにしては内容が陰惨。フツーに怖かった・・・。

  • 主人公のベロニックは、映画の中で自分の名前が刻まれた壁を見つけ、そこに出かけていく。すると記号と矢印でさらに別の場所へと誘われ、やがて棺桶島にたどり着く。

全5件中 1 - 5件を表示

棺桶島 (新潮文庫―ルパン傑作集)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

棺桶島 (新潮文庫―ルパン傑作集)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

棺桶島 (新潮文庫―ルパン傑作集)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

棺桶島 (新潮文庫―ルパン傑作集)はこんな本です

ツイートする