郵便配達は二度ベルを鳴らす (新潮文庫)

  • 142人登録
  • 3.28評価
    • (9)
    • (8)
    • (39)
    • (8)
    • (0)
  • 26レビュー
制作 : 田中 西二郎 
  • 新潮社 (1963年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102142011

郵便配達は二度ベルを鳴らす (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 古本

  •  
    ── ケイン/田中 西二郎・訳
    《郵便配達夫は二度ベルを鳴らす 196307‥ 新潮文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4102142010
     
    (20161112)
     

  • 冷酷な殺人者の金と肉欲の話だと思っていたのだけど、大間違いだったよ…。
    一流の恋愛小説でした。
    私のオールタイムベストに入る。
    文章、キャラクター、展開、どれも非の打ち所がない。
    愚かで身勝手な二人の末路は自業自得だけれど、コーラが言うように、彼らには確かに愛だけはあったんだなぁ…。

  • 文体の語り口調と題名がカッコイイ。

  • 主人公の男が我々に寄り添っていて順番に語る。それでも男らしい男のキャラクターが心地よい。
    女を含め次々と想定外の出来事が起こるがうまくまとまっている、どころかその上をいく。ストーリーとして、非常に面白い。
    二度犯罪を企むが企んだ通りにはいかない。裁判では事実と違う筋書きの基に判決が下る。推理小説っぽくもあるが、犯人の一人称で出来事が起こった順番に書かれるのに、このドキドキ感はスゴい仕掛けだ。
    おれ、という一人称もぴったり。

  • 良かった。ハードボイルドと言われる文体も程よくいやらしくて好きな感じ。
    アメリカでは、現在はどうか知らないが郵便配達は必ず二度ベルを鳴らすらしい。単なる来客ではなく、決定的な報せをもたらすものとして。一度事件の落着に安心しても、偶然か必然か、「二度目」が彼らの前に訪れる。それは神が仕組んだもの、もしくは運命のように圧倒的で、決定的で、不可避的で、彼らはそれを、ただ受け入れるしかないのだ。

  • アメリカのアレ系小説の原点

  • これぞハードボイルド小説!終わり方が切ない余韻を残す。

  • 一気に読み終えられる。疾走感。

  • The Postman Always Rings Twiceというタイトルが、意味無く付けたとの俗説であるが、結果的に印象的な小説のメタファーとなっている。違うタイトルなら、違った評価を受ける作品になっていただろう。
    文体と訳文が、アメリカのハードボイルド文学を意識しまくりなのも面白い。今や、スギちゃん口調といわれちゃうぜ~

全26件中 1 - 10件を表示

ジェームス・ケインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ウィリアム・ゴー...
村上 春樹
安部 公房
三島 由紀夫
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

郵便配達は二度ベルを鳴らす (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

郵便配達は二度ベルを鳴らす (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

郵便配達は二度ベルを鳴らす (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする