マネーチェンジャーズ 下 (新潮文庫 ヘ 4-6)

  • 34人登録
  • 3.71評価
    • (4)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 永井 淳 
  • 新潮社 (1978年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102145067

マネーチェンジャーズ 下 (新潮文庫 ヘ 4-6)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • FMA銀行の巨額融資先が、キャシュフローの悪化により倒産。一部の支店で取り付け騒ぎが起こるが、アレックスの機転により他店への波及を避けることができた。一方、贋札シンジケートに潜入していたマイルズはその贋札製造の核心に近づいた。潜入捜査に感づいた組織は情報の中継点に圧力をかけてくる。いっぽ、巨額融資の焦げ付きから頭取の跡目争いからころげおちたロスコーの運命は。
    FMAをめぐる人間模様を精緻に描かれた秀作。

  • 銀行 というものを スケール大きくとらえた作品。
    銀行とは何か というのを とらえることに
    アーサーヘイリーの巧みな 編集力が 際立つ。
    ただ,銀行が 金利だけで 経営するという 牧歌的な時代。
    もっと,銀行業務は 複雑化している現在は
    単純な 対立が 生まれないような気もする。

    ロスコーヘイワードは 銀行と言えども 利益を優先する。
    そのために、成長する産業と結びつくべきで、
    そこでの融資による利益が 大きいのだという。
    ロスコーは 戦略家でもある。
    数の論理で物事がすすむということも理解している。
    しかし、ヘイワードの妻の 
    ビクトリアとは セックスレスになっている。
    そして問題は、家計が赤字なのだ。

    アレックスヴァンダーヴォルトは、銀行が取り組むべきことは、
    環境問題 企業の社会的責任 弱者救済という姿勢で取り組むべきだ
    という 銀行の公的な責任を強調する。
    FMA銀行の頭取 ベンロッセリは 創業者の孫であり、
    基本的な銀行の方向は、アレックスの考えていることに近かった。

    アレックスは シーリアと結婚していたが
    シーリアは 内気な性格で ストレスがこうじて、精神病院に。
    一度は離婚したが シーリアのために それを取りやめている。
    病院に会いにいくが シーリアは震え涙を流す。
    いっこうに 症状はよくならない。
    そういうなかで、社会運動家の弁護士 マーゴットブラックン
    と つきあっている。

    マーゴットは 空港職員の待遇改善として
    空港のトイレ占領という奇襲で 改善を獲得した。
    おなじように FMA銀行が 
    低所得者住宅建設の融資を半減するという方針に対して
    新規の口座開設者が押し掛けることで,
    通常の銀行利用者がつかえない 状態となり
    その半減方針を 撤回せざるをえなかった。

    ベンが死ぬことで ロスコーとアレックスの
    頭取の椅子をめぐって激しい闘いが始まったが、
    暫定的に ジェロームパターソンが頭取になった。

    マイルズイースティンは、ギャンブルによって
    銀行の休眠口座からオカネをとっていた。
    そのことを 窓口 のファニータヌニェス 
    の犯罪のように見せかけたことが ばれたことで、刑も重かった。
    そして,刑務所では人格が破壊されるような体験をうけた。

    ロスコーが 大企業の現実を 見抜くことなく,
    その手厚い接待の中で 銀行マンとしての 矜持を失っていく。
    コールガールの手練手管にはまっていく。
    高級コールガールだが 200ドルプラス
    ホテル/飛行機代こみで500ドル以内とは 
    時代が すこしちがうのだね。

    ロスコーは 断りきれない 何かを 抱えていく。
    アレックスは 孤立しながらも 自分の信念を貫き通す。
    そこで、銀行の 新しいスタイルを打ち出す。
    顧客のための銀行。
    それが 評価されることで 自分の持つ銀行のイメージに近づく。

    マイルズとフェニスの関係が びみょうに
    しっとりしていて,いいのだ。
    ピーナッツには 笑えたが。

  • 後半最後に向かうに従い展開が速くなってくる。ハッピーエンドには終わらない。銀行の頭取合戦は一方の死による終焉。スパイもばれて拷問となる。これからどうなるか。明るい未来でないことが予想されるが、それでも皆、幸せなのだろうか?使命に生きるという感じがした。
    読み終わって全体を振り返るともう30年前の著作でありながら、真髄は古さを感じない。金の根本はいつの時代でも変わらないということだろう。そして欲望も。金本位の制度は維持する必要があることがわかる。本書ではクレジットカードを取り上げているがカード発行の趣旨は本書で語られている通りだろう。そして意図した方向に、個人に負担がかかる方向に進んでいる。当時は予想しえなかったインターネットの普及により、現在のお金、経済というシステムは机上の数字を受け渡しするだけとなっている。誰が多くの点数を集めることができるか、つまりゲームと同じである。

全3件中 1 - 3件を表示

アーサー・ヘイリーの作品

マネーチェンジャーズ 下 (新潮文庫 ヘ 4-6)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マネーチェンジャーズ 下 (新潮文庫 ヘ 4-6)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マネーチェンジャーズ 下 (新潮文庫 ヘ 4-6)を本棚に「積読」で登録しているひと

マネーチェンジャーズ 下 (新潮文庫 ヘ 4-6)はこんな本です

ツイートする