殺人課刑事〈上〉 (新潮文庫)

  • 34人登録
  • 3.53評価
    • (3)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Arthur Hailey  永井 淳 
  • 新潮社 (2001年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102145142

殺人課刑事〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本読んでからアーサーヘイリーにはまりました。

  • ヘイリーの遺作

     私がの好きな作家である。前作「ニュースキャスター」はアクション風であまり好きではなかったのだが、今回の作品はとてもよかった。

     私はいつも彼の作品を登場人物を使い捨てにして業界を描いていると評する。今回もその感想は変わらない。直前に「いま、会いにゆきます」というきわめて登場人物が少ない映画を見たからかもしれない。野球で言えばピンチランナーのように、小テーマを描くために登場人物が現れ消えていく。登場人物をして時代を語らせるといわれる司馬遼太郎の作風に似ていなくもないが、ヘイリーは香辛料として小テーマを使っているように思うので少し違うかな。いずれにせよ、この本はリズムが小気味よいのでどんどん読み進むことができる。

     探偵小説(古い表現だ!)と思って読むとがっかりする。伏線がきっちり張られていることもあり、(昨夜の映画とは違って)かなり前半部分であらかたのストーリーと真犯人がわかってしまう。テレビドラマのコロンボみたいな感じかな。わかってしまえば、後はどうまとめるかだけである。主人公を軸にして各種脇役を惜しみなく投入し、最後に大団円を迎えるというあたりいつものヘイリー節だと感心する。
    (加えて、エピローグもまた粋である)

     彼の作品はすべて読んでしまったことになる。でも、もう一度読むときがくるだろう。それはやはり「最後の診断」だろうなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

アーサー・ヘイリーの作品

殺人課刑事〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

殺人課刑事〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

殺人課刑事〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

マイアミで老年の夫婦ばかりを狙う連続殺人が発生した。犯行は残虐で、とても人間業とは思えない狂信的なものだった。捜査を担当した元神父のエインズリー刑事は、殺人現場のある共通項に気付く-。かろうじて殺戮を免れた幼い目撃者からの通報で、ついに連続殺人犯ドイルが逮捕され、電気椅子送りが決まった。が、エインズリーにはたった一つ、気にかかることがあった…。

殺人課刑事〈上〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする