自閉症だったわたしへ (新潮文庫)

  • 728人登録
  • 3.75評価
    • (80)
    • (79)
    • (150)
    • (4)
    • (0)
  • 94レビュー
制作 : Donna Williams  河野 万里子 
  • 新潮社 (2000年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (489ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102156117

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 淡々と、それでいて豊かな文章で綴られる『私たち』の世界の見え方、感じ方は驚くとともに共感できるものでした。
    片目でぼんやり外界を見、片目で自分の世界にこもり、うわの空の状態になってしまうことなどは自分にもあるなと感じたりしました。
    全てを理解はできなかったけれど、暴力的に相手に強制することだけはないようにしたいと強く思いました。
    彼女の生き抜く強さと、豊かな言葉の世界を強く尊敬します。

  • 題が、多分、ダメだと思います。
    まるで、今、自閉症であることが治ったみたいに見える。でもこれは、そういう話ではないですよね。
    まあ、原題の「NOBODY NOWHERE」*1よりも、わかりやすいという判断なんだろうけど……。
    それに、この題でなければ、たしかに、ぼくも手に取っていない可能性があるのだけれど……。

    解説にも書かれていますが、ものすごく、共感をもって読むことが可能です。でも、その読み方にも、注意も必要です。

    それは、想像力。
    「彼女」は、「わたし」だと思って共感するのは とても大事なことなんだけど、それだけでは、前に進まない問題を、いっぱいこの本は含んでいる。
    多分、自閉症の人とぼくたちは、全く別の言葉をもっている。
    それは、どういうことかということを想像してみること。

    例えば、人生で出会った中で、一番理解できなくて最悪だと思った人のことを思いだしてみる。
    「言葉が通じない」と思わなかったか?
    相手が人間の心を持っていないのではないかと傷ついたりしなかったか?
    だれかと、

    「こんな困った人がいる」

    と話して、共感したことはないだろうか?

    もしかしたら、共感してくれる誰かがそばにいてくれる「わたし」が「彼女」なのではなくて、「わたし」を傷つけた相手こそが、誰にも理解されない「彼女」なのかもしれない。

    自閉症の人と関わっていくというのは、その言葉が通じないという思いの繰り返しで、多分、ぼくたちは、自分の言葉、自分の物語の中でしか人を理解できない。
    彼女が彼女の物語の中で、人を理解しているように。

    だから、この物語は感動的であるけれど、ものすごく一方的な物語でもある。
    この物語で糾弾された人たちに対して、外から、

    「そんなことは、許されない!!」

    と言うことは可能だけれど、それだけではすまない問題をぼくたちは宿題として抱えている。
    もちろん、「彼女」がどう感じたかという感じ方、考え方は、大切にしながら。

    もし、自閉症の人の言い分に耳をかたむけることができれば、論理が通っていると感じることはできるかもしれない。でも、それを理解することは、基本出来ない。

    だから、ぼくたちにできることは、自分が受け入れることが出来るキャパシティを出来るだけ大きくしていくことだけです。それも、膨大な、試行錯誤から出てくる経験知(しかも、その中のわずかな例外を参考にしないといけない)で。
    100人の中にたった1人しかいない人の言葉を理解しようというのだから。

    自分の感傷に浸ってる暇なんてない。
    なにか、理解できないこと、理解できない人に出会ったとき、その人の言葉と自分の言葉が違っているのではないかと想像し、省みること。
    これは、実はかなり難しいのではないかと思います。
    でも、これから、していかなければならないことです。

    大切な何かを、切り捨ててしまう前に。

    どこまでの彼女を守ることができるだろう?
    でも、信じていることは、理解し合うことができれば、おそらく、反社会的であったり、非社会的であったりすることはなくなるのではないかということ。
    その「反社会」、「非社会」という概念そのものが、文化の中でわかっていくものだとしても。

    祈りのように。

  • 自閉症の人々の住む世界について知ることが出来ます。
    小説としてはもちろん、専門書としても読むことが出来ます。

  • 「大人の発達障害」より、発達障害の人の気持ちが分かるようになるかも知れない本。
    読了。理解されない苦しみのようなものは分かるんだけども、どういうものの見方をしているかは、書いてはあるもののなかなか理解することは難しい。相手を受け入れる気持ちが大事なのかなと思った。

  • 著者のドナ・ウィリアムズが自身の幼い頃からの記憶をまとめた本。
    彼女は26歳になるまで自分が自閉症だということがわからず、家族や周囲の人たちからずっときちがい、異常、ばかなどと呼ばれてきた。母親に虐待され、兄からもいじめられ、学校でも馴染むことができずに苦しんできた。
    彼女の中には明るく社交的な“キャロル”と合理的で努力家な“ウィリー”という2つの人格が存在していて、本当の自分である“ドナ”を世の中の様々な恐怖から守ってきた。キャロルというのはドナが小さい頃に公園で出会った社交的な女の子で、「彼女のように笑えば周りの人も笑ってくれる」という思いから、ドナは“キャロル”になった。読んでいると、ドナが寝ているときに見た夢の話やそれぞれの人格の感情の移り変わりなど共感しづらい場面も多々あり、彼女の世界を理解するのが難しく感じられた。だが、ドナがキャロルの真似をするという行為は、他の多くの人も、人格を生み出すほどではないけれど、やっていることのように思う。自分が素敵だなと思った人を見習って行動したり、同じようになりたいと努力したりすることに似ているのと感じた。
    ドナの壁にぶつかっても立ち向かっていく力は心からすごいと思った。自分の恐怖心から逃げずに客観的に自身や周囲の人間と向き合うことはなかなかできないと思う。
    ドナは自閉症の人たちには自閉症の人たちの言葉があると書いている。普通の人たちの言葉や行動を押し付けるのではなく、彼らの言葉を理解しようと耳を傾けることが大切。

  • 最近はマンガでこの手の本もあるが、自閉系の当事者本の走り。

  •  邦訳のタイトルが微妙。
     彼女が自閉症化否かについては、この本では説明されていない。
     だが、彼女が幼い頃、「社会との付き合い方を知らない」子供であったが、大人になって「社会との付き合い方の試行錯誤を始めた」女性になったとは思う。
     だが、今も自閉症ではある筈だ。
     邦題について、わかりやすさや、訴求力はあれど、自閉症は治るものであると取りかねなものは避けたほうが良かったのではないだろうか。

     一人の女性が、親からも兄弟からも、学校からも傷つけられ、それでもなお、自尊心を失わずきちんと前を向くという、非常に胸を打たれる作品である。
     彼女の感受性の高さゆえ、わかりにくい個所はあれど、それでもなお先を読ませる何かがあると思う。

  • 途中まで読んだ。どうも自閉症当事者が書いているにしては文章がしっかりしているし、長すぎると感じる。
    訳者あとがきを読んだら、原文をかなり意訳しているようだ。そんなことしないほうが面白いと思うのだけど…

  • 私は自閉症ではないけど、読んでいて共感できる部分がたくさんあって、心が揺さぶられた。感性の豊かさと、知性に驚かされる。多重人格的な現象は、ここまではっきりと現れなくてももしかすると人間にとってさほど珍しくないものなのかもしれないと思った。適応するために。でもこれほど客観的に自己を観察し、それを表現豊かに表せる才能がすごいと思う。筆者は幼少時に虐待を受けていたけれど、その暴力そのものは自分を脅かすものではなかったと書いている。ここに書かれているのは、社会や周りの人と戦う姿というより、そこに溶け込むために、自分自身と戦う姿。印象的だったのは、ここから出たい、という表現。自由になりたい、ということが何度も書かれている。

  • 物語としておもしろい。教育的視点から勉強になる。芸術的視点から感性の豊かさに驚かされる。

全94件中 1 - 10件を表示

ドナ・ウィリアムズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)に関連するまとめ

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)の作品紹介

わたしってそんなに「変でおかしな子」なの?幼い頃から、周囲の誰ともうまくつきあうことができず、いじめられ、傷つき苦しみ続けた少女-。家族にも、友達にも、学校にも背を向け、たった一人で自分の居場所を求めて旅立った彼女が、ついに心を通い合わせることができる人にめぐりあい、自らの「生きる力」を取り戻すまでを率直に綴った、鮮烈にきらめく、魂の軌跡の記録。

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)の単行本

ツイートする