キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)

  • 139人登録
  • 3.58評価
    • (11)
    • (13)
    • (28)
    • (3)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : Anthony Bourdain  野中 邦子 
  • 新潮社 (2005年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102156315

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三島 由紀夫
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初読。

    両親とフランスに旅行をした時の
    コーラにハンバーグしか食べないアメリカのクソガキwが
    ラ・ピラミデには連れて行って貰えず弟と共に車内に放置された!
    という屈辱から馬肉もチーズもじゃんじゃん食ってやる!
    と変貌し、ついには生牡蠣も、という「目覚め」は
    今まで読んだ少年少女の物語の中でも指折りの鮮やかさ。

    厨房の中の雑然とした音、その中での怒涛の流れに乗る気持ち良さは
    一切経験も無い私でもわかるような気がする文章の上手さ。

    ま、破天荒でドラッグでアメリカーンな乗りはさほど興味がないので、
    サードコース〜デザートのあたりはお腹いっぱい、
    冗長かな〜って感じだったのだけどw

  • 途中まで。
    読み続けるのを急にやめたくなるアレって、なんなんだろう。

  • 図書館で。
    少し前に読んだシェフの本が面白かったので読んでみました。
    正直、料理に関する素材や道具に関する辺りは面白かったのですが(冷蔵庫残りものでスペシャルを作るとか。なるほど、と言う感じでした)シェフ個人の自堕落な生き方とお下劣な下半身事情はもう結構、と言うほどてんこ盛りすぎて食傷気味になりました。ぶっちゃけこの方の店のコックさんはトイレ行って手を洗わずそのまま調理とかしそうなイメージだ…。ドラッグで頭はモウロウ、怪我で出血だらけの調理師が作る料理を食べているのかと思うと…恐ろしいですね。日本はさすがにココまで酷くないと思いたいです…。まあでもシェフって言うのも大変なお仕事ですよね…。ただ最後の教訓は今まで散々悪さをしてきたであろう方に言われてもね、と言う感じでした。

  • テレビで見て、買い。
    もう絶版なので中古本だったけど、今読み終わった。
    これ面白い、最高
    うん。月曜日には魚を頼むのはやめよう。
    アンソニーはテレビで見る印象と違って本物のシェフだったのが驚いた。テレビだと何時もB級グルメばっかり食べてるイメージがあったので
    テンポの良い文章と捻りの効いた風刺でドンドン読ませるがそれでいて旨そうな料理とその舞台裏に引き込まれる。
    著者の他の本も買ってしまいました。

  • NY有名店シェフが語る裏側。厨房は、さながら海賊船だ。

  • これ、すっごいおもしろい。
    こういう人と仕事したい。
    ぜったい大変だろうけど。

    買っちゃおうかなぁ、。。

  • 読んでるところ。
    ディスカバリーチャンネルの「アンソニー世界を喰らう」のアンソニー ボーデイン著。
    テレビで新しいシリーズ見たいなあ。

  • 「ワールドワイド・エディション」がとても気に入ったので、買ってみた、その前作。アメリカではベストセラーになったそうですが、アメリカ料理界の事情を知らない人は(僕も)それほどのめり込めないだろうと思う。

    文章の上手さはやはり彼ならでは。
    そうでなければ途中で止めていた。

    でも彼の生き方、仕事への情熱、そして「自分自身と仕事との距離感」のようなものが好きです。また作品が出たら読みたい。

  • 料理業界の裏。悪ガキっぽい毒舌が心地良い。

  • 実話?エッセイというのでしょうかね。本屋に平積みしてるのを見かけて気になってたので、図書館から借りてきました。シェフのワイルドな生活を本にしたもの。なかなか面白かったです。特に来日した時にスシを食べるシーンは初めてカキを食べたくだりと同様、アンソニー・ボーデインの食へのあくなき追求が伺えます。

全13件中 1 - 13件を表示

キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)に関連する談話室の質問

キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)はこんな本です

キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)の単行本(ソフトカバー)

キッチン・コンフィデンシャル (新潮文庫)のKindle版

ツイートする