暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)

  • 2013人登録
  • 4.08評価
    • (243)
    • (250)
    • (148)
    • (14)
    • (4)
  • 143レビュー
制作 : Simon Singh  青木 薫 
  • 新潮社 (2007年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102159736

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
サイモン・シン
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下巻ではインターネット時代(つまり現代)で使われる暗号技術について解説している。解説といっても小難しい感じではなく、ワクワクするような物語に乗せての解説なので、読んでいるだけで楽しいし、頭にも入ってくる。未来の暗号技術である量子暗号についても紹介がある。これからの技術なので、それほど詳しいわけではないが、特徴を理解するにはいいと思う。ただし、インターネット時代の技術の変遷は速いので、DES以降の現在現役の暗号技術についての解説がないのは、出版年を考慮すると仕方がないのかもしれない。それにしても、暗号技術とはなぜこんなにも人を魅了するのだろうか。人は隠し事が好きなのだろうか、そしてそれ以上に隠し事を暴くことが好きなのかもしれない。知的好奇心だけではなさそうだ。

  • 文庫本だが、上下合わせて700ページの大作。サイモン・シンの本は「フェルマーの最終定理」、「宇宙創成」に続いて3作目の読書体験だが、この本も時間を忘れさせるほどの面白い本だった。

    本書は、暗号の変遷史を辿る内容。しかし、単なる変遷史ではなく、暗号を作る人々、それを破ろうとする人々が織りなす人間ドラマを中心に描く。本書で紹介される暗号は、文字を入れ替えたり、表を使ったりする単純なものから、大戦中にドイツ軍が開発したエニグマ暗号機、巨大数の素因数分解を利用したものまで。最終章では、量子暗号の可能性を論じる。

    暗号の歴史はまさに戦争の歴史だ。
    「ポーランドがエニグマ暗号を解読できたのは、煎じ詰めれば3つの要素のおかげだったー恐怖、数学、そしてスパイ行為である。侵略の恐怖がなければ、難攻不落のエニグマ暗号に取り組もうなどとは、そもそも思いもしなかっただろう」。ドイツも日本も暗号が解読されたことが敗因となった。
    「弱い暗号を使うぐらいなら、最初から暗号なそ使わない方がましだ」。暗号への過信は怖い。

    古代エジプト文字の解読史も面白い。その形から表象文字だと考えられていた文字を、アルファベットのような表音文字であることを突き止め、解読までの物語はスリリング。
    また、巨大な素数を使ったRSA暗号の成り立ちの説明も、ボブ、アリス、イヴを登場させてわかりやすく、面白い説明になっている。

    「あぁ、なるほど」と思える快感が存分に味わえる★4つ。

  • フェルマーの最終定理が面白かったので、引き続きサイモン・シンの本を読んでみました。いやー、勉強になった。

    暗号の初期段階からその進化の歴史を、人物ドラマを交えながら分かりやすく・面白く教えてくれる。仕事柄もっと早く読んでおきたかった…

    単純にRSAとかDH鍵交換とかをググったとしても、無機質な説明が淡々と数式混じりで出てきたりして、なかなか頭に入らないもの(だと私は思うの)です。でもこの本は、それらの暗号が必要になった経緯(歴史)から、それを生み出す人々の情熱や苦労、そしてその原理までを順序立てて実に分かりやすく書かれている。訳者あとがきにもありましたが、本当に誰にでも飲み込めるような内容になっているのは凄いなあと思います。ストーリーにも面白さがあり、小難しい話もわりと自然と頭に入ってくる。読み物として一挙両得感があります。

    『フェルマーの最終定理』のときもそうでしたが、読み終えて、なんか頭が良くなった気になれました。いや、多分良くなってはいないんですけど…

  • HALというのを知っていますか? 「2001年 宇宙への旅」に出てくるコンピュータ。はたまた、コンピュータ専門学校の名前?(最近(2015年)読んだ本ではロボットの名前) このアルファベットを1文字ずつ右にずらしてみましょう。Hの次はI、Aの次はB、Lの次はM、つまりHALはIBMのことだったのです。これが一番簡単な暗号。これだと、少しずつずらして意味の成り立つ文章を探していけば、すぐに解読できてしまえそうです。そこで、キーワードを最初に入れます。たとえば、TAKESHI。この場合、ABCDEFGHIJKLMN・・・はTAKESHIBCDFGJL・・・と対応させます。キーワードを最初に持ってきて、そこに入っているアルファベットを除いて順番に書き並べていきます。こうすれば、キーワードを知られない限り、解読は難しい。実は、それでも解読する方法が見つかるのです。文章の中に現れる文字の数を調べていき、一番多く現れた文字をE(ふつう文章を調べると13%くらいEが出てくる。これが最も多い。)と置き換え、次はA、次はTなどと変換していきます。それで、うまく文章が意味をなすかを調べるのです。少し時間をかければ解読ができるというわけです。という具合に、本書では暗号作成と暗号解読の歴史が順を追って描かれています。後半の内容はずいぶんと難しくなってしまうのですが、それでも二つの世界大戦の中での暗号にまつわる話など、驚くことばかりです。どんな分野にせよ、最先端で活躍する人々の物語は本当におもしろいものです。最後の量子コンピュータ・量子暗号の話はほとんど分かりませんでしたが。(物理学科出身だったのに、もうずいぶん昔のことになってしまった。)

  • 暗号作成と解読の歴史には、その性質上秘密裡に行われることが多いため、時には国の命運を左右するほどの最重要な課題でありながらそれに関わった人々は、名前はおろか成果さえ長い間知られることのない事実があります。
    この本を読み終えて、現代の情報化社会の根幹を成す暗号化のシステムを築き上げた人々の知らざれる苦闘の物語に胸が熱くなりました。暗号作成者とそれを破ろうとする解読者たちが作った進化の歴史をその周辺の古代文字にまで遡り、難しい暗号の原理も交えながら読み物として成り立たせるのは並大抵な筆致ではできません。さすがに「フェルマーの最終定理」を書いた作者ならではです。
    門外漢の私にとっては、肝心の原理の部分はほとんどが理解の範疇を超えてたので、人間ドラマの部分の感想になるのは否めません。それでも通信におけるたとえ話の部分はわかりやすいものでした。登場するのはアリスとボブの恋路を邪魔するイブという設定ですからこれは興味が持てます。アリスはどうやってボブに秘密の手紙を届けたらいいのか??というテーマですから・・
    しめくくりは暗号の未来における量子コンピューターの世界を披露する内容でしたが、まさにチンプンカンプン、読み流すしかないページではありましたが、暗号の世界における気の遠くなるような数字の扱いなどを読むにつけ(地球上のすべてのコンピューターをつないでも暗号解読には宇宙の年齢よりも時間がかかる・・という記述があります)人間の頭の中にある壮大なロマンに惹かれずにはいられないのでした。

  • 最初の方は簡単だけど後半はハハアそういうものですか、ヘヘェ。という感じ。暗号解説に歴史や人間模様が織り込まれ、きちんとエンターテイメントなのです。面白い。あと賢くなった錯覚が得られて得した気分。

  • 下巻の方が断然面白い。上巻を読んだ人だけがたどり着けるご褒美かもしれない(上巻も面白いよ)。
    Ⅵ章の暗号の鍵を公開するという方法は、それまでの暗号の作成・解読の考え方をガラッと変えてしまう。その瞬間を垣間見れるのと同時に、それに関わった人たちの人間ドラマも見物。
    また、Ⅷ章の量子コンピュータ・量子暗号は実現していないものの理論上は成功する、らしい。これもまた想像の範疇を超えてトリッキィで面白い。量子論、侮れないなぁ。

    【目次】
    第Ⅴ章 言葉の壁
    第Ⅵ章 アリスとボブは鍵を公開する
    第Ⅶ章 プリティー・グッド・プライバシー
    第Ⅷ章 未来への量子ジャンプ
    付録 暗号に挑戦――一万ポンドへの十段階
    補遺
    謝辞
    訳者あとがき
    文庫版のための訳者あとがき――「史上最強の暗号」解説

  • シーザ暗号からエニグマ、公開鍵、PGP、量子暗号へと怒涛のつながり。

  • ITを生業としている人も、そうでない人も楽しめる。
    セキュリティの歴史はこうも深かったのか。

    こんな昔から暗号があったなんて。

    難しい内容は読み飛ばしても十分に楽しめる。

    セキュリティを担当する人は必須かな。
    公開鍵暗号方式をはじめて理解できた。

  •  タイトルの通り、暗号に関する本。単純に文字を何か別の文字と置き換えて作られる暗号(たとえば、i am andoの各文字を右隣のアルファベット入れ換えてjbnboepとする)からRSA暗号や量子暗号まで、暗号の歴史と進化がわかりやすく丁寧に書かれている。
     
     この前情報処理の試験受けた時も暗号に関する問題とか出てて、「公開鍵とか言ってるけど、鍵公開したらヤバない?解読されてまうやん」とか思ってたけど謎が解けました。要は、逆なんですね。公開鍵で暗号化して、自分だけが持ってる秘密鍵で解読する。この謎が解けるのは下巻の前半あたりw あと面白いと思ったのは、大戦時にアメリカ軍が、ジャングルに住む民族の言葉を情報伝達に使って、敵に情報がもれないようにした話。未知の言語は、それを使う人にとっては単なる言葉だけど、知らない人にとっては暗号そのものなんだなと。そういう暗号のかたちがあるというのは予想してなかった。
     
     少し一般的にいうと、やっぱり「読めるけど読めない」もどかしさは暗号の魅力ですね。暗号は必ず解読の鍵を知っている読み手がいて、その読み手はすぐに読めて意味を取れるけど、それ以外の人はその読み方を一生かかっても見つけられない。
     なんか現代アートと似てるなとか思いますね。作品の背景とか文脈を知っていると、たしかにすごい作品だというのが理解できるけど、そうじゃないと何がいいのか全然わからん。まあ理解できるorできないのレベルで言うたら、だいたいが暗号と同じようなものになるんやけど。たとえば、「ワンチャン?ノーチャン?フルチャン!」とか人によっては暗号にしか見えないだろうし(ちなみに、ぼくが解読する限り「やる?やらない?やる!」の意味)。
     とはいえ、アートや若者言葉と暗号との違いは、暗号が本質的には情報を隠そうとするところかなと。アートや若者言葉はわかりにくい表現を用いることで他の表現では伝えられない情報を伝えるものであるのに対して、暗号は元の文(平文)以上の情報を伝えようとはしない。そういう純粋な秘匿性が、暗号を魅力的にする…というとまた不純なものがひっつきそうなのでやめときます。

     感性的な魅力は抜きにしても、情報管理には気をつけないといけない現代に、暗号の進化の歴史を知っておくことはわりと意味のあることかなと思います。
     あと、巻末に暗号問題が付録されていたから、また時間あるときに解きたい。

全143件中 1 - 10件を表示

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)に関連するまとめ

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)を本棚に登録しているひと

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)の作品紹介

当時最強を誇ったドイツ軍の暗号機はいかにして破られたのか。「戦争の世紀」が「情報の世紀」へと移り変わるなかで、数学者たちの攻防は続く。RSA暗号、PGP暗号、量子コンピュータ、量子暗号…。ネットや銀行を始め、知らずに我々の周囲に溢れる暗号技術の現在と未来、歴史の背後に秘められた人間ドラマを解き明かす傑作ノンフィクション。巻末に「史上最強の暗号」とその解答を収録。

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)のKindle版

ツイートする