宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)

  • 1588人登録
  • 4.28評価
    • (237)
    • (196)
    • (78)
    • (6)
    • (1)
  • 125レビュー
制作 : Simon Singh  青木 薫 
  • 新潮社 (2009年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102159743

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 壮大なる宇宙に魅了された科学者達の格闘を描いた作品。古代ギリシャから現代にいたる。前半はヒックバン理論にたどりつくまでの歴史。後半も楽しみだな。

  • サイモン・シン「宇宙創成〈上〉」を読了。今月22冊目。

    著者の処女作「フェルマーの最終定理」が最高に素晴らしかったので、買ってきた3作目。2作目は「暗号解読」という、これがまた面白そうなテーマなんだけど、まだ出会えていないので未購入。

    もともとは「ビッグバン宇宙論」という題名だったくらいなので、基本的にビッグバン宇宙論への歴史が綴られている。上巻ではハッブルが宇宙が膨張しているという事実を観測から見出すところまで収録。

    上巻で出てくる著名な人物としては、アリストテレス、ガリレオ、コペルニクス、ニュートン、ケプラー、アインシュタイン、ハッブルなど。

    翻訳物であるにもかかわらず、翻訳が大変に素晴らしい仕事をしている。翻訳にありがちな読みにくさなど全く感じられず、最初から日本語で執筆されたんじゃないかと疑うほどに良い仕事をしてて、ちょっと感動的ですらある。

    個人的に意外なエピソードだったのが、天の川銀河の外にも銀河があるんだよって事実が確定したのが1923年という、わりと最近だということ。それまでの宇宙観では全部、天の川銀河の中に観測される天体は含まれる・・・と考えられていたとか。まだ100年もたってないんだねぇ。というか、一般相対性理論の発表の時期にも、まだ天の川銀河が唯一の銀河だったという事なのか。

    またニュートンの重力理論とアインシュタインの重力理論とのせめぎ合いは、既に正解とされているもの、価値観を、新しいものが置き換えていく事がどれだけ困難な仕事なのかという事を分からせてくれる。この辺のエピソードは現代社会においても組織論的な置き換えで読んでも役に立つかもしれない。

    理系のテーマではあるけれども、各章の終わりには「まとめ」としてノートを取ったように分かりやすくまとめられているので、容易に理解できるし、人間のドラマとして圧倒的な時間的スケールが描かれているので、文系な方にもおすすめな一冊。まだ下巻を読んでないけど。

  • 古代ギリシャ時代の宇宙観から最新の宇宙理論までを描き切った壮大なノンフィクション。宇宙論に関する本は哲学書以上に哲学を感じさせてくれる。セーガンのコスモスの感動が甦る。

  • これだけ文庫になるのを待ちわびた本は、村上春樹以外にない。「フェルマーの最終定理」「暗号解読」と読んできて、次は宇宙論の本が登場するというのだから、期待するのも仕方ない。そして、中身はというと期待以上のものであった。ふつう、読んだら1週間以内で感想を書くのだけれど、どういうわけか、本書のレビューを書くのは忘れてしまっていたらしい。探してもどこにもない。さあ、こうなると内容はすっかり忘れているかというとそうでないからすごい(私の中では)。ちょうど、昨日は皆既日食があった。もちろん、関西は部分日食で、しかも天気はくもり。なんとか、雲の切れ間から、3割くらい欠けた太陽を見ることができた。しかし驚くべきは、8割がた欠けた状態でもほとんど外の明るさは変わらない。だから、気にしなければ部分日食は気付かないで通り過ぎていく。しかし、皆既日食となれば、その5分ほどの間、暗がりの中で、太陽近くの金星や1等星を見つけることもできる。古代、皆既日食を体験した人たちは、どう思って、どのようにその仕組みを考えて行ったことだろう。本書は、もちろんビッグバンという考え方が生まれてきた背景、論争、その名前の由来などが一番の醍醐味なのだろうけれど、それと同じくらいに、前半登場する古代の人々の、地球、月、太陽の大きさや、それぞれの間の距離などの求め方がおもしろい。また、恒星日という考え方も初めて知った。そう、アインシュタインの一般相対性理論も日食の日にその正しさが証明されたのであった。

  • ・「家が石で造られるように、科学は事実を用いて作られる。しかし石の集積がいえではないように、事実の集積は科学ではない」―アンリ・ポアンカレ

    ・古代ギリシャ人たちは、太陽の直径を知るには太陽までの距離がわかればよく、太陽までの距離を知るには月までの距離がわかればよく、月までの距離を知るには月の直径がわかればよく、月の直径は地球の直径がわかればよいことを示した。距離や直径という足がかりは、北回帰線上にある深い井戸(エジプトのシエナに年に一日真上に日が昇るので底まで明るくなる井戸があるという。その同じ時間に離れた地点Aで地面に垂直に棒を立てる。その棒の傾き:360°の比はシエナと地点Aの距離:地球の全周と等しい)と、地球が月に投げかける影(皆既月食で欠け始め→真っ暗の時間と真っ暗の間の時間を比較すると月の直径と影としてかかる地球の直径の差が分かる。およそ4倍。太陽がとても遠くから光を放つので、地球から月にはほぼ真っ直ぐ影が落ちる。)と、半月のときには太陽、地球、月が直角三角形の配置になるという事実と、皆既日食のときには月がぴったり太陽に重なるという観察結果を利用して得られた。

    ・「実験による結果がいよいよ尽きるまでは、思弁という夢の領域に踏み込む必要は無い」―エドウィン・ハッブル

    ギリシャ→中世から続く観測と地動説の解説からハッブルのドップラー効果を光に当てはめた赤方偏移による宇宙の膨張の発見まで。
    下巻が楽しみ。

  • 文系・理系という区別が本当に嫌いだ。あれは自分が理解できないものを安易な定義で対象化し、無知の壁に縮こまる傲慢な行為でしかない。何より、本当の知の営みとはその両方の要素が混じりあった場所にこそ存在するのだから。サイモン・シンの著作を読んでいると、そんな事を考えずにはいられない。人間の宇宙観の変化について歴史上の科学者達がいかに更新していったのかを時に人物像を深めつつ、時にそれを実証するための観測の重要性を説きながら、平易に興味深く描き出す。そう、ここでは科学的でありかつ人間的である事が見事に両立している。

  • サイモン・シンにハズレなし!
    「宇宙は、ある爆発から生まれた。」
    このビックバン理論はどのように生まれたのか?
    登場するのは古代ギリシャからの知の巨人たち。
    ガリレオに始まり、アインシュタイン、ハッブル。
    彼らの人間ドラマと共にビックバン理論の発見までを追う上巻。
    すぐに下巻を買ったのは言うまでもない。

  • 天文学の歴史ドラマ。保守との戦いに勝つには周到な準備と次の時代が来ることへの確信。順を追って話が流れるので、とにかく分かりやすい。

  • 歴代の天文学者や科学者達の尽きる事のない好奇心が徐々に宇宙の本当の姿を明らかにしてきた。それぞれの科学者が生きた時代背景やその時の技術レベル、個々人の状況なども良く分かり興味が沸く。しっかり読まないと次に進めない場面もあり読み返す事もしばしば。ニュートンVSアインシュタインやドップラー効果のあたりが、とても面白い。

  • 「フェルマーの最終定理」に匹敵するくらい知的好奇心を刺激される。

    偉人たちの才覚や努力が積み重なってガリレオやアインシュタインといった超人がそれを結実させる。例えば地動説がコペルニクスからケプラーに引き継がれ、ガリレオが理論を完成させる。科学とはなんとダイナミズムに富んでいるのだろう。

    といいつつアインシュタインの一般相対性理論も重力に関わる理論とは知らなんだ。勉強にもなる。下巻も楽しみ。

  • 宇宙にまつわる古代の神話から、一般相対性理論、ビックバンまで、面白く読めます。

    久しぶりに読み返しましたが、やはりサイモン・シンの本は面白いです。

  • ビッグバン宇宙論をネタに科学的方法を語った本。
    期待通りの面白さ。もっと早く読んどけばよかった。

  • 読了。

    宇宙創成 (上) / サイモン・シン

    天才たちのドラマ、フェルマーの最終定理、暗号解読につづく第三弾。
    積み本しておいて何年たってたでしょうか。宇宙ものはわけわからないから怖いんですよね。ひも理論とか超ひも理論とか言われてお手上げになること間違いなし、昔手をつけた宇宙の謎という本を読んで上記の理論出て投げ出しましたので。

    というわけで宇宙の地球を含めた天体がどうやって現在の天文学にたどり着いたかを紀元前から始まります。

    第1章は古代の天体にたいする対応と答えですね。
    太陽地球月の大きさ天動説地動説とか
    第2章は光の速度と重力の影響と宇宙は永遠か有限か
    アインシュタイン登場です。
    第3章は望遠鏡の技術向上で星たちは外へ外へ移動していることを発見。ハッブルさんです。

    章ごとにまとめ書きもされてて勉強になりますね。

    英題はBigbangなので
    いかんしてビッグバンモデルにたどり着いたかという感じでしょうか
    星・銀河が外に外に広がって行くならば過去は一箇所にあつまってたのではないかという感じっすね。

    ここまで見て、フェルマーの最終定理をもう一度読みたくなってきましたね。
    たいへん面白かったです。
    続いて下巻に行きます。(こっから難しそう)

  •  宇宙の平均密度を計算してみると、地球1000個分の体積にわずか1グラムというものだった。宇宙の大部分はからっぽの空間なのである。惑星、恒星、銀河などは例外的に多くの物質が集中しているところであって、極めて異例な場所ってことになる。

     下記の話は『人類が知っていることすべての短い歴史(上) 』のレビュー
    「原子のサイズを理解するために、原子の幅を1ミリと仮定してみる、そうすると一枚の紙の厚さがエンパアステートビルに相当する。その極めて極小の原子を大聖堂の大きさまで拡大してみる、すると原子核はハエほどの大きさにしかならないらしい」って同じこと言ってる気がする。

  • 2009(底本2006)年刊。

     太陽系構造論、重力論、宇宙論等天文学の史的展開を、関係者の業績(人物像を含む)を交え簡明な表現にて描写する。
     「いやぁ、面白い本は、まだまだどこにでも転がっている」との思いを強くする。
     上巻はハッブルの宇宙膨張の観測まで(古代ギリシアからガリレオ、ケプラー、ニュートン、アインシュタイン、フリードマン等)。

     どれも驚異的業績だが、ニュートンの重力概念の転換とアインシュタインの時空相対化の発想転換は別格の凄さだ。
     また測定機器の進歩に情熱を傾け、懸命に観測し続けた者達(ガリレオら)にも感動。

  • やはり理系の本は面白い。宇宙論でありながら、歴史書、人間ドラマ、どんどん壮大になっていく宇宙観にわくわくする。

  • 理論と観測の双方で対立したり補完したりしながら進んできた宇宙論の歴史が非常にわかりやすい。
    20世紀に入り、一般相対性理論が発表されている時代でもアンドロメダが銀河系の外にあるとわかっておらず、そんなギャップがあったことに驚きつつも面白いと思った。逆にこの時代の宇宙論の目まぐるしい進化を感じてみたかった。
    下巻も楽しみ。

  • フェルマーの最終定理同様、読者が自然と引き込まれるような構成になっている。電車の中で読んだが、2時間くらいあっという間に経ってしまった。サイエンス系の本だと、読んでいても何が書いてあるか分からず、飽きてしまうケースが少なくないのだが、サイモン・シンはそのあたりが本当に上手だ。難しい数式なども出てこないので、予備知識がほとんどない状態でも読み進めることができる。宇宙論は数学や物理学を用いて詳細に説明しようとすればいくらでもできると思うのだが、読み物として読まれることを意識しているのだろう。それでいて、分かりやすく宇宙に関する歴史の概略を理解することが出来る。面白い。

  • 面白い。詳細は下巻に。

  • ギリシャ時代の宇宙認識から膨張する宇宙を示唆するハッブルが提出した観測結果まで。各時代で人々がどのように宇宙に対する認識を深めていったのかを追体験できる。非常に骨太で面白い。

    実験と理論が如何にお互いを補いつつ科学の世界を広げていったのかを感じ取れる良書。

    単なる事実の羅列でなく、著者の科学に対する深い理解も垣間見れる。

  • あまりの面白さに連続で読み続けているサイモン・シンによる宇宙の謎を巡るドキュメンタリー。

    本書を読むまで、自身が宇宙に関して抱いていた興味は「なぜ、ブラックミュージックは宇宙へと接近するのか?Sun RaやFunkadelic/Parliament,etc」というもので、この点については野田努の労作『ブラックマシンミュージック ディスコ、ハウス、デトロイトテクノ』を読むことですっきりしたのだが、全く別の角度から(当たり前だが)、宇宙について知ることができた。

    上巻では古代ギリシャの天文学から、コペルニクス、ケプラー、ガリレオらによる地動説の誕生、ニュートン~アインシュタインによる物理学と宇宙の関わり、そして様々な仮説が検証されたハッブルによる宇宙観測までがまとめられている。

    本書全体の大きなテーマは翻訳者が丁寧にまとめているように、「科学が進化する/パラダイムが変わる際に、いかに仮説としての理論が構築され、その仮説を観測という行為で検証されていくか」という、科学的思考プロセスが壮大な時間軸で書かれている点にある。そして、アインシュタインのような偉大な存在でも誤りを犯すのであり、ひたすら理論仮説を観測(これを実験という言葉に置き換えても良い)により検証していくプロセスをどれだけ真摯に繰り返せるかが、科学の進化の大きなポイントであることを実感できる。そうした点で、教育的価値も高く、なおかつリーダビリティも高い一冊。

  • 「フェルマーの最終定理」などで知られる、サイモン・シンさんが、ビッグバン・モデルについてわかりやすく解説してくれる本です。
    上巻では、ビッグバン・モデルに至るまでの歴史が語られました。人間は科学を進歩させてきましたが、それを阻むのも人間だと思い知らされました。

  • 「宇宙はいつ、どのように始まったのか」。
    かつて神話で説明されていたその謎に対して、現代科学は観測結果で裏付けされた理論を手にしている。
    アルベルト・アインシュタインの「宇宙についてもっとも理解しがたいのは、宇宙が理解可能だということだ」という言葉のとおり、宇宙に比べて極めて小さく、歴史も浅い人類が、その謎を解き明かそうとしているその事実に改めて畏敬の念を感じる。
    『ビッグバンモデル』は誰か一人の発明なのではなく、モデル構築、観測、実験、理論計算に貢献した多くの人々の、人類の叡智の結晶なのだということが分かった。

  • 何度読んでも途中で寝てしまうこいつに再チャレンジ。長い長い話、いつになったらビッグバンにたどり着けるのか。
    アリスタルコス太陽中心モデル、プトレマイオス地球中心モデル、コペルニクス太陽中心モデル回転について、ケプラー楕円、ガリレオ望遠鏡。レーマー光の速度は有限、エーテル、アインシュタイン相対性理論、宇宙定数、フリードマン・ルメートル膨張する宇宙。メシエ星雲、銀河、ハッブル、赤方偏移の観測。

  • 物理が好きなのに苦手な山本くんにもおすすめのノンフィクション。難解と言われるアインシュタインの相対性理論を、ここまでわかりやすく説明した本は初めて読んだ。名作「フェルマーの最終定理」と同じ作者の天文学バージョンだからウンコ、いやウンチク満載。天空の無数の星の距離や速度や成分がどうしてわかったのか。宇宙は定常なのかビッグバンなのか。性格の悪いニュートンと、そうでもないアインシュタインの、二大物理天才による300年越しの重力対決も読みどころ。ガリレオ以降人工衛星観測までの400年の天文科学ドラマを一気読みできる。半径1兆分の1ミリの原子核物理がわからないと、100億光年先の銀河の膨張もわからないというワイドスケールがおもしろい。20世紀って天文学者が、文字通りスターだったんだ。

全125件中 1 - 25件を表示

宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

宇宙はいつ、どのように始まったのか?人類永遠の謎とも言えるその問いには現在、ある解答が与えられている。ビッグバン・モデル。もはや「旧聞」の感さえあるこの概念には、実は古代から20世紀末の大発見へと到る意外なエピソードと人間ドラマが満ちていた-。有名無名の天才たちの挑戦と挫折、人類の夢と苦闘を描き出す傑作科学ノンフィクション。

宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする