最後の審判〈下〉 (新潮文庫)

  • 26人登録
  • 3.83評価
    • (3)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Richard North Patterson  東江 一紀 
  • 新潮社 (2005年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102160183

最後の審判〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • う~ん、後味が良いわけじゃないけど、良い後味の悪さというか、なかなかすごかった。
    この物語の核となるのが、殺人で起訴された姪ブレットのために帰郷し弁護することとなるキャロラインとその予審の過程、もう一つが故郷を捨てたキャロライン自身の半生である。この二つの流れが最後一つになるとかならないとか……(←どっち)
    法廷シーンも状況証拠は不利ながらキャロラインかなり健闘!ただ、止めを刺す前に……になるので、ちょっと欲求不満かなー(^^;

    結局話がスピード感あるから、ぐいぐい読めるし面白いんだろうと。最後には何か人間の業というか、そういうものも考えさせられるし。これだけ複雑な人間関係を上手く描きだすパタースンもすごい。

全2件中 1 - 2件を表示

最後の審判〈下〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする