百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)

  • 902人登録
  • 3.79評価
    • (93)
    • (116)
    • (134)
    • (9)
    • (5)
  • 105レビュー
制作 : Jeffrey Archer  永井 淳 
  • 新潮社 (1977年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102161012

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェフリー・アー...
宮部 みゆき
宮部 みゆき
ジェフリー アー...
宮部 みゆき
フランツ・カフカ
ジェフリー アー...
宮部 みゆき
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
有効な右矢印 無効な右矢印

百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 選書のために手に取る。昔、初版を親の蔵書から引っこ抜いて読んだ覚えがあるような気がしていたが、あまりにもおぼろげなので、じっくり読んでみた。

    ペーパー・カンパニーに出資して大損した4人の出資者が、どうにかしてその出資金を回収しようというお話。原題を直訳すれば「1ペニーも多くなく、少なくなく」となるとおり、迷惑料を上積みしない、非常に紳士的なプロジェクトである。

    最初はちょっともたつくなあと思いつつめくっていくと、取り返す側の4人が非常にこまごまと達者で楽しい。リーダー役の数学者さんがあまりに事務作業に秀でていて、「あなたは大学の先生よりも、シティのバンカーになるべき!」と思ってみたり、フランス人画商に「フランス人、文句しか言わねえなあ!」とツッコミを入れたり、詐欺ギリギリの芝居に挑んだ医師など、いろいろ見せ場が作られている。残りの一人、貴族のぼんぼんが、貴族の称号だけしか武器がなくて(でもそれが相手には一番有効だったりする)、それだけで押していくのもなんだか可笑しい。女の人とお金との付き合いかたが、『ジーヴス』シリーズのレギュラー、ビンゴ(バーティの友人)にそっくりかもしれない。

    アスコット競馬場での社交風景や、オックスフォード大学の式典などの描写が細かく、英国色がこんなに華やかだったのかと意外に感じたことと、筆者の人生に存在した素材が存分に効果的に利用されている印象を受けた。そういえば、アーチャーはこの作品の前に、ペーパーカンパニーへの出資で財産をむしり取られているわけだし、以後は政治スキャンダルで獄中にあったときの体験も作品にしているわけだから、転んでもただでは起きないというか、小説のために身を削っているというか、なかなか強烈な人生を送っている。まあでも、それが悲惨さよりも可笑しみを生むという、なんだかいろいろアクロバティックに成功させた人なんだなあと思う。

    『ルパン三世』のような軽やかな作戦とその顛末なので、虐待やDV、性犯罪など、人間のダークサイドオブフォースを強烈な見せ場に使う最近のミステリー作品が苦手な人には最高に楽しめると思う。

    追加情報として、実在の人物・団体名との抵触を避けるために、改版によって若干の名称変更が行われているので、初版からの買い直し・読み直しをされるかたはご留意を。

  • 学生時代に読んだはずが、話の内容を全く覚えていなかったから今回が初読だったみたいです。最後のオチは良かったけれども、その後のアーチャー作品にありがちな山あり谷ありではなく、すんなり計画通りに行っているのが意外な気もしました。面白かったけれどもアーチャーのベスト3に入るかと言えば入らないかと。

  • 詐欺を重ねて成り上がった大富豪 vs 彼に騙された4人の男たち。
    騙された男たちが奪われた大金を取り戻すためにチームを組んで戦う、いわゆるコンゲーム小説。

    スピード感あふれるストーリーテリングにぐいぐい引き込まれる。
    しかし、大味なプロットと主人公たち4人組の内面が掘り下げられていないところが惜しい。金を盗み取られてどうにもならない切迫感が伝わってこないのがとても残念だ。

    ジェフリーアーチャーの快進撃はこの作品から始まるわけで、
    作品を重ねることによくなっているのだろう。「ケインとアベル」は重厚感があったので。

    胸のすく爽快な小説を読みたい人にはお勧めだ。

  • 初めて読むので作者の来歴を検索しようとしたら何度Wikipedia見ても政治家が出てくる。おかしいなあと思ったら、あ、政治家でも有った人なのか!しかもこの作品のモチーフとなっているのは、本人が体験した油田採掘のペーパーカンパニーに投資して文無しになった経験を基にしているのですね・・・。それでこの作品を書いたということ。

    この作品は、成り上がりの強欲親父に株で騙された4人が、能力を結集して騙し取られた金を取り戻そうという話です。
    ただ騙して金を強奪するのではなく、奪われた金以上の金額は取らないという自主規制の下で計画を立案して実行するという、英国的な紳士的なゲームのノリで話が進んで行きます。

    発端は強欲親父が情報を流し、引っかかった人間がペーパーカンパニーに投資投資をし、株価を釣り上げた所で資金を引き揚げ会社を潰す。投資者は紙切れとなった株券を手に茫然と佇む。
    その中で数学者のスティーヴンは、被害者のロビン【医者】、ジャン=ピエール【画商】、ジェイムズ【貴族】という3人の被害者に話を持ち掛け知恵で金を取り返そうと持ち掛ける。
    ハーヴェイ【強欲親父】から気が付かれないように100万ドルを奪取することは出来るのか?

    この本は超一級のエンターテイメントで、小難しい事を考えずに読み進めて行けば必ずや楽しめる事間違い無しです。
    前半も楽しんではいたのですが、何しろ後半で一気に面白さが加速しました。読まないと分かりませんが、ある一瞬で思わず笑ってしまいました。

    何しろ嬉しいのが、敵役のハーヴェイが何とも憎めなく、騙されている姿が何となく可愛らしく見えてしまう事と、ある部分で騙している被害者4人も彼の事が決して嫌いではないという事が垣間見えるのです。最後の最後までエンターテイメントに徹していて、最終ページまで楽しませて貰いました。

  • 冒頭の30ページぐらいまでがとっつきにくくて、グッと堪えて読んでいる感じでした。
    それでも、ハーヴェイの計略が進行し始めると俄然おもしろくなってきて、後はノンストップ状態で読了。
    機械に頼りすぎずに人間が体当たりをして挑む“ゲーム”はスリルと弛緩がほどよくて、携帯電話もインターネットもない時代の『ルパン三世』みたいでおしゃれです。
    そして、やっぱり物語の鍵を握るのは美しい女性なのですね。

  •  あれこれと話題になるお騒がせ作家の処女作。外れの少ない作家だけど、これは名作といってもいい。文句なしにおもしろい。

     詐欺師が詐欺師をだまして、奪われた金を取り戻す話である。奪った側の詐欺師と、奪い返す側の詐欺師とでは、それぞれ雰囲気が違い、本来悪役であるはずの人も含めて、読んでいるうちに何となく親しみを感じてしまうあたりが、この小説の雰囲気の良さを物語っている。

     こういう「コン・ゲーム」テーマの小説というのは、いろんな手を使ってさわやかさを演出してくれている場合が多いのだが、本作は特にそうだ。動く金は大きいけど、血なまぐささは全くなく、特に最後に至っては、詐欺なのかそうでないのかさえよくわからなくなる。


     基本的には重っ苦しいところのない小説なのだけど、文章の流れが一見「ジャッカルの日」ばりの文体だったりするのがおもしろい。実は作品の中にも、そういうことを匂わせるとことがあって、それもちょっと笑わせてくれる。

     もう古い本になってしまったけど、今でも心から楽しめる本。おすすめしたい。

  • 面白かった^^
    最初はちょっととっつきにくいテーマだなぁと思ったけど
    登場人物が親しみやすいし
    終盤はハラハラしどうし・・・。

    映像で見たいなぁ。

  • これ、30年以上前の学生時代に読んだ本。いやあ、古さを感じさせる、小さな書体でしたが、内容はアーチャーそのものでした。最後のどんでん返しが良かったなあ。。。
    今のクリフトン年代記の源の様な本だと思います。

  •  著者自身、カナダのある会社に百万ドル投資し、翌年にはその会社の株が紙屑同然なるという経験をする。無一文になった彼が再起をかけ世に出したのがこの小説である。

     著者は小説がベストセラーになり百万ドルを取り返し、物語りの詐欺にあった4人は・・・その結果より、仰天事実がたたみかける。最後の一行まで気を抜いてはいけない。

  • 騙された者たちの逆襲劇、その一部始終が淡々と描かれていくだけなのに面白いのは、逆襲のために仕掛けた罠そのものの面白さがあるのはもちろんだが、悪の主人公と戦う4人の男たちのキャラクター造型が秀逸というのが大きい。ラストのオチは落語のサゲを彷彿するような鮮やかな価値転換で最高。

  • ミステリーのお手本、名作です。

  • もう二度とジェフェリーアーチャーは読みません、

  • 投資詐欺で100万ドルもうけたアメリカの成金から、
    財産を奪われた4人が100万ドルを頭脳戦でとりかえそうとする話。

    終始オーシャンズ11みたいな洒落た雰囲気で
    敵含めた登場人物がいきいきしてて、
    おもしろく読みやすかった。

    余談:何十年も前の話なので仕方ないが、インサイダー取引が合法なのが衝撃だった。
    そもそも発端の投資詐欺がインサイダー情報ありきの作戦なのである。
    ほかにも株式売買を電話でしてたり、金融市場の歴史を感じた。

  • カバー絵が池田満寿夫

  • 株で大損をした作者が、子どものミルク代を稼ぐため書いた処女作。
    実体験を元に書かれている。軽い感じのタッチで読み進められる。次は、ケインとアベル!

  • コン・ゲーム小説の傑作との評判通り。痛快な騙し合いが楽しめる。ラストの落ちもいい味だ。緻密なプロットを感じさせるストーリー進行だが、それ故かどうか作り物めいた感じは否めない。そこが少し欠点。

  • 面白かった!最後の作戦以外はスリルたっぷりで勢いよく読めた。エイドリアンとジャン=ピエールみたいなケンカしつつも仲良しなのいいなあ。

  • 痛快。イギリスを舞台に四人の男が株で騙し取られた、合計100万ドルを自分の得意な環境で騙し取るシナリオ。話のテンポが速くて、四人の個性もイメージでき、感情移入しやすい。
    相手のことを調べて、作戦を練り、成功に導く描写には、ハラハラさせられ、最後のオチは、笑える。

  • だまし取られた4人がその復讐として相手を殺めるのではなく、手の込んだ悪戯のような芝居っ気たっぷりの騙しの手口で取り戻そうとするのがとても良い。取られたら取り返すのである。そして取り戻す額には1セントたりと過不足があってはならないとする4人の節度はフェアプレイのゲームのようだ。そしてコンゲームは犯罪ではあるが誰もが不幸を感じない楽しいものとなるのである。やはり本作はコンゲーム小説のナンバーワンである。

  •  さすが古典。面白いです。
     タイトルの通り百万ドルを奪われるところから取り返すところまできっちりと楽しめます。しかも後味も悪くない。
     実に上質なエンターテイメントでした。

     ……しかし、本作では「取り返せ」だけど、続編で「奪い取れ」と言うようにみんなプロになったりしないよね? あったとしたら楽しそうだなぁ。

  • 学生時代に読んだけど再読。スティングが作中に出てくるのもなんとも諧謔。血なまぐさいことが何もないのもいい。

  • 投資詐欺に引っ掛かった四人が策を図り取り返す話し。有名だし紹介本の評価も最高ランクだったので、読んだけど、ちょっと期待し過ぎたか。

  • こんなに痛快な復讐劇は初めて!
    周りの人を不幸にしていく、などのネチネチとした復讐ではなく、爽快感あふれる仕返し。
    まんまとしてやられた4人の被害者(数学者、医者、画廊経営者、貴族)が考える復讐計画がよく練られていて、久しぶりにスカッとするものを読んだ印象。

  • 株なんてチンプンカンプン、足し算引き算さえそっぽを向きたいタイプの私だというのに、それでもやっぱりおもしろかった。

    まんまとひっかかってしまった100万ドル。
    取り返すべく見知らぬ4人が絞り出したプランは、慎重かつメチャ大胆。
    あたふたしながらも全力で体当たりの面々。
    読んでるうちに親しみを感じてしまう。

    軽妙で愉快なエンタメ作品。
    再読ながらも、十分楽しめました!

全105件中 1 - 25件を表示

百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)に関連する談話室の質問

百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)に関連するまとめ

百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

百万ドルをとり返せ! (新潮文庫)の作品紹介

大物詐欺師で富豪のハーヴェイ・メトカーフの策略により、北海油田の幽霊会社の株を買わされ、合計百万ドルを巻きあげられて無一文になった四人の男たち。天才的数学教授を中心に医者、画商、貴族が専門を生かしたプランを持ちより、頭脳のかぎりを尽くして展開する絶妙華麗、痛快無比の奪回作戦。新機軸のエンターテインメントとして話題を呼ぶ"コン・ゲーム小説"の傑作。

ツイートする