ケインとアベル 下 (新潮文庫 ア 5-4)

  • 769人登録
  • 4.22評価
    • (166)
    • (85)
    • (88)
    • (1)
    • (0)
  • 57レビュー
制作 : Jeffrey Archer  永井 淳 
  • 新潮社 (1981年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (463ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102161043

ケインとアベル 下 (新潮文庫 ア 5-4)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 遥か30年前、大学時代に読んだ本。あれから何度読み返したか覚えていませんが、今回はたぶん10年ぶり以上の間隔が空いていたと思います。知っているはずなのに、早く話の先が読みたくて仕方がないなんて思いは最近ないかも知れません。そして最後の場面ではつい感情が出てしまいホロッと。今の歳で感じる思いはあの頃とはまた違うはずなのに、そこは変わりません。

  • 面白かったです!

    最後のほうの本気のやり合いは、何と言うか、人間の醜さだなあ・・とちょっと引いて読んでいましたが、五番街ですべてが報われた感じ。
    すれちがって会釈するだけのふたり!
    そして最後に明かされる、すっかり忘れ去ってた伏線!

    あと、終盤で、それぞれの息子と娘が愛し合って結婚するっていうのもいいなぁと思いました。愛は、金にも復讐心にも負けないんだな!
    すばらしかったです。

  • 若い頃に得た才能を発揮し続け、実業界での大成功をおさめ、また、第二次世界大戦への参戦を通じて得た社会的な名声の陰で、政治・経済・法律を用いた二人の闘いが始まった。

    お互いに相手を倒すことを目標とする中で、次々と大切なものを失い、
    そして後悔をするが、引き返すことが出来ない。
    「プライドよりも大切なものがあることを教えてあげて欲しい。」というセリフがあったけど、二人には何も見えないかのように闘いが続く。

    闘いの後、得られたものがないことに気づく二人に訪れた最後のシーンは、なんとも言えない気持ちになった。

    二人の出生から最期までが20世紀の世界とアメリカの歴史と重なっていて、重厚で読み応えがあった。

  • ストーリーが進むにつれ二人の間が近づいて来る。避けられない対立にも関わらず、二人の子供たちは愛し合う。ラストの結末が人間の悲しさを実感させる

  • 紆余曲折の末、銀行の頭取となったケインとホテル王となったアベル。職業柄知り合った互いが感情論から確執がはじまり、両家の結婚問題に発展、駆け落ちし疎遠になるわ、仕事も世代交代、人生の黄昏を感じる2人。
    ロスノフスキ男爵の銀の腕輪は、アベルの人生の危機をすんでのところで、たびたび救った。銀の腕輪のおかげ感じる、2人は最後に出会い会釈する。

    一旦退場した人間が、怨恨故に報復するシーンは、みっともないが、物語を面白くした。話せば分かるなんて無理。因果応報だが、このまま終わらせないって部分は、緊張感がある。

    忖度って言葉が出てきた。現代の政治とカネ問題を予見してたのかな?

    2017.8.22読了



  • 人間ってどんな人も愚かな部分を持ってるんだな…それが仇になったりするから…

  • 最後にどんでん返しの結末。。。

  • 感動しすぎてふるえました。小説ってやっぱりいいものだなぁと心から思える作品です。何か目標にむかって突き進んでみたくなりました。

    ラストの10ページは涙なしでは読めませんでした。ブティックの開店祝いを見守っていたウィリアムとアベルが、会釈してすれちがっていく五番街のシーンは忘れられません。クライマックスの手紙が、新美南吉の『ごんぎつね』みたいであまりに切ない。

    続編の『ロスノフスキ家の娘』もおもしろそう!

  • それぞれの子供達はロミオとジュリエットの様な状態になるが、駈け落ちを選び、父親はプライドのためにそれを許せない。もう少し気を抜ければ相手を気づ付ける事もなかったのに。

  • かなり面白かった。

全57件中 1 - 10件を表示

ジェフリー・アーチャーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
東野 圭吾
ジェフリー・アー...
宮部 みゆき
ジェフリー アー...
東野 圭吾
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ケインとアベル 下 (新潮文庫 ア 5-4)に関連する談話室の質問

ケインとアベル 下 (新潮文庫 ア 5-4)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ケインとアベル 下 (新潮文庫 ア 5-4)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ケインとアベル 下 (新潮文庫 ア 5-4)の作品紹介

ずば抜けた商才と頑張りで社会の底辺からのし上がったアベルは、全米に拡がるホテル・チェーンを作りあげた。一方、出世コースを突き進むケインは、その確かな判断力を認められて大銀行頭取の地位をつかんだ。ホテル王と銀行家、ポーランド移民と名門出のエリート-いずれも典型的といえるふたりのアメリカ人の、皮肉な出会いと成功を通して、20世紀のアメリカ史が甦る大ロマン。

ツイートする