十二本の毒矢 (新潮文庫)

  • 204人登録
  • 3.22評価
    • (5)
    • (15)
    • (46)
    • (3)
    • (3)
  • 14レビュー
  • 新潮社 (1987年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102161098

十二本の毒矢 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お勧めです。

  • 今回の短編は毒矢とあるように最後に毒矢で射抜かれるようなお話でした。(または毒が廻ってしまうか)
    ただ、表現が比喩的であるがために全部が直ぐに理解できなくて?‥というお話もいくつか‥ひとえに私の理解力の程度が原因かと思いますが‥

  • 昔読んでとても気に入っている本です。

  • 久しぶりに伝統的な手法の短編小説を読んだ。ベタだが安定感のある構成の妙を堪能した。

  • 12の短編が書かれており、あっさりしていて面白いです。

  • p165
    慎重さは勇気の大半を占める

  • 日本人だからか単純に僕の読解力が乏しいのか..なんとなくオチをオチと感じられない話が多かったです。
    ただ最後の「ある愛の歴史」はわかりやすくて面白かったです。

  • 短編集。

  • 12の短編集 突き刺さった毒矢が私の心を腐らせていく!

  • ふつーに面白い。
    特にクーデターが好き。
    でもジェフリー・アーチャーは長編の方が面白いとおもうー。

全14件中 1 - 10件を表示

ジェフリー・アーチャーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
宮部 みゆき
ジェフリー アー...
パトリシア・コー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー・アー...
ジェフリー アー...
パトリシア・コー...
有効な右矢印 無効な右矢印

十二本の毒矢 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

十二本の毒矢 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

十二本の毒矢 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

十二本の毒矢 (新潮文庫)の作品紹介

冴えない初老のビジネスマンの、判で押したように繰り返す毎日の生活の中に、突如として割り込んだ一大椿事を描き、そのおちに気付いた時、読者を抱腹絶倒させずにはおかない「破られた習慣」など12編。技巧を凝らしたおちのあるもの、さりげない筆致でしみじみとした読後感を抱かせるものと、さまざまなタイプをイギリスの伝統的な短編小説の手法で語る、著者の唯一の短編集。

十二本の毒矢 (新潮文庫)のペーパーバック

十二本の毒矢 (新潮文庫)のペーパーバック

ツイートする