盗まれた独立宣言〈上〉 (新潮文庫)

  • 181人登録
  • 3.48評価
    • (8)
    • (19)
    • (36)
    • (3)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : Jeffrey Archer  永井 淳 
  • 新潮社 (1993年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102161159

盗まれた独立宣言〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お勧めです。

  • あらすじを読んでいるような。

  • 【資料ID】79525
    【分類】933/A68

  • イラクが破格の報酬で、アメリカマフィアに独立宣言の盗みを依頼し、マフィアが各分野のプロを雇い、実行していく。
    マフィアの非合法的に実行していくやり方が実に見事でおもしろい。
    それと同時にCIAが動き出し、独立宣言を取り戻そうとする。
    メインのストーリーは盗まれた独立宣言を取り戻すという単純な話なのだが、だまし合いの様子がよかった。
    独立宣言のミスの箇所など初めて知った。

  •  どんでん返しの連続。 

  • 実家にあった本ですな。荷物と一緒に送られてきました。

  • 08/7/16 ★★★☆
    何をそんな紙だか草書だかでてんやわんやしてるんですか、と突っ込みたくなるけど
    圧倒的なスケールでの展開は面白い。

  • 湾岸戦争後のフセインが立てた奇想天外な報復作戦。傑作。

  • obtnd

  • チャーリー・マフィンも真っ青のサスペンス。面白い。

全10件中 1 - 10件を表示

ジェフリー・アーチャーの作品

盗まれた独立宣言〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

盗まれた独立宣言〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

盗まれた独立宣言〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

盗まれた独立宣言〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

世界最高の贋金造り、評判の形成外科医、有名映画監督らを動員して、暗黒街の大ボス父子が立てた驚くべき計画とは、アメリカの名誉の象徴、独立宣言の書かれた羊皮紙を盗み出すことだった。一度でも現場を経験したいと願うCIA教官スコットの希望はかなえられ、彼は羊皮紙を追ってパリへ。そこで、肉親を殺された痛みをモサドの仕事で癒そうとする、美しいハンナと巡りあった。

盗まれた独立宣言〈上〉 (新潮文庫)の文庫

ツイートする