死もまた我等なり(下): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)

  • 254人登録
  • 4.12評価
    • (33)
    • (56)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 38レビュー
制作 : Jeffrey Archer  戸田 裕之 
  • 新潮社 (2013年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102161364

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェフリー アー...
高野 和明
トム・ロブ スミ...
ピエール ルメー...
ジェフリー アー...
宮部 みゆき
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
有効な右矢印 無効な右矢印

死もまた我等なり(下): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 時のみぞ知る、上巻、から続けて4冊読みました。うーん、面白い!アーチャーワールド健在。才能豊かな、運命に翻弄される主人公。いずれは結ばれる、人生のパートナーがいて、良き友と、悪役がいて…ストーリー展開はいつも一緒なんだけど、読ませるなあ。そして、それでどうなったの⁈という場所で、見事に、続く、にされたこちらはもう、どうしたらいいのー(゚o゚;;

  • 主人公ハリーと周りの人々の視点から平行して語られながら、ストーリー展開のテンポも早く、次々と現れる問題、成功と失敗、どきどきハラハラ、少しの遅滞もなく、次は次はと読み進んでしまう。

    早く次が読みたい。

  • またしても、先が気になる “to be continued” で終わってしまった!
    イギリス版大河ドラマといったところ。
    エマの勇気と知性が何よりも素晴らしい、憧れる女性像。
    これからどのように展開していくのか、想像もつかないけれど。

  • こんなにも人物を素晴らしい、憎たらしいと思えるほど入れこめる本作品、著者にただただあっぱれ。前作『時のみぞ知る』と同じく、次の作品を急いてしまうこの感覚は、読書家にとって堪らない瞬間である。

  • 戦時下に大西洋を渡り、渡米するエマには敵わないなと思わされました。エマの持ち前の頭の良さや演技力、粘り強さを活かしてハリーにたどり着くところ。ジャイルズの公平なものの見方も魅力。ハリーやジャイルズ、エマの活躍を見ていると、学ぶことの大切さも感じます。
    第7部まであるということで一層楽しみ。

  • 手に汗握る展開。あっという間に第二部の上下巻読んでしまった。

  • あっという間に下巻も読了。話が動きに動きめまぐるしいですが、次に話が残り、すぐに第三部を読みたくなります。

  • 10月-7。4.0点。
    第二次世界大戦へ突入。ハリー・ジャイルズも戦争へ。
    ヒューゴーは、闇へと進む。エマの活躍が凄い。
    あっという間に読んだ。第三部も楽しみだ。

  • うーん、引っ張るなあ。

  • 時代は第二次世界大戦に突入。金策に苦しむヒューゴーは過ちを重ね、ハリーの母メイジーとの取引を目論む。そのころ、エマが必死に行方を追うハリーは、予想だにせぬ場所で試練を迎えていた…。「クリフトン」シリーズ第2部。

    相変わらずページを捲る手が止まらない。ただこの第2部の終盤、物語の大きなヤマ場に差し掛かったところで、スピード感が少し失なわれたのが残念だった。クライマックスだから仕方ないのかもしれないが。それでも今後の展開に大きな期待は抱かされる。
    (B)

  • なんでこんなに面白いんだ?人生波乱万丈すぎる!ディーキンズが好きだけど、彼が出ていなくても面白い!ハリーかジャイルズどちらが跡継ぎか、決める所で終わった。第三部楽しみ!ディーキンズ出てこないかな、、

  • クリフトン年代記第二弾。時代は1939~1945年の第二次世界大戦まっただ中。ハリーは刑務所に入れられその後戦争に参加する。ジャイルズも戦争へ参加する。エマはハリーを探す旅に出る。それぞれ登場人物がバラバラになり、また再会する。ハリーは作家となり、ジャイルズは政治の世界へ入ろうとしている。この二作目では女性の活躍がすばらしい。

  • 英国紳士の一代記の第二部下巻。

    時代は1942年から43年、と45年。
    戦時下で主人公たちが翻弄されるので、終戦まで行くのか?と思いきや、最終章がいきなり1945年になりました。
    日本の小説なら、どこで、どのように終戦を迎えたのか、という点が終戦からの出発点になるのですが、戦勝国、しかも主戦場にならなかった国ならではの展開です。
    とはいえ、ラストは相変わらず第三部につづく的な終わり方です。
    ほぼ、登場人物がイギリスに再集合し、戦争に関係した端役や宿敵も退場したので、親友の間の利害関係が大きなヤマ場となってきました。

  • アーチャー先生、ありがとうございます。

  • 第2部は立志伝に加えておなじみ獄中記(おなじみ!)や権利をめぐる争いに歴史戦争ものとアーチャーの集大成のような内容だけど、やっぱり目を惹くのはヒューゴーの憎まれっ子世にはばかる悪運と、絶妙に上げて落とす急展開。やったぜ、ざまあみろ!

  • クリフトン年代記の第2部。「時のみぞ知る」の続編。上下巻に分かれているが、読む前からこんな短くていいのと思っていたら、続くだって。

  • うをぉぉぉ!!
    昨年末に読んだ「時のみぞ知る」に続く、クリフトン年代記の第二部。
    ということで、本作ですべて解決すると思っていた。
    のにのにのに~~!!
    読み終わって驚愕しました。
    まだ…  続くの…  ?!

    一作目に引き続き、ハリーは誰の子なの?という謎は残ったままです。
    第二部では、登場人物が全員バラバラになり、アメリカに行っちゃう者がいたり、戦争でドイツと戦う者がいたり…という展開になっていました。
    そして後半で、登場人物がイギリスに戻ってきて、遺産は誰の手に?!
    というところで終わってしまいました。
    これは第三部も読まないわけにはいきませんね。
    まだ出ていないようなので、心待ちにしたいと思います。
    それまでに内容を忘れないようにしないと!

  • いくら字が大きとはいえあっという間に読みすぎ。SFコンテストの作品とはベクトルが急角度で事なる、最高のエンターテイメントだよ。これは。、

  • 第2次世界大戦の時期、クリフトンとバリントンという2人の若者が同じオクスフォードから戦争の戦士として活躍。ただし、ハリークリフトンはアメリカに渡った際に間違って刑務所に入れられてしまった。ただその後その時間のあるところで刑務所日記を書き、それが思いもよらないベストセラーに。ただその後特殊工作員として欧州戦線へ。けがをして帰ったらバリントンの息子では無いかと爵位と財産を引き継げと言われたがそれを断るのも、大法院の判決がいるというイギリスらしいややこしさが表れる。、と言ったところがジェフリーアーチャーの獄中記や、議員や大法院と言ったところをよく知ったところと読者を引き込む筆力に思わず引き込まれる。またこの回も続くで終わって「おい!」と言ってしまいたくなる始末。早く読みたくなる書き出しですね。良いです。

  • 上下巻読みましたが…

    一巻の方が面白かった。
    残念…。

    でもまだ続きが気になるので3巻も読んじゃいそうだなー。

  • エマのハリーへの想いはがある決断へと導く。
    エマはハリーを追いアメリカへ。

    第二次大戦が終末を迎え、ハリーと親友ジャイルズもまた少年から大人へと大きな変容を遂げていた!

    金融界や政界へその野心をはばたかせたジャイルズとハリー。
    親友二人の運命と愛し合うハリーとエマの行く末を占う結末が・・・!?

    ええ~~~~
    次作へ続く(驚)!!こんないいとこで終わってしまったからには次作を待望!!

  • ★★★★人にどうか聞かれたら薦める作品

    続きが気になる。次巻はいつ発売だ?!

  • 2013.12.20
    えっこれで終わりじゃないの?
    予測がつく未来に、どんでん返しが散りばめられてる感じ。

  • 上下巻とも飽きもなく、どっぷりはまらせていただきました。
    こんなに感情移入できる作品も珍しいと思います。

  • こんな終わり方で次の出版を待たねばならないとは…

全38件中 1 - 25件を表示

死もまた我等なり(下): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死もまた我等なり(下): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死もまた我等なり(下): クリフトン年代記 第2部 (新潮文庫)の作品紹介

時代は第二次世界大戦に突入。金策に苦しむヒューゴーは過ちを重ね、ハリーの母メイジーとの取引を目論む。そのころ、エマが必死に行方を追うハリーは、予想だにせぬ場所で生死を賭けた試練を迎えていた――。「生きて再会したい」エマの願いは届くのか? やがて彼らは、英国中を巻き込む大論争の的となっていく。名誉や金への野心渦巻き、変化する人間模様。圧巻のシリーズ続編登場。

ツイートする