剣より強し(下): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)

  • 101人登録
  • 4.17評価
    • (15)
    • (26)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : Jeffrey Archer  戸田 裕之 
  • 新潮社 (2016年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102161425

剣より強し(下): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ソ連が葬り去ったババコフの著書のありかを知ったハリーは、モスクワに向かう。だが、そこに待ち受けていたのは異常極まりない国家の罠だった。一方、エマは宿敵と法廷で対峙することになり…。

    J.アーチャーの70歳を超えてもこのストーリーテラーぶりには感心するけれど、いまどきソ連の話をされても…。何だか登場人物たちの魅力が薄れていくような気がした。
    (C)

  • スターリンの伝記は出版の目を見るのか?そして裁判の行方と最後の遺書の行方は、アーチャ作品は期待を裏切らない面白さ。

  • イギリスの田舎の一族を描くクリフトン年代記第5部下巻で9巻目。

    本巻は1970年だけでした。
    メインはヴァージニアが訴訟したエマの裁判とハリーのソ連で逮捕され収容所にいる作者の著書の国外持ち出しで、大河ドラマというよりサスペンス小説でした。
    圧巻はエマとハリーの裁判のシンクロしているような構成で、さすがは大御所という感じです。
    ハリーのソ連退去にかけたリスクが見破れないところは完全にソ連を馬鹿にしていますが溜飲が下がりました。
    ハリーの記憶力のすごさは超人的ですが、記憶した著作の中にプーチンのおじいさんが出てきて頬が緩みました。
    エマの裁判のほうは時間に持ち越しで、またまたじらされる終わり方でした。
    一方、ジャイルズやセブは女性一筋というところもにやけてしまいましたが、往年のボケ悪役が退場という意外な展開もあり、ちょっとマンネリ化していた感じもありましたが、やっぱり一気読みさせられるところは作者のパワーを感じます。

  • 三連休もあり、育児の合間を利用して早めに読了できました。セブの今後が一番気になる。早く第6部が出てほしいです。

  • ハリーが再度モスクワに潜入してアンクルジョーを入手しようとしている。 その一方でレディバージニアの訴訟にエマはどう対応するか、結構面白い展開。 セブは分かれたサマンサにまだ未練があり、会いに行き、ジェシカという彼女の娘を見てしまう。 まさに死んでしまった妹の生き写しであった。こちらも今後の展開はまだどうなるかもわからない。
    どんどん膨らんでいく展開に次は?いつでるの?で終わってしまった。 

  • ハリー、エマ、ジャイルズ、セバスティアンそれぞれを軸にストーリ-があり、それが絡み合い、山があれば、すぐに谷がきて、相変わらずのジェットコースターの様な展開で、息つく暇も無く、読まされ、心踊らされる。

    紙がなくて、ハリーがトイレットペーパーにも書き写したとあるが、インクであまりにじまないトイレットペーパーは現在の日本では想像できない。1970年頃はどうたっだだろう。。。

  • 前作で色濃くなったコン・ゲーム色は今回も同じ。むしろ、前作よりも洗練されてより面白くなった気がする。

    第5部は1964年~1970年まで。この間、主要キャストの身に色んなことが起こる。まんべんなく起こる。大河ドラマからサスペンスに完全にシフトチェンジしてますね。そして本作品ではサスペンスに社会的要素が加わっている。これは作中の年代が現在に追いついてきたからでしょう。後半のハリーを取り巻く展開は緊迫していて面白かった。タイトルの意味にも納得。

    復讐劇の方も読み応え抜群で、企業買収から名誉毀損の訴訟まで行きつく間もなく襲ってくる。些細な判断ミスがのちに大きな災難となって返ってくるようで、立派な一族でも時にはやらかしちゃうんだなーと、人間臭さも垣間見えて味わいも深まった第5部でした。

    予定では全7部。でもそれぞれが公私共に抱えた問題は残り2部では解決できなさそう…。

  • 今回も面白かった。
    ハリー、ジャイルズ、エマ、セヴァスティアンそれぞれのドラマがどれもこれも目を瞠る。本から目を離すことが惜しいぐらいにのめり込む。
    良いところで終わったので、次作が待ち遠しい。
    英語ではすでに次が出ているっぽいから、早く日本でも出版して欲しい!

  • 感想は上巻で

  • とにかくハラハラしっぱなしだった。悪党がとことん悪党でイライラするけど、ハリーの一族の行動力は読んでいて清々しい。ああ、第6部まであと一年待つのか。

全13件中 1 - 10件を表示

ジェフリー・アーチャーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
池井戸 潤
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
高野 和明
三浦 しをん
ジェフリー アー...
池井戸 潤
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

剣より強し(下): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

剣より強し(下): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

剣より強し(下): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

剣より強し(下): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

剣より強し(下): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)の作品紹介

ソ連が闇に葬り去ったババコフの著書『アンクル・ジョー』のありかを知ったハリーは単身、モスクワに向う。だが、そこに待ち受けていたのは異常極まりない国家の罠だった。一方、エマはバリントン海運社内の危機を抱えながら、宿敵ヴァージニアに起された名誉毀損訴訟の法廷に立つことに。はたして全ての真実が語られる日は来るのか。希望と絶望が交互に押し寄せる驚愕の新展開!

剣より強し(下): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする