永遠に残るは(上): ―クリフトン年代記 第7部― (新潮文庫)

  • 38人登録
  • 4.25評価
    • (7)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Jeffrey Archer  戸田 裕之 
  • 新潮社 (2017年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102161456

永遠に残るは(上): ―クリフトン年代記 第7部― (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レビューは下巻にて。

  • 結局、このシリーズは電子化されなかったので、最後まで紙の本を読むことになった。

  • 下巻読了後に感想

  • ハリーとエマの夫婦の最終章。お金があってもなかなか全てがハッピーにはならない証明。全体の感想は下巻へ

  • 読了。シリーズ全体として満足と言うことで☆5つ。この第7部に限って言うと、まあ面白いんだけど、イベントが小粒で、これまでの壮大なストーリーの締めくくりにはやや蛇足感がある。ずっと読んできた身としては、最後の演説のあたりは胸に来るものがあるのはさすがのアーチャー節だったが、とくにこれまでの伏線を回収したという話でもなく、「その後の話」みたいな趣だった。

全5件中 1 - 5件を表示

ジェフリー・アーチャーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェフリー アー...
トム・ロブ スミ...
トム・ロブ スミ...
ジェフリー アー...
有効な右矢印 無効な右矢印

永遠に残るは(上): ―クリフトン年代記 第7部― (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

永遠に残るは(上): ―クリフトン年代記 第7部― (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

永遠に残るは(上): ―クリフトン年代記 第7部― (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

永遠に残るは(上): ―クリフトン年代記 第7部― (新潮文庫)の作品紹介

ハリーはバッキンガム宮殿で爵位を授けられた。新首相マーガレット・サッチャーから閣僚に任命されたエマ。選挙では敗れたものの、遂に家庭の幸福を得たジャイルズ。彼らの人生は、それぞれに頂点を迎えようとしていた。一方で執拗に復讐を目論み、金に執着し続ける亡者たちの動きはやまないが、彼らにはそれぞれの陥穽が待ち受けていた。人間の美醜賢愚を描き抜いた空前の大河小説、最終巻。

永遠に残るは(上): ―クリフトン年代記 第7部― (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする