殺意 (新潮文庫 フ 12-3 名無しの探偵シリーズ)

  • 13人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 高見 浩 
  • 新潮社 (1980年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102163030

殺意 (新潮文庫 フ 12-3 名無しの探偵シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 今回は、ロマンスもアクションもオプには有りませんが、相棒が居るのがいいですね。

  • 新潮文庫から出ていたシリーズは読んでいたが、この後版元が徳間文庫に変わってからは読まなくなってしまったはず。ずっと後に講談社文庫からも出ました。

  • 「名無しの探偵」シリーズはプロットとキャラクターがしっかりしているので、安心して読める。
    実際の事件は解決までこんなに短時間じゃないとは思うものの、それが瑕疵になることはない。
    濃厚な時間を持った作品。
    最後、ちょっとしたどんでん返しがあるけれど、現実はそんなものなのかもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

殺意 (新潮文庫 フ 12-3 名無しの探偵シリーズ)を本棚に登録しているひと

殺意 (新潮文庫 フ 12-3 名無しの探偵シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

殺意 (新潮文庫 フ 12-3 名無しの探偵シリーズ)はこんな本です

ツイートする