爆魔〈下〉 (新潮文庫)

  • 27人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Brian Freemantle  松本 剛史 
  • 新潮社 (2004年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102165508

爆魔〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新潮文庫からのフリーマントルは今年2作目、春にでた「城壁に手をかけた男」ではチャーリー・マフィンも未だ健在、更に生き残りの冴えをみせる。

    こちらは、FBI捜査官ウイリアム・カウリーとモスクワ民警の刑事ディミトリー・ダニーロフがタッグを組んで米ロにまたがり捜査に臨むシリーズものの3作目。

    今回は極右テロリストと武器を供給するロシア・マフィアを敵にまわし奮闘するのですが、さすがフリーマントル、相変わらず面白いです。

    この作家、飛び切りずば抜けた快心作もないけど、常に及第点以上の作品を提供してくれる。冷戦終結後(いつの話やという感じ)、かつてのレベルを維持できず凋落していく作家が多い中で、未だ気を吐く貴重な存在。

    今年2作目を供給してくれた新潮社にも感謝。でもこのタイトル(「爆魔」)は、ヒドイ。もうちょっとね、何とかならんかったものか。

全1件中 1 - 1件を表示

ブライアン・フリーマントルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン フリ...
ブライアン フリ...
ブライアン フリ...
ブライアン フリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

爆魔〈下〉 (新潮文庫)の作品紹介

国防総省のコンピューター・システムがサイバー・テロによって崩壊した。商務省、農務省などの政府機関のシステムも一斉にクラッシュする。不気味な犯行声明が送りつけられるが、犯人の意図は依然として不明。そんな折、爆弾テロはモスクワをも襲った。カウリーは至急、現地へと飛ぶ。事件の背後に見え隠れする邪悪なロシア・マフィアの存在。そしてアメリカとの驚くべき接点とは。

ツイートする