小さな星の奇蹟 (新潮文庫)

  • 48人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (1)
    • (14)
    • (4)
    • (2)
  • 6レビュー
制作 : Mary Higgins Clark  宇佐川 晶子 
  • 新潮社 (1999年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102166147

小さな星の奇蹟 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • サスペンス。でも予定調和の勧善懲悪話。大衆的すぎ物足りない。M女史より。

  •  図書館で借りました。

     なんとなく借りました。
     あおり文句は「ハートウォーミングなクリスマス・サスペンス」
     面白かったけれど、まだるっこしい気もしました。シリーズ物をいきなり中途巻から読んだのもちょっと悔しい。

     クリスマスの日に捨てられた赤ん坊は「星」といういみでステッツリーナという名前をつけられて、育てられる。父親だと思っている男は、実は彼女を間違って連れ帰ってしまった泥棒で、大きくなってきた彼女を麻薬の配達に使おうと狙っている。そんな男から守ってくれていた大叔母さんは病気で入院。さて、ステッツリーナはどうなるのか?
     という物語なのですが、そうは見えません。
     主人公はステッツリーナではなく、複数の事件を抱えた素人探偵だから。
     

  • もうすぐクリスマスというこの季節に良い作品を読んだ、一応ミステリーだが本当に心温まる、最後に泣ける良い作品。

  • ミステリーあんま読まないけど、この本の内容は頭に残ってるな。
    クリスマスで色々だよね。
    面白かったっけな。

  • 少し読むと、結末が見えてきてしまい、マンネリかな。でも、結末がわかっているのに読んで感動して泣いてしまう。

全6件中 1 - 6件を表示

小さな星の奇蹟 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小さな星の奇蹟 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小さな星の奇蹟 (新潮文庫)はこんな本です

小さな星の奇蹟 (新潮文庫)のCD

小さな星の奇蹟 (新潮文庫)のハードカバー

小さな星の奇蹟 (新潮文庫)の学校

ツイートする