魔が解き放たれる夜に (新潮文庫)

  • 37人登録
  • 3.27評価
    • (2)
    • (1)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : Mary Higgins Clark  安原 和見 
  • 新潮社 (2004年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102166208

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
メアリ・ヒギンズ...
パトリシア・コー...
東野 圭吾
宮部 みゆき
三浦 しをん
パトリシア・コー...
メアリ・ヒギンズ...
メアリ・ヒギンズ...
メアリ・ビギンズ...
メアリ・ヒギンズ...
有効な右矢印 無効な右矢印

魔が解き放たれる夜に (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ただただ長くて途中でダレてしまう

  • 幼い頃に姉を殺され、その後家庭がバラバラになってしまう。
    その犯人ロブが保釈される そうはさせるかという意気込みのエリー
    最初から犯人がわかっているタイプのサスペンスなんだけど追い込んでいく過程にどきどきしました。途中もしかしてロブが犯人ではないのかも?と思わせるところもありましたが じわじわと証拠をつかみ迫っていく過程が本当におもしろい
    一日でサラッと読めるのもよかったです。

  • 個人的な理由で、どうにもテディの存在に引っかかりを感じてしまうのはおいといて。幼い頃殺された姉への贖罪、そして過去への償いと反撃。ヒロインの軸がブレないので安定して読める。あと、犯人の悪もブレないので安心。

  •  クラークです。も、どんな状況、どんな設定だろうが、水準以上のものはもってくる、こうなると職人ですなぁ。
     今回のクラークは始めての一人称だそうで。そーいわれてみればそうだなと思うんだけど、あまりにも違和感ないので…っていうのはどうなんだろうねぇww
     姉を惨殺した犯人が保釈になった。犯人は未だに犯行を認めておらず、妹はその証拠を探し始める。って話なんだけど、ここまで「犯人」と断言されて、ネットで実名で糾弾されるっつーのには、賛成しかねるんだが、クラークのヒロインなのでぎりぎりのラインで好感度を保っている。でもって、やっぱり脇が上手い。弟や、父を、微妙なさじ加減で使ってる。
     読み終わって冷静に分析していくと、???な部分もないわけじゃないが、ま、そんな小さいことは気にしちゃいけないさww

  • 08/9/14 ★★★
    うーむ

  • どうもミステリーというのは、一過性のエンターテイメント的要素が強いようで、一度読んだらそれまでという読者は少なくないようだ。
    「ご自由にお持ち帰りください」ボックスの中にも、ミステリーの類はごっそりと入っていたし、これまで友人や知人から「もう読み終えたから」と回ってくる本の中にもミステリーが占める割合は多かった。
    かくいう私も人に回す本は圧倒的にミステリーが多い。
    それに比べて文学作品やノンフィクションは、手元に置いておきたいと思う。
    何かの時にもう一度、ページを繰ったり、気になる表現を読み直したり…
    そういうわけでこれもSLOな日々のavocadoさんから回ってきた作品。
    彼女もこれは友人から回ってきたんだそうだ。
    基本的にミステリーは積極的に購入して読むほうではないので、いたってミステリー作家には疎いが、このクラークはアメリカでは人気のミステリー作家だという。
    そういえば図書館にも何冊かあったように記憶している。
    ベストセラー作家といわれるだけあって、本格的なミステリー展開は一気読みの醍醐味を与えてくれる。
    非常に視覚的で、映像化がされていると容易に想像できる。
    実際に映画化されているかどうかは定かではないが…
    アメリカのティーンの生活ぶりが根底にあり、そこから事件が起こるのだが、実際に高校生の日常を目にしていると、こういうことが起こっても不思議はないような気がしてくる。
    高校生が普通に車を乗り回し、パーティに出かけ、デートをする。
    もちろん、その多くは実に健全だが、一歩間違えばいくらでも悪魔の手が伸びてくる。
    そしてその手を差し伸べているのは、ほかでもない幼いときからの家庭環境だったりする。
    そういう意味ではある種の社会派ミステリーとも言えるような気がした。

  • 実はM.W.ウォーカー著と思い借りたんですが、違った!!
    でも、物語は読み出すと止まらなくって・・・面白かったです。
    姉の死によって別れる事になった父親と再会し、絆を取り戻し、自分の人生も取り戻す。
    そんなお話でした

  • 本当に、怖い。恐ろしいの一言に尽きる。読んだ後1日中背後が気になって仕方が無かった。

全8件中 1 - 8件を表示

魔が解き放たれる夜に (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔が解き放たれる夜に (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔が解き放たれる夜に (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

魔が解き放たれる夜に (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする