羊たちの沈黙〈上〉 (新潮文庫)

  • 464人登録
  • 3.79評価
    • (26)
    • (62)
    • (36)
    • (6)
    • (2)
  • 32レビュー
制作 : Thomas Harris  高見 浩 
  • 新潮社 (2012年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102167083

羊たちの沈黙〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サイコサスペンス。ミステリ。
    クラリスとレクター博士の会話が面白い。
    『森博嗣のミステリィ工作室』によると、『すべてがFになる』の冒頭は、この作品に影響を受けているらしい。
    森博嗣ファンとしても興味深い作品。下巻にも期待。

  • 難しい文章じゃなくてほっとしている。
    レクターが難しそうな話をしているイメージがあったので。

    レクターの周りの人間が不気味。レクターの人を壊す方の力が、立ち直らせる力になったら近くの牢の人が救われただろうに。

  • 真似してサンタマリアノヴェッラに行ってしまった。笑

  • クラリスとハンニバルの邂逅。なぜハンニバルがクラリスに結果としてあれほど執着するのかはここではまだ分からず。バッファロウビルの捜査を通じて事態は走り出す。

  • 映画は見てない。

    「ハンニバル」のほうになると作者のハリスおじさんの個人的嗜好がかなりすけて見えてくるのだが、羊たちの沈黙単体ではすごく出来の良い、良質なミステリーだと思う。

    2017年の時点で初めてこの本を読むと、さほど新しみは感じない(プロファイルとか、囚われの犯罪者との探り合いとか)けれど、出版当初は斬新で、その後の多くのシリーズの下敷きになったことがよくわかる。

  • 読みにくい。理解しにくい。途中で嫌になった

  • 映画は見たことあるけど、原作を読むのは初めてー。
    やっぱり面白い!
    『レッドドラゴン』も好きだったけど、これも違った感じで好き。
    一気に読める。

    だいたい映画は原作を越えられないんだけど、
    このハンニバル•レクターの威圧感とオーラみたいなものは、映画のアンソニー•ホプキンスの方が小説のキャラよりも遥かに怖い。
    やっぱりオスカー取るだけあるなー。

    下巻も楽しみ。

  • 2016.6.20
    レクター博士が意外と温厚、暴れるのかと思った
    心理描写が少ない
    まゆ?

  • アンソニー・ホプキンスと重なる。
    先に本を読んだら、別の印象になるだろうか・・

  • 再読。
    久しぶりに読んでも面白い。新しい発見も多々あり、退屈することがない。ゆっくりと味わいながら読んでいるので少し時間はかかるけれど、下巻もじっくり味わいたい。

全32件中 1 - 10件を表示

トマス・ハリスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

羊たちの沈黙〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

羊たちの沈黙〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

羊たちの沈黙〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

羊たちの沈黙〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

獲物の皮を剥ぐことから"バッファロウ・ビル"と呼ばれる連続女性誘拐殺人犯が跳梁する。要員不足に悩まされるFBIが白羽の矢を立てたのは訓練生クラリス・スターリング。彼女は捜査に助言を得るべく、患者を次々に殺害して精神異常犯罪者用病院に拘禁されている医学博士ハンニバル・レクターと対面するが-。1980年代末からサスペンス/スリラーの潮流を支配する"悪の金字塔"。新訳。

ツイートする