雪のひとひら (新潮文庫)

  • 853人登録
  • 3.74評価
    • (76)
    • (92)
    • (92)
    • (20)
    • (6)
  • 103レビュー
制作 : Paul Gallico  矢川 澄子 
  • 新潮社 (2008年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102168059

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
東野 圭吾
ポール ギャリコ
三島 由紀夫
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

雪のひとひら (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • すべてが美しい詩のような作品。

    平凡な女性の一生とは、ちっとも平凡じゃない。
    幸せの形はみんな違うけれど、
    目を凝らして、耳をすまし、心を動かすことは
    豊かな一生の過ごし方だろう。

  • 一人の女性の一生を雪に例えた童話。

    誰もが一度は思う『 自分の生まれた意味 』を
    探すお話。

    ひとつひとつのの言葉が綺麗で優しい。

  • 本書は、雪のひとひら(Snowflake)として生まれた女性の一生の物語である。

    彼女は、折に触れて自分の存在の意味について問うている。

    生まれた瞬間から思っていたのだ。

    「あたかも、ふかい眠りからさめたときの感じにそっくり」で、
    「ついいましがたまでどこにも存在しなかったこの身」のことを彼女は問う。

      わたしって、いまはここにいる。

      けれどいったい、もとはどこにいたのだろう。

      そして、どんなすがたをしていたのだろう。

      どこからきて、どこへ行くつもりなのだろう。

      このわたしと、あたりいちめんのおびただしい兄弟姉妹たちをつくったのは、
      はたして何者だろう。

      そしてまた、なぜそんなことをしたのだろう? (p.7)

    彼女は、同時にさびしさを感じてもいる。

      どちらをむいても、わたしとおなじ、
      生まれたばかりの雪の兄弟姉妹がこんなに大勢いるのに、
      それでいてこんなにさびしくてたまらないなんて。 (p.8)

    そして、そのさびしさをつつみこむ存在があった。

      雪のひとひらは、何かこうなつかしくもやさしい思いやりのようなものが、
      身のまわりをすっぽりつつんでくれていることに気がついたのです。

      だれかがこちらのことを気づかっていてくれるらしく、
      その感じがほのぼのと、こころよく、
      雪のひとひらの全身に、くまなくみちわたりました。 (p.9)

    大いなる問いとさびしさとつつみこむものが、この物語には常に存在するように思われる。

    彼女は、「おのれというものの秘密」を知りたいと思う。

      この身をつくりだしたのは、はたして何者なのか。

      どのような目的があってのことなのか。

      また、このしみじみとした、
      心なぐさまる思いはどこからもたらされるのか。 (p.9-10)

    この問いは、彼女の雪のひとひらとしての一生を貫くものである。

    「何をめあてで行なわれていることなのか」を苦しい時にもまた問うのである。

    どんなときにも何のために誰のためにを考え、
    役に立ちたいと願う彼女は、とても健気な存在でもある。

    深くうずもれ、見捨てられたように感じられるときも、
    今のところ忘れられているだけなのだと信じ、
    自分をいつくしんでくれているその人に訴えかけるのである。

    季節が変わると雪のひとひらは自分の姿が変容していることに気づく。

    彼女は「走りはじめた」ときはそれに気づかない。

    「走りつづけながら」それに気づくのである。

    結晶を持ち、個として存在していた彼女は、
    流動するものになってからも個を持ち続けている。

    周りと同じようでいて確かに違う存在である。

    そして、流れていきながら、またあの孤独感を感じる。

    仲間に取り囲まれているのにさびしいというあの孤独。

    誰も自分のことを気にかけてはくれないし、
    どうなろうときっとどうでもいいのだと思ってしまうとき。

    これは、私たちにも覚えのあるものなのではないか。

    そのとき彼女は出会う。

    自分を個として見つめ、認めてくれる存在に。

    生まれてすぐに孤独を感じたときにつつんでくれた存在とは異なり、
    ここで現れるのは、自分と同じく個を纏うものである。

    雪のひとひらは、この相手にも、根源的なことを問う。

    彼女は、あの問いを忘れていないのだ。

      ね、だれがわたしたちをつくったのかしら。

      わたしたち、なぜふってきたのかしら。

      どうしてここに送られてきたのかしら。

      あなたはどう、だれかが自分のことをいろいろと思いやり、
    ... 続きを読む

  • 雪のひとひらの一生を、詩的に表現力豊かに描いている。雪のひとひらが空に生まれてから、また空に帰るまで、穏やかさの中に、大きな愛と深い哀しみが満ちあふれている。

  • 「猫語の教科書」が面白かったので2冊目のギャリコ。

    主人公は雪の結晶
    雪のひとひら

    雪のひとひらを通して女性の一生が描かれている

    何のために生まれたのだろう
    何のために生きているのだろう

    あたたかい 美しい おそろしい すてき 幸せ くるしい 悲しい 好き お日さま ありがとう 春 大冒険 おだやかな日 出逢い 寄り添い 喜び 慈しみ わかれ ほほえみ 旅立ち おびえ 甘やかな夢

    いろいろな感情を得て人は生きている

    雪のひとひらの綺麗な喋り言葉がすてき
    カバーの写真も装幀も挿画もすてき

    ゆっくりと読みたい一冊

  • 何のために生きているのだろう、を描いたお話。

    読んでいて、「どうして周りの人とは会話しないのだろう」と思ったのだけれど
    あとがき等を読んでいて、ひとひらは自分のことを自分だけのものとして考えているんだ、と
    すっかり周囲と比べることになれている自分に恥ずかしくなりました。

    とても綺麗な、世界を愛せるような言葉選びでした。

  • 男の人には共感してもらえない作品だろうなあ、と読み終えて思いました。
    この静かで、全体的に柔らかく、時折訪れる危険な障害など、特に結婚されている人には感じるものがあるんじゃないかなと思います。
    少女時代、好きな人ができて、子供が生まれる。夫の死、子供が旅立ち、静かな孤独の内の死。
    誰の為に、どうして、私がいても意味があるのか。
    社会的ではない自分の存在意義というものは、女の人は無意識に考えるものではないでしょうか。

  • 寓話性が強く、タイトル通り雪の結晶のひとかけらを擬人化して、彼女が最後に蒸発するまでの人生(?)が童話ちっくに描かれていて、それはそれで童話として面白かったんですけど、解説でこれを「女の一生」の寓話化だと断言してあって、それでいっきにシラケました(汗)。確かにそういう読み方もできるだろうけど、それだけみたいに言われるとちょっと微妙。もっとコスモロジカル(?)な視点で私は読んだので、いきなり地に引きずり下ろされた気がしてガッカリでした;

  • 好き。ドキドキする。挿絵も可愛い。いつかこれをあげても恥づかしくないと思える人と親しくなれたら贈りたい。

  • 何となく惹かれて手に取りました。
    雪のひとひらの一生が描かれた作品。

    人生のどこにいるかで受け取り方が変わってくる本なのだろうと思います。
    年を重ねてから、また、読みたいです。

  •  空から降りてきた雪の結晶が、長い旅を経て再び空へと還るまでの道のりを、女性が生まれてから死ぬまでの一つの人生として重ねて描いている小説。一生を描くとはいっても一大長編という訳ではなく、あっけないと言うほどに短い。
     人の人生をあっけないとは無粋だが、客観的に見た人の一生なんてものは、それこそ雪が降りまた蒸発してゆくのと同様非常にありふれていることでもある。それゆえに、小説内に出てくる雪の結晶は、自分が存在する目的についてひたすら考える。「何をめあてでおこなわれたことなのか。そして、だれがだれのために役立てばよいというのか。」と。
     でも、その答えは得られぬまま、彼女は死期を迎えてしまう。人間が、神の領域とまで言われた(誰が言ったかしらないが)DNAや、宇宙の誕生を解き明かそうとする努力も、彼女が発する疑問と似たものなのではないだろうかと思う。そしてそれは、究極的な意味では当分解明されそうもない(DNAは分かってるよと誰だったか偉い人は言っていたけど)。あるいは、人間という枠の中にとどまっている限り、それを想像した側の意図など永遠に分からないのかもしれない。
     だけど、当然ながらそれが分からないことがその人の一生を無意味なものにするはずは無い。現に、雪の結晶がその生きる意味について悩むのは主に序盤とラストであり、ほかの場面では夫たるしずくや子供の身を何よりも案じている(女性心が分かるわけではないが、女性の強さというものなのだろうか)。対照的な二種類(序盤ラスト⇔それ以外)の場面だが、本質は同じところにあるように思える。自分が想う&想ってもらえる存在があってくれること・・・ではないだろうか。そうして関わった相手が、「だれのために役立てばよいというのか」という彼女自身の問いに対する答えであり、もしもそれよりも大きな目的があるのだとすれば、それは天に昇るその時に明かされるのだと思う。

  • 男の人が書いてるって思えないくらい女性的で繊細なんだよね、文章が。
    ちなみにこの雪のひとひらは雪のひとひら=結晶的なものが主人公で、それを女の人の一生にあてはめてるお話。
    雪のひとひらは最初空の上で出来てひらひらと落ちてきて、雪の上に積もって、雪だるまにされてさらに雪が積もって深く下にもぐり、春が来て雪解け水と一緒に流されて、しずくと結婚して子供が出来て、途中都会の下水に入ってしまって火事を消す水に使われ、でも生き残ってまた川に戻り…ってな感じで多少ファンタジーもこめつつも人の一生っぽく書いてありました。
    犬とか猫を擬人化するんじゃなくて雪の結晶だからかすごい表現が綺麗で落ち着いて見れるのです。

  • 雪の降る夜が待ち遠しくなる物語。
    まるで詩や絵本を眺めているような豊かな情景が広がる。

    主人公「雪のひとひら」に投影されたのは女性の一生。

    なぜうまれてきたの?私をうみだしたのは誰?疑問に思いながら、彼女は仲間たちと一緒に空から舞い降りる。試練を乗り越え、最愛の伴侶を得、家族と共に長い旅に出ます。穏やかな湖の生活、淀んだ排水溝を行き、炎と戦い、そして最愛のひととの別れ。孤独。
    そして最後に想うのも、自分の存在の意味。

    普遍的に存在する「自分の存在の意味」の問いかけ。具体的な解決策ではないけれど、はっと気づかされる言葉がたくさんありました。

    幼いころ、手袋にくっついた小さな雪の結晶に見入っていた自分を思い出す。あの頃買ってもらった、雪の結晶の写真集は、今どこにあるだろう…同じものは一つとして存在しない雪の結晶。わたしという存在も唯一無二なんだよね。。

  •  とても美しい寓話。一人の女性の一生を描くのに、「雪のひとひら」を擬人するというのが美しい。理屈で考えてしまうと、いろいろと引っかかってしまう所がないわけではないのだけど、それ以上にじわりじわりとこみ上げてくるものがある。

     ずっと昔読んだときには感じなかったことがいくつかある。

     ひとつは、「老い」というものを甘ったれて書いていないこと。ここで書かれている老いは、厳しく孤独で苦しく寂しい。昔はあんまり認められなかったことだったのかも知れないけど、今は逆に、それが本物に思える。
     だからこそ心に残ったのは、神について。こんなに神が大きな登場人物として現れてくる印象はなかった。最初と最後がそれでつながっていて、上に書いた「老い」のことがあるが故に、ラストの1行は本当に心に迫ってきた。

     いろんな人に、大事に読んでほしい本だと思う。
    2008/12/28

  • 悲しくて切ないけれど同時に凄く美しい物語でした。色の描写がとにかく秀逸。ギャリコの作品は結構キリスト教思想が反映されていたりするのですが、この作品は全ての人間に共通するテーマを書いています。(生きること、自分の存在について等)また短い文章なので、読者初心者にもおすすめです。

  • 女性の一生を、雪のひとひらにたとえた物語。誰の人生にもある幸せなときと、いつかは訪れるお別れのとき。そのすべてを、美しく詩的な文章があたたかく包み込んでくれるようなお話。読んでよかったです。

  • 今の時期にはぴったりの一冊。

    「雪のひとひら」という女性が生まれ、「雨のしずく」という男性と出会い、愛し合い、子どもが生まれ(!!)、やがて夫に先立たれ、自分も命の最後の時を迎える。
    解説には「女の一生」の物語、とある。
    もちろん、そうなんだろうけれど…、
    私には、彼女が自分が何のために生まれ、生き、天に召されるのかを問いかけるところが印象深い。
    キリスト教的な感じはあるけれど、生の意味を問いかけるその真摯さに胸を打たれる。
    自然の描写は、とにかく、美しい。

    雪が地上に降り、川に入って冒険していくあたり、『しずくのぼうけん』を思い出さずにはいられなかった。
    だから、美しい雪のひとひらが汚れていくのか?とか、いろいろ予測してしまって、ちょっと純粋には作品に入り込めなかった。

    最後に、言葉について。
    「のこんの」=のこりの。
    「のこんの雪」のような決まりきったフレーズ以外で、初めて見た。

  • なんだろう。
    雪なのに心情とか設定とか人間味がありすぎて。突然始まったラブストーリーにも困惑。
    言いたい事は分かるけどイマイチ…。
    この手のお話は江國香織さんが天才だと思う。

  • この一冊には人生がギュッと詰まってるなぁと、思いました。ギャリコは女性なの?と思ってしまうほど、リアルに描かれた心情。
    生まれてきて、自分が何者なのかを考えて、いろんなことを経験し、結婚して、子供を産んで、子供が独立し、夫に先立たれ、自分もひっそり死んでいく。
    儚い。儚いけど美しい。それがギャリコの描く『雪のひとひら』。
    はっきりとした答えはないけれど、生きていく意味を教えてくれる、そんな1冊

  • 雪のひとひらの誕生から死までを描いてある作品。主人公である”雪のひとひら”は女性であり、誕生から結婚、子どもの誕生、夫の死、子どもたちとの別れ、死までの走馬燈を綴ってある。一番印象に残ったのは、子どもの誕生と夫の死の場面。人間に置換しても違和感を感じさせない書き方は素晴らしい。ページ数が少ないので、日常に疲れている方に読んで頂きたい作品。

  •  雪のひとひらの誕生から死までを自身の目線から描いた、女性の人生の物語。美しい自然に心ときめかせたり、楽しい景色に心踊らせたりしながら、恋愛したり、苦難を乗りきったり、死別したり、巣立ちを見送ったり…人間の女性に通ずる過程を雪のひとひらも経験するのだけど、そこには決して傲慢さがなく、与えられた命を静かに享受する姿にとても心が洗われた気がする。そして、自分の存在意義や生まれてきた意味の答えに雪のひとひらと一緒に導かれていくラストは、本当に読んで良かったと思えるほど素敵だった。

  • この世に生まれた意味とは?

    誰だって考えたことがあるはずで、でもその意味を定義することはかなわない。

    みんな、誰かの言葉に納得したり反発したりするだけで、本当に自分が生まれてきた意味を自分自身で見つけることは難しい。

    でも、考えることを諦めないで毎日を煌めいて生きていたいあなたに贈る一冊。

  • P.ギャリコの「トマシーナ」「雪のひとひら」を読んだ。
    あとがきが興味深い。女にとっての絶対的な存在は、やはり男性神、であるというところ。逆に男にとっての絶対的な存在は地母神的なもの、というのにも、非常に同感。

  • 雪の姿に託して女の一生を描いた、というのはひとつの読み方であって、なにかを語るための比喩としてではなく単純に雪のひとひらの一生をうつくしく描いたものとして読むほうが好きだなと思う。

  • 雪のひとひらをとある女性になぞらえて一生をたどる物語。読んでいる間、ずっと穏やかで優しい空気がずっと漂っていた感じ。ちょっと緊迫した場面もあるけど、それがまた分かりやすくて、しっかりどきどきしながら読むことができた。短いけれど、とても心に残る良い物語だった。

全103件中 1 - 25件を表示

雪のひとひら (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雪のひとひら (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪のひとひら (新潮文庫)の作品紹介

ある寒い日、雪のひとひらは生まれた。地上に舞いおりたときから、彼女の長い旅がはじまった。伴侶となる雨のしずくとの出会い、新たな命の誕生。幸福なときも試練のときも、彼女は愛する者のために生きた。やがて訪れた、夫との永遠の別れ、子どもたちの門出。雪のひとひらは、その最期の瞬間、自らの生の意味を深く悟る-。自然の姿に託して女性の人生を綴る、優しく美しい物語。

雪のひとひら (新潮文庫)の単行本

雪のひとひら (新潮文庫)の文庫

雪のひとひら (新潮文庫)の単行本

ツイートする