チャイルド44 上巻 (新潮文庫)

  • 2158人登録
  • 3.78評価
    • (227)
    • (374)
    • (312)
    • (51)
    • (8)
  • 307レビュー
制作 : Tom Rob Smith  田口 俊樹 
  • 新潮社 (2008年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102169315

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
東野 圭吾
トム・ロブ スミ...
村上 春樹
湊 かなえ
トム・ロブ スミ...
トム・ロブ スミ...
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ずーーと読みたかったこの本。やっと読んだ~。
    とりあえずは上巻。

    これ、おもしろい。
    舞台は旧ソビエト。スターリンの時代です。
    読む前は「なんか難しそうだな~」と思ったけど、なんのなんの。
    とっても丁寧に書かれて、翻訳もわかりやすく、日本の警察小説を読んでるような感じ。

    なんでも、国のままにならないと、無罪でも処刑・重刑され、濡れ衣もきせられ左遷される。家族にも害が及ぶという正に共産主義な支配下に置かれた主人公が、シリアルキラーの真相に挑むという大スケールな話。

    読んでて、このソビエトという国の支配にムカムカさせられたことか。

    上巻のほんとの最後のほうで、やっと本編に入るような展開になってるけど、でも十分面白い。
    下巻が楽しみだ~!

  • いやー、殺人鬼なんかよりスターリン時代のソ連怖すぎる。
    上巻はほぼまるごと当時のソ連の社会描写に費やされている。
    「国家は正しい」(しかも科学的にそれは証明されている!)という理念が前提とされ、それを少しでも揺るがすものはたとえ現実であっても「間違っている」とされる。
    だから捕まえた容疑者はすべて犯人(自白するまで拷問するから)だし、それを覆すような証言は存在しない(そんな証言をするのは犯人の仲間だから)。
    主人公は国家保安省の高官として、そんな社会に多少の疑問を抱きながらも「「より大きな善」のために「犯罪者」を捕まえる日々を送っていた。
    この主人公が送る日々の描写が素晴らしい。
    ソ連時代の恐怖政治については多少知ってはいたけれど、こんなに生々しく描かれている物語は初めて。
    下巻も楽しみ!

  • 1980年代に女子供50人を殺したチカチーロ事件に着想を得て、1950年代のスターリン政権下のソビエトを舞台に描いた作品。このミス2009年版海外部門第1位ということで読んでみる。

    殺人鬼よりも、とにかくソヴィエト社会が前提としている不文律が恐怖。
    ソビエトでは平等の社会が実現しているので犯罪は起こり得ない。
    もし犯罪を犯す者がいるとすれば、それはソヴィエトの体制の埒外にいる者で、排除しなければならない。

    この不文律が人々の日常生活に恐怖と不信を植え付けます。
    硬直した社会システムが無実の人々を殺していきます。真面目に仕事をしていても嫌疑をかけられたが最後です。なぜなら国家に捕まえられた容疑者はすべて犯人だから。それは自白するまで拷問するからです。それを覆すような証言は存在しません。そんな証言をするのは犯人の仲間だからです。魂を切り売りして心を殺さなければ、体が生き延びることができない社会です。

    そんな窒息しそうな社会の描写がひとつ。
    そこにソヴィエト全土にわたる連続殺人というミステリーが加わって大スペクタクルになっています。
    すごい小説です。

  • 洋書にありがちな日本語訳の微妙なずれが全く無く、読んでいると日本人作家のものかと思うほど。捜査官のレオ・デミドフがとてもいい。映画化するなら、絶対ダニエル・クレイグに演じてもらいたい。

  • 暗い暗い旧ソ連の恐怖政治下の話。推理物だけど、読み応えの部分では抑圧された人々の生活の方があるかも。これから下巻にかけて事件がどう展開していくのか期待。

  • 冒頭の飢餓の描写から眼を奪われ、終わりまで一気に読んでしまいました。国権の代行者イコール正義であり、良心や良識が否定される社会の恐ろしさをジワジワと感じます。

  • うーん、読むのが辛い・・・

  • 上下巻あわせてのレビューです。

    劇場で観た映画版『チャイルド44 森に消えた子供たち』。サスペンスフルでとても面白かったけれど、主人公の行動は説得力に欠け、犯人もただのイカレたオッサン。ミステリーとしてはイマイチでしたから、トム・ロブ・スミスの原作ではどうなっているのだろうと興味津々。

    『このミス』にランクインしたときに読んだという友人は、かなりとっつきにくかったと教えてくれました。確かに、『卵をめぐる祖父の戦争』といい、旧ソ連が舞台の話は重苦しくてとっつきにくい。上巻は冒頭シーンが大きく異なるものの、まぁ映画と同じと言ってもよく、こりゃ映画を先に観ていなければ、読み進めるのに苦労しただろうと思いました。

    「ふ~ん、フツー」と思いながら下巻へ。そうしたら、冒頭シーンの意味がわかる後半から、もう怒濤の面白さ。

    完全ネタバレなので、原作をお読みになるご予定の方はご注意を。

    原作の冒頭では、まだ少年の兄弟が森へ出かけます。飢餓の時代、猫の鳴き声を聞いた兄のパーヴェルは、弟のアンドレイを連れて、猫を捕らえるために森へ。暗闇で猫を捕獲したかに思えたそのとき、パーヴェルの姿が見えなくなります。実はパーヴェルはある夫婦に襲われて連れ去られたのです。

    その夫婦は飢え死にしかけている自分の息子を助けるために、パーヴェルを殺して息子に食べさせようとしていました。しかし、意識を失ったパーヴェルを袋に詰め込んで帰ったときには息子はすでに死亡。パーヴェルを殺す必要がなくなった夫婦は、パーヴェルに食糧を与え、「帰ってもよいし、自分たちと一緒に来てもよい」と告げるのです。以後、パーヴェルは夫婦の息子だったレオの名前で生きます。

    大好きだった兄に見捨てられたと思ったアンドレイは、パーヴェルのことを片時も忘れませんでした。あるとき、戦争の英雄としてパーヴェルが掲載された新聞記事を目にします。兄が軍の重要機関に勤めていることを知り、アンドレイはパーヴェルにメッセージを送ることに。そのメッセージというのが数々の猟奇殺人でした。

    映画を観たときに原作は決してこうではなかったはずと感じたとおり、犯人はただのイカレたオッサンではなかったし、遺体の様子を見たレオが何かに突き動かされて、事件に異様な執着を見せることも、原作を読めば納得。

    レオとライーサの逃走劇に何の見返りもなく手を貸す人々。このくだりには胸が熱くなります。あきらかな狂人ながら、兄が気づいてくれるのをひたすら待つ弟、その弟を自らの手で殺さなければならなくなった兄。

    本作はロシアでは発禁処分になっているそうです。理想国家では殺人事件など起こらない。そう人々に言わせていたがゆえに実際に起きたアンドレイ・チカチーロ事件。著者はチカチーロ事件に着想を得たとのこと。犯人の名前もここから来たものだったのですね。

    下巻途中からはかなり興奮しました。国内編では唖然呆然とさせられることも多い『このミス』も、海外編のランキング1位は侮れず。

    映画の感想はこちら→http://blog.goo.ne.jp/minoes3128/e/5a174a3f00220aa28a66a71e943f8844

  • 2017年2月26日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「夫婦」。

  • 【スターリン体制下のソ連。国家保安省の敏腕捜査官レオ・デミドフは、あるスパイ容疑者の拘束に成功する。だが、この機に乗じた狡猾な副官の計略にはまり、妻ともども片田舎の民警へと追放される。そこで発見された惨殺体の状況は、かつて彼が事故と遺族を説得した少年の遺体に酷似していた…。】
    (「BOOK」データベースより)

     ようこそ! どの国も成し遂げなかった平和と安全を実現した、理想郷へ! 犯罪? そんなものないない。あるならそれは敵国のスパイのせいだ。捕まえて尋問しなきゃ。例えどんな手を使ってでも。国家繁栄のためならなんだって許される。
     だってここは資本主義のソビエト連邦。凍えそうな吹雪に囲まれた、世界で最も安全な国だから……。
    (感想は下巻へ)

  • 映画を先に見たのですがどちらも面白い!

  • 書き出しに惹かれて買った。ソ連社会の描写が面白い。

  • 上巻。
    スターリンの共産主義政下の陰鬱な社会描写が
    キツイキツイ。
    読んでいて辛くなってきてしまい、
    途中で投げ出そうかと思った位でしたが、
    主人公・レオが妻を告発するかどうかの
    辺りからページを繰る手が止まらなくなりました。
    この暗い展開は、前振でしかないのね、と。

  • 初読

    おお……進まないw
    1933年ウクライナから始まりスターリン体制下のソ連、
    雪玉で遊ぶ兄弟、追われる獣医…から
    国家保安省のレオ登場。
    職務に対して生まれる疑惑、それを許さない体制、
    妻に掛けられた嫌疑、失脚、これまで信じていた自分達夫婦…
    これだけ話が進んでいくのに、肝心の?事件が全然出てこない!w

    私には結構入り込みにくかったけど、
    それでもレオとライーサの「お互いしかいなかった」からの
    関係の構築が白眉。
    それでもにしてもソ連ものは不潔で暗い描写が多いなぁ!

    「急いで荷物をまとめる」モノでもありましたw
    「快適な住まい」かどうかという描写も多い。

  • 前々から気になっていたが映画にもなったということで手を出してみました。ロシアがソ連と呼ばれていた時代に起きたとある事件から始まるわけですが上巻は事件捜査よりも時代背景・主人公の人物語りで話はほぼ進まず。下巻に続く。

  • 夏にはうってつけかも。読んでて涼しくなる。

    下巻へ続く。

  • 事件の謎解きの前に主人公の処遇と閉塞感漂うソ連について語るので上巻は終わっちゃった。続きへGo

    2016.5.14

  • ソビエト連邦の空気感がめちゃくちゃリアルに伝わる。
    共産圏における、不条理な世界で嘘と本当の紙一重に翻弄され、真実を見つける話。

  • スターリン体制下のソビエトの話ということで、物語全体を陰鬱な空気が覆っているという感じ。
    国民が満たされている共産主義社会では犯罪は起こらないという建前のもと、主人公レオが軋轢や妨害と戦いながら殺人事件の捜査に当たるということが、この作品の見どころなのかな?
    それとも、殺人事件の犯人は、冒頭の飢餓の村の話と結びつきそうな感じだけど、何かどんでん返しがあるのか、楽しみにしつつ下巻に突入。

  • 冒頭のプロローグ?から不吉で、読むのどうしようか迷った。その後一気に20年後に飛んで、序盤は誰が重要人物で何の繋がりなのか分からない断片が続くのと、ロシアンなカタカナがいっぱい出て分かりにくい。中盤の誤認逮捕からは段々スピーディーになってきて、続きが気になる発見!で上巻が終わるのだけど。

    読んでて連続殺人そのものより、ソ連というか、閉鎖社会というか、貧困というか、何ていうか舞台全部が怖い。しかも全然ファンタジーな怖さじゃなく、過去に同じ感じの時代があって、これから先もこんな感じにならないと限らないというかそっち方向に向かいつつある気もしなくもない現在の日本だから暗い過去のような未来のような印象で余計怖い。

    あと夫の側から見てた結婚と、妻の側から見てたそれとが全然違った事実も痛い。江戸時代の身売り婚みたいな、専業主婦からの熟年離婚宣言みたいな、庇護と恭順、善意と鈍感。夫婦が平しく記号や拘束力を持たない「平等」の上に、個人として内面を吐き出しあい信頼を築いていけるのか、夫の方が焼け跡の中から若芽を掘り出すことができるのか、それとも凍てつく孤独と断絶が描き出されておしまいなのか、そこの所は下巻読まないと分からないので結構気になる。

    連続殺人については、獲物を見かけたから食べた、という感じ。ディーヴァーみたいな犯人捕捉は楽しめるのかな。楽しむっていうのは本当は不謹慎だけど、でもこれ娯楽小説だし。プロローグとレビューで何か異常者で頭の良さはいまいち感じられないから、切れるトリックとかじゃなく「犯罪は西側のモノ」っていう欺瞞をはがしてレオの出世の材料になるんだろうか。

    あー最期まで読めるかどうか自信がなくて上巻だけにしたけど、やっぱ上下巻で揃えて読めばよかったかな。不愉快で怖くて汚いんだけど、転落した主人公に何かを期待してしまう、迫力があって不思議な小説。

  • 何かあらすじ読んだらアメリカによくありがちなジェフリーディーバー系のしょうもないサイコサスペンスに思えたけど、読んでみると、ソ連統治下のロシアとそこに暮らす人々の悲哀というか、変にアメリカみたいに自由とかどうとか取りあえず体制に反発する的なあれではない人びとの暮らしが何ともよく描けている。

  • とても面白かった。
    とてもひきこまれ、一気に読み終わりました。
    ただ、少し読んでいて辛いところが。
    内容的な辛さもありますが、
    あまりに読みすすめたくなる力が強すぎて
    途中でやめられないところがありました。
    ほんと、好み的なもので☆4で。

  • 昨年映画を観て、実在の事件を描いたノンフィクションを挟んでから読み始めたが、スターリン体制下のソ連で統制される人々の厳しさと、その中で起こる、実際には起こらないと断言される殺人事件の恐ろしさは先の本で読んだことからイメージがはっきり浮かび上がり、統制する側からこぼれ落ちてしまった主人公レオと妻ライーサの運命は映画よりも過酷に描かれていた。結末は知っているけど、下巻ではこれがどう展開するのか。

  • トム・ロブ・スミスのデビュー作。
    こちらが読みたかったがなかなか本屋さんで発見出来ず、ようやく見つけて読んだ。
    「偽りの楽園」の作者と同じとは思えないテンポ良い作品だった。
    これがデビュー作なら文句なしだと思う。

    1933年、貧しくろくに食べ物もないために、ようやく見つけた猫を食べるために殺した兄弟。その喜びも束の間に、兄が消えてしまう。
    20年後に時は移り、雪遊びをしている兄弟の弟が行方不明になる。

    このように始まる物語。
    幼い少年少女が次々に殺されていくのだが、題材は連続殺人鬼アンドレイ・チカチーロ。
    そのため俄然興味が募る。

    テンポ良く物語が展開されるため大変読みやすい。
    ただ、ロシアの名前が長いややこしい。
    ミハイル・スヴァトストラヴィッチ・ジノヴィエフとか、一体何なの。舌噛みそう。
    そんなややこしい名前にも次第に慣れ、どんどん読み進められる。

    ロシア(ソビエト)を舞台にした作品が余りないため、ロシアの社会を窺うことが出来るところも本作の魅力だと思う。
    革命を成し遂げたソビエトは、理想の国家であるという建前のもとに、自由のない束縛と監視に満ちた息苦しそうな社会。
    何もしていなくても国家保安省によって捕らえられ、拷問にかけられたり、強制労働につかされたりと、日本で暮らしていると俄かに信じられないようなことが描かれている。
    ひとりの反逆者を逃がすより、10人の民間人を傷つける方が望ましいとか、反逆者は生かして捕まえ拷問にかける、その際捜索隊員の命が失われることよりも反逆者逮捕が優先といった考え方にも衝撃を受ける。
    誤認逮捕や罪のないままの処刑などは日常。

    こういった考え方なので、犯罪が起きるはずがないということになる。
    そういった社会によっていつまでも捕まらなかったのがチカチーロ。
    この作品における犯人はどうなるのか。

    下巻に突入。

全307件中 1 - 25件を表示

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)に関連するまとめ

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)の作品紹介

スターリン体制下のソ連。国家保安省の敏腕捜査官レオ・デミドフは、あるスパイ容疑者の拘束に成功する。だが、この機に乗じた狡猾な副官の計略にはまり、妻ともども片田舎の民警へと追放される。そこで発見された惨殺体の状況は、かつて彼が事故と遺族を説得した少年の遺体に酷似していた…。ソ連に実在した大量殺人犯に着想を得て、世界を震撼させた超新星の鮮烈なデビュー作。

ツイートする