グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)

  • 838人登録
  • 3.70評価
    • (64)
    • (151)
    • (122)
    • (23)
    • (2)
  • 106レビュー
制作 : Tom Rob Smith  田口 俊樹 
  • 新潮社 (2009年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102169339

グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先が気になって止まらない! 秘密警察から転職したのに、報復を受けるレオ。愛で罪は償えるのか。寒くて痛いよ!四面楚歌の窮地か!?

  • あの「チャイルド44」の続編。
    「あなたはレオに冷たすぎやしませんか?」との読者の問いに、T・R・スミスは「その通りです」と答える。
    人間の本音、その人間の本当の力がわかるのは、プレッシャーにさらされている時、困難に直面した時だからだ。
    本書でもレオは考えられる限りこれ以上ないといってよいほどの困難に直面する。
    それでも、レオは決して諦めない。これがレオの魅力でもあり本書の魅力でもあると思う。
    冒険小説としても素晴らしいが、何より人間の良心とは何か、犯してしまった罪をどう贖うのかについても、深く考えさせられる。

  • ▼今回も痛そうな描写ばかりはやたら細密に描いていく、ソ連を舞台にした大人向け冒険小説。警察でスパイで夫って、どれだけおいしい役割なんだい? ズルイと思うのは、親父殺しを巧みにストーリーに織り込んであること。「そんなに俺が(というかレオが)悪いのか!」と激昂したくなる展開。娘は不良だし、妻は不満だらけ、仕事に行けば俺悪者扱いされて変な船で死にかけるし、たどり着いた先は強制収容所!? そしてリンチ! というあらすじ。
    ▼しかし、今回は上司が死んだか死んでないかで、レオの行く末が決まりそうで面白展開です。前回の『チャイルド44』より、ドキドキサスペンス分は減ったけど、わくわくサバイバル分が増えてて、ちょっと新しいかも。(10/2/4 読了)

  • 前作から続いていた「罪とは?」が
    フルシチョフのスターリン批判で正義・善悪がひっくり返る事によって
    いよいよ最大のテーマに

    ミステリというかアクションという感じで
    収容所に向かう船の描写は迫力なんだけど、
    それこそハリウッド映画でいいかな、という気がしないでもなくw

    そしてああーネステロフーー

  • 続編に気付いて慌てて読みました。
    チャイルド44の後半、ジェットコースターのような
    アクションアクション&アクション描写が
    そのまま雪崩込んでいく、息を吐かさぬ展開の連続です。レオがんばれよ!

    個人的にはネステロフとのコンビがまた見られるのだわと
    喜んだのですが…。……。

    相変わらずライーサと、加えてゾーヤにイライラさせられます(笑)

  • ロシア怖い。

    平穏に過ごすって何?って考えてしまう。

    前回養子に迎えた2人との生活をなんとかやっていこうとした矢先に体制が変わり、身に危険が迫る。かなり劣悪な環境に自ら乗り込んでいくので、読み進めるのがしんどい。

    2016.6.13

  • しかし、これでもかってくらい次から次へと苦難がレオ達を襲いますな!
    精神的にも肉体的にも容赦ない。
    今度は過去が牙を剥く。
    過去の罪をどうするか、という答えを出すのがすっごく難しい問いを突き付けられているんだが、物語はどういう決着をみるのだろう…
    相変わらずのハラハラの連続のまま下巻へ続く。
    ネステロフー、ネステロフは生きてるよね!?

  • チャイルド44の続編。
    レオが相変わらずひどい目にあいますが自業自得と思えないところが、作者のうまさかしら、
    拷問やら、犯罪者やらの描写が生々しくて痛いです。
    そして、相手が国家となると怒りのやり場もなく、怒りを顔に出すことすら罪とされてしまう、という時代。
    タイトルのグラーグ57と言うのは生存率が低い犯罪者を収容する強制労働所の名前。モスクワからは船か飛行機でしか辿り着けない僻地です。
    マイナス50度の屋外での労働で手足の指が凍傷で腐り落ちる環境(||゚Д゚)
    下巻も容赦ないんだろうな。
    読むこと、知ることの責任みたいなものを感じる小説です。

  • 国家保安省の捜査員だったレオは、多重殺人事件を解決した功績でモスクワ殺人課を創設した。私生活ではゾーヤとエレナ姉妹を養女としたが、姉のゾーヤは自分の親を殺したレオに心を開いていなかった。
    そうした中かつての政府関係者が的となった連続殺人事件が発生する。その事件を追っていたレオだったがその犯人にゾーヤを誘拐される。
    ゾーヤを解放する条件として、犯人グループの首領であるフラエラの夫を脱獄させるために収容所グラーグ57に潜入する。

  • 前作で養女にしたゾーヤとの関係から、レオはかなり窮地に陥ることになる。スリリングな展開が面白い。

全106件中 1 - 10件を表示

トム・ロブスミスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
冲方 丁
ピエール ルメー...
ジェイムズ・P・...
伊坂 幸太郎
村上 春樹
村上 春樹
トム・ロブ スミ...
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

運命の対決から3年-。レオ・デミドフは念願のモスクワ殺人課を創設したものの、一向に心を開こうとしない養女ゾーヤに手を焼いている。折しも、フルシチョフは激烈なスターリン批判を展開。投獄されていた者たちは続々と釈放され、かつての捜査官や密告者を地獄へと送り込む。そして、その魔手が今、レオにも忍び寄る…。世界を震撼させた『チャイルド44』の続編、怒涛の登場。

ツイートする