コロンブスの呪縛を解け〈下〉 (新潮文庫)

  • 78人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (1)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Clive Cussler  Paul Kemprecos  中山 善之 
  • 新潮社 (2000年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102170250

コロンブスの呪縛を解け〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下巻では、邦題にあるクリストファー・コロンブスのモチーフが徐々に明らかになってくる。

    ポールケンプレコスと組んであらたにダークピットという一大看板のサイドストーリーをつくる意義が今ひとつ不明。

  • 作家:クライブ・カッスラー

  • ここまで拡げた大風呂敷をどうやって畳むのかと期待(と心配)をしていたら、案外あっさりと終わってしまいました。そんな簡単に!?そしてラストシーンに若干の安っぽさが……。

全4件中 1 - 4件を表示

クライブ・カッスラーの作品

コロンブスの呪縛を解け〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コロンブスの呪縛を解け〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コロンブスの呪縛を解け〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

コロンブスの呪縛を解け〈下〉 (新潮文庫)の作品紹介

海中の財宝を独占しようと企む大実業家ハルコンの真の狙いとは何か?その背景には、15世紀に端を発し、300年以上も休眠状態にあったスペインの秘密結社の存在が隠されていた。その理念を継ぎ、合衆国南西部からメキシコにかけて一大新国家を設立、君臨しようという野望。その阻止に動くNUMAの面々に、驚くべき新事実がもたらされる。鍵を握るのはアンドレア・ドリア号だ-。

ツイートする