パンデミックを阻止せよ (新潮文庫)

  • 27人登録
  • 3.57評価
    • (0)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Clive Cussler  Paul Kemprecos  土屋 晃 
  • 新潮社 (2015年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (652ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102170533

パンデミックを阻止せよ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 久しぶりのクライブ・カッスラーの作品。ダーク・ピット・シリーズはほとんど読みました、カート・オースチンの活躍するこれからのカッスラー作品がいろんな意味で楽しみです。海洋世界は凄い、イイ。

  • 今一番の話題にもなっているパンデミックを扱った話にカートとジョーのコンビが活躍する。
    やはり病気の元は中国か、SARSの新ウイルス菌の
    拡大です。でもまあ、そのためのワクチンがもう既に出来そうなところのそのワクチンの奪い合いであったので、インフェルノのような、わくわく感はちょっと無い。
    まあいつもの活躍の巻であったので満点までは行かず、4つですね。

  • 時事問題として中国で新型インフルエンザが猛威を振るった時の問題を扱っているスリラー。
    タイムリーでいいのだけれど、ウイルスは細菌と混同している描写があったり、減圧を無視したアクションなど、ダイバーとしてのカッスラーの目が行き届いていないのではと首を傾げたくなります。爺ちゃんしっかり!楽しみにしてるんだから。

全3件中 1 - 3件を表示

パンデミックを阻止せよ (新潮文庫)の作品紹介

中国の寒村で、かつてのSARSよりも感染力が強い新型インフルエンザが発生した。世界規模の蔓延を恐れた中国政府はアメリカに協力を要請。両国は早急にワクチンの開発に取り組むも、研究の中心人物であるケイン博士が行方不明に。捜査を始めたNUMAのオースチンは中国系の暗黒組織に目を付ける。感染爆発まで72時間と告げられた彼は大胆な賭けに出る。好評シリーズ第8弾!

パンデミックを阻止せよ (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする