若き詩人への手紙・若き女性への手紙 (新潮文庫)

  • 454人登録
  • 3.85評価
    • (51)
    • (34)
    • (65)
    • (5)
    • (0)
  • 45レビュー
著者 : リルケ
制作 : 高安 国世 
  • 新潮社 (1953年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102175019

若き詩人への手紙・若き女性への手紙 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表現や創作活動で迷ったときに、リルケの言葉の一つ一つがずしりと響く本です。

    リルケは本当に孤高の人で人生を達観しているというか、
    絶対に妥協しない自分に厳しい人です。
    だからこそ助言を求めてきた2人の若者に対し、
    全身全霊の踏み込んだ表現で信念を書きつらねながらも、
    表現すること、生きることへの厳しさを正直に独白します。
    どちらの手紙も本当に人間愛に満ちていました。

    ”書くことを止められたら、死ななければならないかどうか”
    創作活動を続けるかどうかの判断基準をリルケはこう書いてますが、
    本当に重い言葉だなと思います。
    仕事、生き方についてここまで意識したことはありませんでした。

    リルケは孤独であること、困難であることにもとても肯定的でした。
    自らの内をみつめ、悩みぬいてこそ、本物の作品は生まれてないこないのかもしれないと考えさせられます。
    人の評価など気にしていてはダメなんだな、自分が良いと思ったことを信じて突き進もうと思わされます。

    訳者が書いていた通りこれだけの助言をもらいながらも、
    カプスが大衆迎合のジャーナリズムに身を置いてしまったというのは人生一筋縄では行かないところです。

    表現がかなり哲学的なので、
    一度読んだだけではかなり難解に感じた部分が多かったです。
    特に「女性への手紙」は先に訳者の後書きを先に読んでおくと良いでしょう。

  • 彼の言葉はエメラルドグリーンの湖の様に穏やか。
    「気づかない方が楽」に生きることができるけど
    「気づき、受けとめて生きる」ことを教えてくれる。

  • 若い詩を書く男性と、若い女性にリルケが送った手紙をまとめたもの。
    文通なのに、リルケから出した手紙しか載っていないので文脈が分かりにくい。
    男性へ送った手紙には詩論がほぼ冒頭にだけ載っていた。
    「必然から生れる時に、芸術作品はよい」とし、自らの内に入ることで
    素直に出てくるものだから、芸術家は孤独なのだとリルケは考える。
    だからこそ、芸術作品に批評やジャーナリズムを求めることは無駄だともする。
    この「孤独」にリルケはとてもこだわるのだが、それを自分の部屋から
    高い山頂に突然移されるような不安と、すべてのものから無限に遠くなる
    感覚のようなものというたとえはとても分かりやすかった。
    他にも、イロニーは創造力があるときにだけ使える生をとらえるひとつの道具とか
    自分の詩をちがう筆跡で、つまり他人のもののように読むのも大切だという
    考え方も書かれていて、そこは面白かったのだが
    それ以外は精神的な悩みにリルケが答える形になっていて、その悩みを持っていない
    わたしからすると、すべてがピンとこなくて、ただ目が滑るばかりの一冊だった。

  • リルケ。
    読んでみたいけど、と思う方は、解説にもあるように、やはり人柄がよくわかるこの本がよいように思った。
    優しい愛情に満ちた言葉から得るものはとても大きいと思う。
    偉大なる詩人に倣おう。

  • 静かに、真摯に、切々と語りかけるリルケの言葉のひとつひとつが胸に響く。
    若き詩人フランツ・カプスや若き女性リーザ・ハイゼに向けられた手紙であるが、リルケの繊細な感性と鋭い洞察力に裏づけられた言葉は、普遍性をもった言葉として訴えかけてくる。
    凡百の自己啓発書など足下にも及ばない、本当の言葉だけが持つ力がこの作品にはある。
    孤独や困難に打ちのめされそうなとき、進むべき道を迷ったときなどに手に取りたい一冊。

  • やっていることがひと段落ついた。心を浄化したいので、実学的な本はお休みして、たんなる読書。

    リルケはマルテの手記で打ち震えるほど興奮した。リルケの文章はどうしてこうもドキドキさせられるんだろう?

    若き詩人への手紙と、若き女性への手紙。
    「若き詩人」は、フランツ・クサーファ・カプスという名前。1903年から1908年の文通。
    「若き女性」は、ハイゼという名前。1919年から1924年まで。

    どちらかというと、若き詩人への手紙のほうが面白かった。リルケの文章は、冒頭でノックアウトされて、そのまま読み続けてしまう。「私は書かなければならないか」「芸術作品は無限に孤独なものであって、批評によってほど、これに達することの不可能なことはありません」「細部においてすべては法則となります」「あなたに近い人々が遠く思われる、とあなたは言われますが、それこそあなたの周囲が広くなり始めたことを示すもの」「あなたの孤独が、非常に馴染めないきょうぐうにおいてもあなたの拠り所となり、故郷となるでしょう」「社会とだけ独立した軽い関係わ、結ぼうと努められても、結局この圧迫するような感情は味わわずには済まないものでしょう。」「本当に神を持っている者が、まるで小石でも失うように神を失うことができようなどとお信じになれますか。」「自分の作品を他人の筆跡で読み直して見ること」「一人はもう一人のために自らを失い、またその相手を失い、まだこれからこようとする多くの人々を失ってしまう」「共通した頼りなさから行動します。」「ソネット」「悲しい時には、孤独でいること、注意深くあることが、非常に大切なのです」「あまり自分自身を観察しすぎてはいけません」「名前というものには気をつけなければいけません」「人生は正しいのです、どんな場合にも」


    若き女性への手紙は、ドイツの情勢を感じられる一説が面白かった。歴史資料として使えそう。
    リルケのドイツ観。

  • 映画「天使にラブソングを2」でウーピーゴールドバーグが演じる修道女が歌手への夢を親に反対された少女に薦めていた.一度,読んで見たいと思っていた一冊.若き詩人の苦悩に対し,リルケからの誠実な助言.大きな慈愛と深い共感.また時間が出来たら読み返してみようと思う.

  • 若き詩人が授業中に隠れてリルケの詩集を読んでいたら教師にばれてしまうものの、実はリルケもその教師の教え子だったことが発覚するという導入部の話には心暖められる。リルケはこの手紙で孤独や愛、苦しみといった困難なものに対する向き合い方に対して誠実に答えようとしており、その真摯な言葉が様々な縁の結果として自分にまで届いてきたことを思うと不思議な感じだ。この本の価値は、他人に送ったり受け取ったりした時にこそ発揮されるものなのかもしれない。人を繋げる手紙という風習が薄れても、本はまだ人を繋げることが出来るのだから。

  • 自分に向けて書かれたのかと錯覚するくらい、普遍的な内容だった。

  • 天使にラブソングを2のDVD(LD)で、
    リルケの若き詩人への手紙の一節の引用がでてきました。

    若い人が、芸術への道を進むかどうか悩んだときに、
    読むのと役に立つことがわかりました。

    芸術家になる人への、一つの教訓を示しています。
    「自分が作家だと思うこと」が大事とのこと。

    この本を読んで、ピンと来なければ、
    DVDの天使にラブソングを2を見てみてください。

全45件中 1 - 10件を表示

リルケの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
安部 公房
ドストエフスキー
安部 公房
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

若き詩人への手紙・若き女性への手紙 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

若き詩人への手紙・若き女性への手紙 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

若き詩人への手紙・若き女性への手紙 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

若き詩人への手紙・若き女性への手紙 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

若き詩人への手紙・若き女性への手紙 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする