ランボー詩集 (新潮文庫)

  • 674人登録
  • 3.46評価
    • (47)
    • (46)
    • (152)
    • (11)
    • (5)
  • 54レビュー
著者 : ランボー
制作 : 堀口 大学 
  • 新潮社 (1951年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102176016

ランボー詩集 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中原中也が好きで読破。

    こういう詩が書きたい。
    その一言。

    内容も言葉も最高にいい。

  • 言葉が
    とても魅力的です。
    後期の方が好みかな。

  • ふと詩が読みたくなったので、有名どころをおさえておこうと思い購入。
    ゼミの議論でも出てたけど、「母音」の「A(アー)は黒、E(ウー)は白、I(イー)は赤、U(ユー)緑、O(オー)青よ、母音らよ」って一節が面白かった。本当に、どんな感性してたんだろう。
    他には、「最高の塔の歌」や「黎明」も良かった。表現技法とかも知りたいけど、原文を読んだところで僕はフランス語がまったくわからない・・・。

  • 原書で読んでみたい。フランス語はできないけれど。

  • 2017.12.2 読了

  • 再読。やっぱりランボーのインパクトはすごい。実質詩作をしていたのは16~19歳の数年のみで、37歳で他界。まさに早熟の天才。あっさり詩を捨てて放浪しちゃうあたりもまた、自分の才能に拘泥しないことこそ天才の特徴なのだろうと思わされる。

    有名なのは「永遠」だけど、こちらは個人的にゴダールの「気狂いピエロ」の字幕のイメージが堀口訳よりも強いかも。好きなのは「イリュミナション」のあたりかな。あと、情景描写や観念的でなく物語性の強い初期の作品も好き。

  • わが放浪
    最高の塔の歌

  • ZIPでの能年玲奈ちゃんのストーリーを見ていて(ホットロードの時の)、好きそう!と思って購入。

    私には難しすぎました。

    途中からは、意地の一気読み…なんとか、無理やり読了。

  • 埴谷さんも言及し、中原中也も訳を手掛け、一度は読んでみたかったので。
    フランス語の原典を読んだわけではないので、日本語の性質によるものかわからないが、埴谷さんと非常に似ていると思った。
    論理を超えたその先にあるもの。一見すると支離滅裂で、ランボー自身も言っているが、狂気じみている。理解なんてとうていできやしない。あらゆるものを拒絶しているかのように見える。
    だが、彼の描くそれこそが、あらゆるものをすべて包み込み、ただひとつの真実だけがそこに存在する。言葉の錬金術によって挑もうとするも、歴史を水平ではなく、垂直に立ち上がって見てしまった。そんな彼が筆を折ったのは、その存在を超えたものを描くことがどうしたってできないとわかったからではないだろうか。彼がひとの理解を拒むのは、ひとり早くも真実をわかってしまったからだと思う。誰よりも乾いた砂漠の中、愛を求めて。まさに彗星のごとくである。
    幼少期や育ちうんぬんで、影響されるような詩・ことばを彼は書いてなどいない。たしかに彼の初期と呼ばれる作品は、形式張っていて、窮屈そうなところがあり、そういうところをうかがわせる。だが、進むにつれて、破綻している逆説的な、あの彼なりの文体を獲得している。そうでもしないと書けなかったのだ。酔いどれ船はその萌芽だと感じられた。
    ダイナミックなのに、静的。情熱的なのに、冷淡。満たされているのに、渇望する。19歳という若さでわかってしまった彼にはこの世は本当に生きづらかったのではないだろうか…君の音のない叫びが聞こえてくるよう。

  • ブックオフ池袋、¥105.

全54件中 1 - 10件を表示

ランボーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ドストエフスキー
谷崎 潤一郎
ボードレール
三島 由紀夫
坂口 安吾
安部 公房
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ランボー詩集 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ランボー詩集 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ランボー詩集 (新潮文庫)の文庫

ランボー詩集 (新潮文庫)の単行本

ランボー詩集 (新潮文庫)の-

ツイートする