複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち (新潮文庫)

  • 366人登録
  • 3.60評価
    • (28)
    • (26)
    • (57)
    • (5)
    • (3)
  • 23レビュー
  • 新潮社 (2000年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (683ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102177211

複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近は複雑系ブームも下火になりつつありますが、この本は「代表作」です。
    物事は全て秩序から混沌へと進み、やがて宇宙は終局する―。という今までの常識を非常識に覆したのが”複雑系”である。
    そしてこの発見は、物理学、化学、経済学、情報学、政治…すべての学問体系を揺るがせるに至りました。
    新しいサイエンスのキーワード「複雑系」をあらゆる角度から分析しつつ、創造神に一歩近づいたサンタフェ研究所の俊英たちのドラマを証言で綴る、新世紀サイエンス・ドキュメンタリー!!みたいな。

    水素、酸素という単純な原子から、いかなる原因で私達のような多細胞生物が発生したか。
    どうしてマイクロソフトが一人勝ちできたか。
    人工知能の作り方・・・。

    いわば世界の料理フルコースって感じですかね。かなりおいしくいただけます。
    色んな学問がごった煮されて、いい具合にマッチングし、完成度の高いに仕上がっています。

    これ何がいいって、数式が一切出てこずに、難解な学問を説明してくれるんです。

  • 経済学の素養がある人にも、楽しめる書籍であると思います。
    少しではありますが、ケネス・アローの様子がうかがい知ることができたので、それだけでも、一読の価値があったと思っています。

    最初の登場人物が、経済学者だったため最後まで、経済学的視点で終わるかと思っていました。科学的で、アカデミックなHolism、分野間統合であるといえます。『複雑なものを複雑なものとして扱う』本であるようです。しかし、終わり方も複雑系です。

  • 複雑系領域の学問がことなった分野の研究者同士の出会いで深まっていったことが分かって興味深かった。ただその分、新しい人物が登場するとその人の過去について100ページ近く語りはじめて話が脱線するので、しおりを挟むタイミングを間違えると何をいっているのかわからなくなる可能性大。
    経済学、人工知能、人工生物あたりの分野について研究がどう始まって行ったか詳しく書かれている。

  • すごくワクワクする内容で、複雑系に興味がもてた。
    特に、ラングトンのところが一番好きかもしれない。
    自己複製や人工生命、カオスの話など興味がそそられる話が凝縮されています。

    ただ、絶版で市場には残っていないところが残念。
    今後手に入れるとして古本になってしまいます。
    けど、それでも手に入れる価値はありかな?

    新たな発見のためにも再読する必要あり。

  • 要素還元的手法を物事の本質として取り入れてきた近代科学の中で、このような流れは必然だったのだろう。本書は経済、生命など至るところで噴出した、要素に還元できない現象の数々の根底にあるものを探すためにサンタフェに集まった人々の雄姿を生き生きと描写している。
    大学に入る直前にこの本に出会ったのが実質的に人生の転機となった。むさぼるように読んだのを覚えている。読んだ上で注意したいのが本書はサンタフェ研究所で主に扱っている「複雑適応系」という複雑系の中でも環境に適応して自己を変化させていく系に絞って紹介している点である。サンタフェ研究所の功績は大きいが、現在はもはや「複雑系=この書籍=サンタフェ研究所」ではないことに留意したい。本書はあくまで出発点である。

  • 複雑系に関する人物紹介を中心とした物語形式での入門書。

    経済学者のブライアン・アーサーを中心としているので、文系の人間にも分かりやすい話になっていると思う。個人的には、正統派経済学のケネス・アローもでてきて、ものすごく視野の広い人、柔軟な人なのだなと感動した。

    この本の主題は、複雑系理論の紹介であるのだが、と同時に、ここで描かれているのは、知識が、人と人のつながり、それも偶発的なつながりのなかから、創発され、共有され、進化していくという複雑系理論そのものの物語である。

    サンタフェ研究所がストーリーの中心なので、「複雑系はサンタフェだけでない」という人もいるだろうけど、この本は、複雑系全般の入門書というより、「知識が創造される場」の物語として読むべきなのだ。

  • 昔っから感じていた普遍的な法則について、自分だけが感じていたんじゃなんだなと認識できた。
    学術書ではなく、研究所の伝記のような本。面白かった。

  • ★2014年SIST読書マラソン推薦図書★
    ★図書館だよりNo.50大椙先生紹介図書

    所在:展示架
    資料ID:10030237

    本を読んで読書マラソンに参加しよう!
    開催期間10/27~12/7 (記録カードの提出締切12/12)

  • 人生を変えた本。これを読んで科学の概念が覆った。還元主義的な考えの人には革命を与える本。
    単に伝記と言ってしまえばそれまでだが、複雑系というとらえどころのない新しい概念をどうやって確立したか、人間ドラマだけでなく複雑系の神秘にも触れることができる。

  • この種のテーマには、ワクワクする。そして楽しく読んだ。この本で考えたことは、複雑ということそのもので、うまく表現できないのですが、個々の対象が複雑なことと、個々が複雑に絡み合っている、構造的複雑さと分けて現実社会を見てみようとです。一見単純そうに見えて結構複雑な対象や全く逆なケースなど、現実はその組み合わせで複合的な対象として認識する訳ですが、その解として、発展や成長が必然的であると思っています。イノベーションも同様です。時空的には複雑に見える発展は、イノベーションとして寧ろ単純化の方向へ進歩しているといろいろな分野の進展を見ていて思うのです。

全23件中 1 - 10件を表示

M.ミッチェルワールドロップの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち (新潮文庫)の作品紹介

物事は全て秩序から混沌へと進み、やがて宇宙は終局する-。この常識を覆したのが「複雑系」だ。そしてこの発見は、物理学、化学、経済学、情報学…すべての学問体系を揺るがせるに至った。新しいサイエンスのキーワード「複雑系」をあらゆる角度から分析しつつ、創造神に一歩近づいたサンタフェ研究所の俊英たちのドラマを証言で綴る、新世紀サイエンス・ドキュメンタリー。

複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち (新潮文庫)のペーパーバック

複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち (新潮文庫)のKindle版

複雑系―科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち (新潮文庫)のペーパーバック

ツイートする