訣別のトリガー (新潮文庫)

  • 18人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 鈴木 恵 
  • 新潮社 (2013年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102179222

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィリップ カー...
ジェイムズ・トン...
マルク・エルスべ...
ドン・ウィンズロ...
ジェフリー ディ...
ドン・ウィンズロ...
ドン・ウィンズロ...
マーク・グリーニ...
グレゴリー・デイ...
ヒュー・ハウイー
ドン・ウィンズロ...
グレゴリー・デイ...
フィリップ カー...
ボストン テラン
ドン・ウィンズロ...
アーバン ウェイ...
マーク・グリーニ...
ミネット・ウォル...
有効な右矢印 無効な右矢印

訣別のトリガー (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • こういう渇いた感のある小説はほんまジワジワくる。

  • 熱風と渇きを肌に感じるようなノワール小説。家族との暮らしの望むヒットマン、レイ・ラマーの最後の仕事は相棒のミスにより失敗に終わり、窮地に立たされる。かつて、石油採掘で栄華を極め、今は凋落したアメリカの地方都市を舞台に裏切りと復讐、暴力の嵐が吹き荒れる。

    ドン・ウインズロウの『犬の力』『フランキー・マシーンの冬』といったノワール小説を彷彿とさせる秀作。

    アーバン・ウェイトのデビュー作である『生、なお恐るべし』にも驚かされたが、この作品に漂う独特の雰囲気にも驚かされた。

全3件中 1 - 3件を表示

訣別のトリガー (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

訣別のトリガー (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

訣別のトリガー (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

訣別のトリガー (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

訣別のトリガー (新潮文庫)の作品紹介

これで全てが終わるはずだった――。組織のヒットマン、レイ・ラマー。妻と息子を乗せた車が“事故”に遭い、妻は死亡、息子は耳が不自由に。彼は大仕事を最後に、足を洗う決意をする。麻薬シンジケートに狙いをつけるが、若い相棒が銃撃戦の末、一人を逃がしてしまう。レイは逃げた男を始末すべく後を追う。生かしておけば息子が危ない。家族を守るために殺しを続けざるを得ないのか。

訣別のトリガー (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする