シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)

  • 919人登録
  • 4.09評価
    • (84)
    • (69)
    • (38)
    • (9)
    • (3)
  • 66レビュー
制作 : Gregory David Roberts  田口 俊樹 
  • 新潮社 (2011年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (700ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102179413

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
ドン・ウィンズロ...
グレゴリー・デイ...
グレゴリー・デイ...
ジェフリー ディ...
高野 和明
伊坂 幸太郎
ドン・ウィンズロ...
カルロス・ルイス...
ウォルター・アイ...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ジョニー・デップが映画化権を獲得した超大作と言われたときに買おうかなと思ったもののその長さとダークっぽい予感に躊躇し、新潮社が「ジョニー・デップ(の映画化)を待ってられるか!」という帯をかけたときにまた買おうかな、と思ったものの同じ理由で躊躇していた本。今回は養老先生の帯を見て、これなら間違いなしと思って購入。養老さんにハズレなし(私の場合)。上中下と一気読み。そして下巻にあった養老さんの解説の見事さに再び感心。レビューとしてここに転載したいと思いました。
    作家自身の体験をもとにした大いなる小説。犯罪者。そして深い思索をする男。読みだしたら止まらない。オーストラリアの重罪刑務所を脱獄してボンベイにやってきた男と、インド(ボンベイ)の物語。インドには行ったことがなく、たぶん行く機会は無さそうだけれど、この本を読んだら混沌としたイメージのインドを少し理解する手掛かりが得られたような気持ちになりました。常識と思っていたことが表面的な薄っぺらな偽善かもしれないと思わされるような、こうあるべき的机上の正論が吹き飛ぶような、「理由も何も世の中とはそういうもんだ」という現実を突きつけられたような、圧倒されるような読書体験でした。アジア万歳。ただ字を読んでいるだけですが、疑似体験したような気持ちになりました。インドだけでなく、アフガニスタンやパキスタン、ムスリムの男たちの理解をする一助になる本です。ミステリ小説の要素もふんだんにありつつ、冒険小説でもあり、自伝的小説でもあり、恋愛小説でもあり、、、保存版にします。でもこの本を映像化するのは相当困難だと思う。

  • 文庫本カバーの粗筋をみても、どのような小説かは予想がつかない。

    著者の経歴を読めば、自分自身の経験をもとにしているようであり、ピカレスク(悪漢)小説の類か?と思いきや、読み始めると主人公の魂の再生の物語だった。そして、それがとても面白い。

    この波乱万丈の物語を魅力あふれるものにしているのは、汚濁にまみれながら魂の都市でもあるムンバイ(ボンベイ)という街とインドという国。

    とにかく、ボンベイの街の混沌とした社会や生き方の描写が圧倒的。
    欧米の価値観とは全く異なる世界で、主人公がもう一度自分の人生を再構築していく過程は面白く、どんどん読み進んでしまう。

    謎めいた美女カーラとのロマンスもあり、次巻以降も楽しみ。
    (次巻は、また予想外の展開となり、冒険小説の趣があるのだが)

  • 三島由紀夫が「人には二種類ある。インドに行かれる人と、行かれぬまま死んでしまう人である。そして行かれる人は、そのカルマによって、行く時期も定まっている…」と言ったとかゆー話で、実際自分のまわりでも1度行った人はスッカリ魅せられて何度も行ってたりするんだけど、そのインドの魅力って一体何なの?とずっと疑問だったコトがこの上巻でかなり理解出来た!

    ちょうどANAの機内誌「翼の王国」で、インドのお弁当配達人の記事を読んだトコロとゆータイムリーさも手伝って、この電子時代に記憶力のみが頼りってゆープロ意識て何なんだー!

    上巻はまず、インドてこうゆうトコロなんだよね、てゆー紹介っぽい。

    上巻だけでも、700頁の大作なので最初は尻込みするけども、読み始めたら面白くスリル満点で哲学的な部分もあり、ドンドン読み進む。

    甘いチャイとカレーナンを用意してお香を焚いて読みたい。

  • 面白い!!こんな小説初めて読みました。
    インドの熱気、猥雑さが伝わってくるようで。水もない、満足な食料もない。
    小さな傷からすぐに破傷風になってしまうという、衛生面でも劣悪な環境。

    それでもスラムの人達は一つの大家族のようだ。
    貧しくとも心は豊かで、無意識のうちにお互い助け合いながら生きている。

    どこもかしこもピカピカに磨き上げられた日本で、
    安穏と生きている私には想像を絶するような環境なんだけれど、、、
    それでもスラムの住人に自然と馴染んでゆくリンが羨ましくて仕方なかったです。

  • 久しぶりに、ページをめくる手が止まらなかった本である。
    ただ、Amazonレビューでは賛否両論で、主人公を否定する意見が多かった。
    主人公の考えや行動については、私は全く共感できない。麻薬をやったり、マフィアに入ったりしているし。
    しかし、内容が本当に面白い。
    インド文化は無知であったから、インド文化を少しでも知ることができてよかった。
    登場人物では、プラバカルが大好きだった。彼が物語から退場したときは、久しぶりに本の登場人物に対して泣いた。
    自分の本棚に並べたい一冊である。

  • インドの雰囲気は伝わってきた。でももうお腹いっぱい。700ページ読んでも何も話が進まん。「主人公がインドで生活している」、それだけで驚異の700ページ。あ、っていうかそんなにインド好きじゃねえわ、ってことに気づいた。続きはよっぽど暇な時に、気が向いたら読んでみようかね。

  • 80年代のインドの話。ボンベイ(ムンバイ)を舞台にした長編の一巻。

    インド人は実は周りにありふれてるが、インドという国を良く知らないので、かなり興味深く読めた。

  • インドとインド人についての驚くべき事実は、頭より心にしたがった方が賢明だということだ 闇の商売の第一の鉄則はどこでも同じだ。”自分の考えを他人に悟られないこと” いい医者には少なくとも三つの共通点がある。みんな優れた観察眼を持っており、聞き上手であり、そしてとても疲れている 

  • 面白い。初めから面白い。何が始まっているのか、これから何が始まるのか わからないけど面白い

    私小説らしいけど、これだけの経験してれば、自分の経験と思想を1作品に凝縮せずに 4作品くらいにすれば 、もっと息の長い作家になったのでは?

  • これが実体験を基にしているのか疑いたくなるようなハリウッド顔負けの出来事が次から次に起こる。

    上巻は特にインド(というかボンベイ)の特異性に面食らう。相反するあらゆる事が矛盾なく両立する混沌とした雰囲気と、ときに哲学的でときに動物的なインド人の気質が巧みに表現されている。

  • <上>2015.2.1〜 15
    <中>2015.2.16〜25
    <下>2015.2.26〜3.10
    ・インド庶民の実態
    ・アフガンの歴史、文明の十字路(四大文明、アレキサンダー大王遠征、シルクロード交易、イスラム帝国、モンゴル帝国、ティムール帝国、ムガール帝国、オスマン帝国、ロシア帝国、大英帝国、東西冷戦、テロ戦争(ターリバーン・アルカーイダ)

  • ピカレスクであり、冒険小説。
    とても面白い。
    これを読んだ人はきっとバックパッカーに憧れると思う。インドに行った人も一度読んでみては?自分の見てきた世界との比較をするとまた面白い。

  • 前にもリストアップしたが、やっと読了。特に下巻は伏線の回収が多すぎて、前に読んだ詳細を思い出しながら。こういうのこそ、Kindle に向いている、と思ったらまだ Kindle 化されていないみたい。とてもおもしろかった。映画にはならないのかな?旅行のともに。インドに行くならなおさら。

  • 実は上巻では、まだ物語は動いていない…と言っていいと思う。それにも関わらず、この膨大なページ数を、他の作品には脇目も振らずに読破した。時間はかかったが…もっと時間をかけてもよかったかもしれない。

    シャランタムは主人公につけられたホーリーネームのようなもの。彼の複雑な人間性とその奥に眠る純粋で神聖な魂が孕む怒りのエネルギーに触れるだけでも、この小説に手を出した価値はある。

    それにもまして…隅々まで克明に描かれてゆく、本当のインド。それは多様性などという言葉では表しきれないほどに豊かで猥雑で美しくて…ありとあらゆる連体修飾の限りを尽くしたとしても、どれひとつ外れることなく、またどれもインドの一欠片さえも言い得ていないだろう。

    そこで私の主観というフィルターで、二次的な見解を試みるならば…言い古されたことだが
    …かつてインドを訪ね、そのまま虜となって帰国しなかった先人たちの気持ちが、行かずして少しわかったような気がするのである。

    愛の国。今の私の心はそう感じている。言葉どおり。

    しかしまた、苦しみとは何か、幸福とは何かを常に自分自身にも問い続けながら読まずにはいられない。

    大いなる哲学に触れ、私の価値観もまた試されているような気がする。

    なのにまだ…本編は始まってもいないのである。

  • オーストラリアの刑務所から脱獄し、インドのボンベイへ逃亡した男の話。
    身元がバレないようにスラムで生活しながら診療所をひらいたり、マフィアのボスに気に入られて仲間の一人になり、裕福な生活をしたり、内紛の地へ行って死にそうになったり波瀾万丈な日々を送る。
    インドという国の人々の様子がとてもよくわかる作品である。
    しきたり、生活習慣、常識、思想、情熱などなど実際に生活しないと知れないことが描かれていておもしろい。
    作品全体としては、多くの人が死に悲しい話ではあるが、それよりもおもしろい部分や愛情あふれる部分が印象深い。
    上中下と長いが、読んでよかったと思える作品。

  • インドに行くなら読んどくと良いかも

  •  とても評価の高い小説なので期待して読み始めました。
     上巻では、白人である主人公が、何の後ろ盾もない中で苦闘はしますが、結果としてホイホイと影響力のある人間に引き上げられていきます。そのご都合主義的なとこに、違和感を感じて楽しむ事が出来ませんでした。
     でも、まだ2巻あるので以降の展開に期待して読み進めます。

  • 読了。 (購入本)

    シャンタラム(上)

    世界のバックパッカーとセレブを虜にした聖典!らしいです。

    刑務所を脱獄しすべてを捨てたオーストラリア人がインドボンベイを舞台になんかするんです。
    なんかっていうよりは生きたというほうが正しいかな。
    主人公は著者グレゴリー・デイヴィット・ロバーツであるという話です。
    物語であってかつ自伝である。というところでしょうか。

    何が起きるかわからない。
    何でそんなことが起きるの?という展開。
    さすがインド!
    これでもかインド!
    って感じのインドの暗部と明部。
    粗野で野蛮なインド!
    人懐っこくやさしいインド!
    インド盛りだくさんな感じです。
    年代は都市ボンベイがムンバイに名前が変わる前の1990年ころが舞台となっております。

    物語に飲み込まていく感じはわかりますね。
    面白いです。
    インドに行ってみたい!とはいえないなぁ...w

    そのうち映画化されるんじゃないかな?
    面白いもの。

    中と下はもう買ってあるのでそのうち読み始めます。

  • 一文の価値も無し。

  • インドを舞台にした小説。インドという国の裏と表がよく分かる描写がたくさんあって、インドの住民になった様に感じさせてくれる作品だった。
    登場人物が、皆個性的で野生的で惹きつけられた。
    物語の語られ方がなかなか単調で途中退屈した。
    2013.5.1

  • まだ上巻のみ、つまり物語の3分の1しか読み終わっていないが、すでに凄い小説だということが分かる。とても面白い。
    旅行記であり、冒険小説であり、私小説であり、哲学書のよう。たくさんの人物が登場するが、その全てにドラマと哲学を感じる。時折見せる詩的な描写もかっこいい。
    女盗賊プーランとは異なるインドの闇、そしてそこでは書かれていなかった心の国インドの姿も描かれている。

  • 20数年前に自分もインドに行った。作者と同じようなガイドのリキシャマン(自転車タクシー)と知り合いになって数日を過ごした。ベナレスだった。あの思い出とともにインドとネパールのバックパックの自分探しの旅が蘇る。自分が思っていたことのエキスがこの本にはほとばしっている。ぺーじをめくるワクワクが止まらない。

全66件中 1 - 25件を表示

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)の作品紹介

男は武装強盗で20年の懲役刑に服していた。だが白昼に脱獄し、オーストラリアからインドのボンベイへと逃亡。スラムに潜伏し、無資格で住民の診療に当たる。やがて"リン・シャンタラム"と名づけられた彼のまえに現れるのは奴隷市場、臓器銀行、血の組織"サプナ"-。数奇な体験をもとに綴り、全世界のバックパッカーと名だたるハリウッド・セレブを虜にした大著、邦訳成る。

ツイートする