シャンタラム〈下〉 (新潮文庫)

  • 526人登録
  • 4.19評価
    • (70)
    • (47)
    • (25)
    • (5)
    • (2)
  • 53レビュー
制作 : Gregory David Roberts  田口 俊樹 
  • 新潮社 (2011年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (555ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102179437

シャンタラム〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何も言うことはない。

    出会えてよかった。

  • インドの今のムンバイを背景にした小説。リアルな描写と哲学的な表現が一気に読者を引きずり込む。
    特にスラム街での様子、住民たちの連帯感の良さは知らない世界だ。
    インドと中東との関係も微妙に影響をしてくる。
    大作だけど読み始めたら止まらないこと間違いなし。

  • 感想は(上)に。

  • 久しぶりに、ページをめくる手が止まらなかった本である。
    ただ、Amazonレビューでは賛否両論で、主人公を否定する意見が多かった。
    主人公の考えや行動については、私は全く共感できない。麻薬をやったり、マフィアに入ったりしているし。
    しかし、内容が本当に面白い。
    インド文化は無知であったから、インド文化を少しでも知ることができてよかった。
    登場人物では、プラバカルが大好きだった。彼が物語から退場したときは、久しぶりに本の登場人物に対して泣いた。
    自分の本棚に並べたい一冊である。

  • 2017.6読了

  • 時間掛かったけどぜんぶ読めて本当によかったな。インド、わたしはそんなに運命的なものを感じてないけど(たくましさが足りない)またきっと行きたくなるので、そのときはまたこの本を読んで、言葉を覚えて、心の国に行きたい。
    ばかみたいにまっすぐで情熱的な恋愛の話があったりで羨ましくなっちゃった。

  • これ以上の小説に出会えていない。この小説のインパクトが強すぎたせいで、何を読んでも満足できないでいる。

    物語はグイグイ読ませるし、哲学的思索に溢れている。

  • 読了まで早かった。細かなストーリーと予想外の結末の繰り返しなので、時間に制限のある映画より、テレビドラマ向き

    主人公はジョニーデップのイメージで読んだ

  • カーデルやカーラの裏切りと一方的愛、そして喪失した「暗殺者のような悲しみ」。本書は自伝的小説というよりむしろインドを舞台にした哲学書といえるかもしれない。いやはや凄い物語だ。

  • 面白い。
    何て形容したら良いのか分からない。著者の自伝的小説だけあって全てが濃厚。
    ハードボイルドであり、哲学書であり、愛の物語だ。
    ネットの書評などでも良く見た言葉が一番しっくりくる。
    (とにかく読め‼︎)だ。

全53件中 1 - 10件を表示

グレゴリー・デイヴィッドロバーツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
ドン・ウィンズロ...
フェルディナント...
ピエール ルメー...
ドン・ウィンズロ...
冲方 丁
ジェフリー ディ...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

シャンタラム〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シャンタラム〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シャンタラム〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シャンタラム〈下〉 (新潮文庫)の作品紹介

リンは禁断症状を脱し、マフィアの首領の意を受けてソ連軍占領下のアフガニスタンに同道する。ムジャヒディン闘士たちとの交友。首領との確執。そして明かされる陰謀の真相。敵軍の猛攻で同志が次々と斃れるなか、リンは重傷を負いながらもボンベイに生還。個人としての復讐と、組織同士の最終抗争へと向かう-。"生きること"を問いつづけた現代の『千夜一夜物語』、感涙の完結。

ツイートする