暴行 (新潮文庫)

  • 64人登録
  • 3.63評価
    • (5)
    • (9)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : Ryan David Jahn  田口 俊樹 
  • 新潮社 (2012年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102180419

暴行 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『暴行』読了。いやこれ傑作。とある暴力行為とその傍観者たちの行動をこれまた傍観者のごとき視線で描いているのだが、人の醜悪な部分をいやというほど見せつけられながら最後はひとつの光明を見いだすような思いで本を閉じることができる。

  • 140617

  • 『傍観者効果』なる言葉を初めて知りました。確かに「これだけ人がいるんだから自分がしなくても誰かが通報するだろう」という気持ちは生じるだろうし、なにより「こんなことに関わりたくないし」と思う気持ちだってどこかしらあるんだと思う。まあこの小説ではそれと同時に「自分は今それどころじゃないんだから!」的なところもあるけど。それにしてもグイグイ読ませてもらったな。

  • アパートの中庭で刺された女性の悲鳴を聞いて各部屋の窓から見ていた目撃者38人、でも通報者0人。傍観者効果なる言葉を拡げた実際の事件をもとに、ドラマ仕立てに仕上げた作品。煩わしくてできれば関わり合いたくない気持ちがよくわかる。

  • 人生色々、やるせないな。

  • ほぼグランドホテル方式といってよい創り。
    主体視点が次々と変わるために集中し難い面もあるが、
    時間密度は濃密で、物語が進むにつれ、
    人間のダークサイドのドラマを強烈に浮び上がらせる。
    これが処女作なのか。すごいな。

    2010 年 CWA賞最優秀新人賞受賞作品。

  • いわゆるグランドホテル形式のサスペンス。こういうのは記憶にない。突っ込みどころはあるが読んでる間は全く気にならない。佳作。

  • 1964年ニューヨークで実際に起こったキティ・ジェノヴィーズ事件をもとに書かれた作品。

    実は、私、このテの事件が大好きなくせに、何故か元ネタになった事件のことを全く知りませんでした(@_@)
    これがきっかけで言われるようになった「傍観者効果」という言葉は知ってるんだが、何故だろうと思って、色々検索してみたけど、どうやら元ネタの事件の詳細というのがほとんど語られていないみたいなんですね。
    一応ノンフィクションが1冊出ているようですが、書評とか見る限りかなり内容が薄いらしい。
    こんなに話題になった事件としては不思議なくらいなんだけど、それはこれが恐ろしく後味の悪い事件だからなのかなぁ。

    元ネタの事件の詳細は知りませんが、実際の事件では、まさか目撃者や関係者の大半が本書に書かれているようなドラマティックな状況に置かれていたということはないだろうけど、もう少し詳細を知りたいなぁ。
    でないとちょっと評価しづらい。

    まぁ、単純に作品として評価すると、今言った事件を目撃しながら通報しなかった人々の事情が余りにもドラマティックに過ぎるのが逆に興ざめ。
    それぞれの事件は確かに面白いし、興味深いんだけど、数が多過ぎて印象が散漫になるし、嘘くさくなっちゃう。
    それに、そこまでの事情があったら、確かに通報しないよなと頷かされてしまうところがあって、それは本来の意図と反するのではないでしょうか?(^_^;)

    ただ、現実の事件だということを踏まえて読むと、ただひたすらにキャットの身に起こったことが悲惨過ぎる。
    余りに凄惨で理不尽で酷すぎて、何かかわいそうっていうありきたりの感情表現すら出てこない。ただ、怒りを覚えるのみです。
    まさに作中でキャットが次のように独白する通りです。

    こんなにひどい死に方をさせたかったのだとしても、神さまにしてもせめて早くすますことぐらいできたはずだ ──── 痛みもなく早くすませることぐらい──── それを拷問にする必要などないのに。
    「神さまのくそったれ!」

    補足すれば、彼女は最初に襲われたときは刺傷されたのみで、それもかなりの重症ではあったけど、まだ致命傷ではなかったんですね。
    なのに、2時間近くも誰も彼女を助けず放置しておいたばかりに、キチガイ腐れ野郎の犯人が舞い戻ってきて、更なる傷を負わせた上に血まみれで苦しむ彼女をレイプまでしやがるのです。
    正直言って、こんな目に遭うぐらいなら最初の襲撃で死んでいた方がマシだと思います。
    ただ、それでも、生き延びることができれば、それも人によっては耐えられる苦しみかもしれません。
    先ほどのキャットの独白はこう続きます。

    彼女は上空に垂れ込めた灰色の雲に向かって言う。「くそったれ。死んだりするもんか」

    しかし、ファッキン神の糞野郎は、彼女を苦しませるだけ苦しませておいて結局天に召すのです。
    しかも、キャットも我々読者も「ああ、助かったんだ!」と思った次の瞬間に。つまり、ようやく来た救急車の中でね。
    助けが来ない、あいつがまた来るかも、痛い、苦しい、とかいう心身両方での苦しみと恐怖、そしてやがて来る絶望の中で死ぬよりはマシかもしれませんが、趣味が悪いことに変わりはないと思います。

    あ、実際の事件はここまでひどくなかったのかもしれないけど、通報があれば助かっていただろうこと、つまり被害者の女性が苦しみ、怯え、理不尽な死を(キチガイに襲われて死ぬ自体理不尽ですが、死なずともよかったという意味で二重にね)迎えたことは同じようです。


    ちなみに傍観者効果の方については、まぁ、いろいろ意見があるみたいだが、たくさん人がいるから誰かがというのとは別の意味で通報しにくいというのは確かにあると思うんですよね。
    私は、割と繁華街に近いとこにも田舎にも住んだことがありますが、そのどちらにも夜中に奇声を上げる人というのはいるんですね。
    平屋とか近隣の道路にいたとしたら、それが奇声なのか悲鳴なのかを聞き分けることはできるかと思いますが、例えばマンションの4階ぐらいにいたら、もう聞き分けはかなり困難です。
    はっきりと「助けて!」と聞き取れて姿が見えたら迷わず通報しますが、マンションの窓から夜の路上がどれくらい見えるかという話です。
    まぁ、この事件は実際に姿も見えたという話でしたけども。

    ちなみに、私、昔、夜の9時過ぎくらいに住宅街のど真ん中、街灯が煌々と照る中で、痴漢に遭ったことがありまして(後ろからガバっと抱きつかれた)、その瞬間に喉も裂けよとばかり悲鳴を上げましたが、痴漢は全くたじろがず、近隣の住宅から助けが来ることもありませんでしたね。
    恐怖に駆られていて実際には自分で思ったほど声は出ていなかったという可能性はありますけど、しばし揉み合ったあげく何とか振り払ったら痴漢は全速力で走って逃げたので、そこそこ出てたのではないかと思いますが。
    ま、そんな感じで、悲鳴ってほんとにあてにならないと身を持って実感した経験があるので、傍観者効果は微妙だと思います。

    電車の痴漢を見過ごすのも同じ論理だと思うんですよ。被害者側であっても、なかなか断定しづらいのに、傍観者としては冤罪怖いですよね。
    性犯罪者は全て憎むべき存在で、絶対罪を償わせたいと思うのですが、罪の内容が内容だけに冤罪も怖い。
    あ、話を性犯罪だけに限ると何か変な話になっちゃうな。f^_^;)

    まぁ、幼児虐待とか孤独死とかにしてもそうだけど、結局、社会のシステムづくりが重要なんでしょうね。
    冤罪をつくったり、プライバシーを侵害したりせず、通報者が危険にさらさらたりすることなく、不幸が起こるのを未然に防ぐシステム構築。
    困難ではあると思うけど、これだけ技術革新が進んでいれば不可能じゃない気もするのだがな。もちろん完璧というのは有り得ないにしても。
    とにかく、弱い者が理不尽に傷つけられたり、搾取されたり、命を奪われたりということを撲滅したいものですよなぁ。
    それを現実に近付けるのは、一人一人の気づきだったり、勇気だったりするのは間違いないと思うんだよね。
    何か公共公告機構みたいな結びになってしまったがf^_^;)

全9件中 1 - 9件を表示

暴行 (新潮文庫)に関連するまとめ

暴行 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暴行 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暴行 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする