スターターズ (新潮文庫)

  • 42人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : Lissa Price  森 洋子 
  • 新潮社 (2014年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (507ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102182819

スターターズ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014.11.28

  • 細菌戦争によって老人と子供しかいなくなってしまった未来。裕福な老人たちの間では、コンピュータを介して子供の脳に意識を送り込み、その身体を自由に操るボディレンタルが流行していた。そんな中、大金を得て病弱な弟を救うため老人に身体を差し出した16歳の少女・キャリーが、ディストピアと化した世界の運命を変えていく…。

    近未来SFなわけですが、特殊能力やバイオな技術、派手なアクションがないところが好感触。ストーリーだけで引き込む力はとても著者デビュー作とは思えないすわ。しかも読み終わった後にもまだ謎が残ってると思ったら続編が出てるとか!気になる!早く邦訳してほしい。映画化の話も来てるみたいだけど、まともにつくったらかなり名作映画になっちゃいそうで期待膨らむぅ。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヒュー・ハウイー
ジェイムズ・P・...
ピエール ルメー...
ローレン オリヴ...
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

スターターズ (新潮文庫)の作品紹介

16歳のキャリーは廃墟に身を潜める。子ども(ルビ:スターターズ)狩りから逃れるため。幼い弟、最後の家族を守るため――。時は近未来、環太平洋(ルビ:パック・リム)戦争で使われた細菌弾頭は老人と子供を除き、全米から大人を消した。超高齢化社会の闇の世界の流行は最先端の神経(ルビ:ニューロ)技術によるボディレンタル。老人に肉体を貸せば、大金が手に入るのだ。お金があれば、弟を守れる……キャリーの決断が、世界の運命を変えてゆく!

スターターズ (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする