自堕落な凶器(上) (新潮文庫)

  • 24人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Ariel S. Winter  鈴木 恵 
  • 新潮社 (2014年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102185711

自堕落な凶器(上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 確かにパティーシュだ。
    この先どこへ辿り着くのか分からないところがいいな。
    詳細な感想は下巻で。

  • 「シムノン、チャンドラー、トンプソンの新作を読みたければ本書を開け!」というのが売り文句だけど、その作家たちに興味がなくても普通に楽しめる、正統派ハードボイルド。

  • 「シムノン、チャンドラーの完全なるパスティーシュ」!

    新潮社のPR
    http://www.shinchosha.co.jp/book/218571/

全3件中 1 - 3件を表示

アリエル・S.ウィンターの作品

自堕落な凶器(上) (新潮文庫)の作品紹介

1931年フランスの田舎町、路上で発見された死体から明らかになる、服役囚連続失踪事件(第一部「マルニヴォー刑務所」)。1941年には米映画界周辺で美人女優を含む若い女性が連続して切り裂かれる事件が起きる(第二部「フォーリング・スター」)シムノン、チャンドラーのパスティーシュで描く堕ちていくある男の物語。ミステリファンのための傑作、堂々解禁!

自堕落な凶器(上) (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする