クリスマス13の戦慄 (新潮文庫)

  • 19人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : アイザック アシモフ  池 央耿 
  • 新潮社 (1988年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (498ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102186053

クリスマス13の戦慄 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 配架場所:2F文庫書架
    資料ID:C0010260

  • クリスマスをキーワードにホラー作品とSF作品が混ざったちょっと不思議な感触のアンソロジー。

  • 幼児期に経験したサンタクロースへの恐怖を語る【煙突】、富豪が貧乏画家に依頼したのは、年若い妻のポートレートだった【クリスマス前夜】、奇人と言われた伯父の遺言には、代々伝わる一族の呪いが込められていた【幻の女】、死刑が廃止された近未来、殺人によって終身刑を宣告された男の話【終身刑】他、クリスマスにちなんだ古今の作品13編を収録。

    同じアシモフ編集の「バレンタイン14の恐怖」(新潮文庫)がそこそこ楽しめたということもあって、古本屋で見かけた際に購入。“戦慄”というだけあって収録された作品はホラーよりだが、後半のSF4編がどれも面白い。特にラストのA・C・クラーク「常世の光」はお見事。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする