小悪魔アザゼル18の物語 (新潮文庫)

  • 176人登録
  • 3.44評価
    • (6)
    • (20)
    • (40)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
制作 : Isaac Asimov  小梨 直 
  • 新潮社 (1996年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102186084

小悪魔アザゼル18の物語 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宇宙ものでも、ロボットものでもない小悪魔アザゼルのストーリーを集めた短編集。

  • アシモフ先生のブラックユーモア小説短篇集。2cmの(ここでインチを使わないあたりもアシモフらしい)、全能だけどおせっかいな悪魔がいるという前提で、友人から聞かされる小話という前提の話。

    したがって、悪魔は実際には筆者の前に出てこないし、本人がイントロで書いている「宇宙人説」などにも、本編では全く触れられない。

    悪魔ということで、SFというよりもオカルトのたぐいの話になりがちだが、そこはアシモフだけあって、ところどころにしっかりした科学的な前提、オチ、悲劇を取り混ぜてくるから面白い。

    18のストーリーはすべて独立しており、いずれも少々導入部がすこし読みにくいものの、途中のアザゼル呼び出しからオチまでは、後半ではある意味様式美となっているため、読みやすい。

    それぞれはコンパクトで、藤子不二雄のSF短篇集や「笑うセェルすまん」を彷彿とさせられた。電子書籍版があれば、特におすすめしたい1冊。

  • 表紙を見ると、グロテスクなあまりかわいらしくない小悪魔。アラジンと魔法のランプのジンとは大違いなこの小悪魔が、契約主のどうしようもないお願いに応えてくれる。
    けれど、結果的にその願いは果たして効を奏したのか?
    笑うセールスマンのようなストーリー展開が面白い。

  • ものやひとの見方を面白くというかユニークに観れるっていいね。

  • アシモフの短編。SFとファンタジーがまざっとる。
    短編だからSF入門にちょうどよいのでは。
    でもアシモフ好きな人にはちょっと毛色が違うから注意かも。
    私もそんなに好みではなかった、、、、。

  • これね、ホント大好き。なぜだろう、どこがいいか?と聞かれたら困るんだけどね…(笑)

  • いまいちインパクトに欠ける気がする。
    一話一話の読了感は悪くないのだが…
    三分の一程度で挫折。なぜだか性に合わない。

  • なじ■面白すぎてどうにかなりそうなぐらい面白かったです。文章をメモしてる際ペンを持つ手が震えまくりでした。

  • それぞれの話自体は面白いのに、読んでいてなんか気分悪い、と思いました。しばらく考えて気づいたんだけど、気分悪かったのは、作中でアザエルの話の語り手がアシモフがをけなすから。
    アシモフ自身が書いている話とわかってはいるけど、感情は別の話。
    私って、結構意外とアシモフ自身が好きだったんだなあ。

全16件中 1 - 10件を表示

アイザック・アシモフの作品

小悪魔アザゼル18の物語 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小悪魔アザゼル18の物語 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小悪魔アザゼル18の物語 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする