人類が知っていることすべての短い歴史(下) (新潮文庫)

  • 295人登録
  • 4.14評価
    • (26)
    • (23)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 25レビュー
制作 : Bill Bryson  楡井 浩一 
  • 新潮社 (2014年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (511ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102186220

人類が知っていることすべての短い歴史(下) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上巻に続き、科学全般を軽やかに語る手腕はお見事。
    翻訳者が非常に上手いのだろう、と思ったら、案の定解説(HONZの成毛氏)でも指摘されていた。

    唯一気になるのが、図表が無いというところ。
    ただ、図表がなくても本文の読むのに支障がないところが本書のすごさでもあるのだが。

    ところで、結びに出てくる
    『一六八〇年代初頭、ロンドンの喫茶店で天文学者エドモンド・ハレーとその友人の建築家クリストファー・レンと物理学者ロバート・フックが冗談半分にある賭けを行った。』の『賭け』は何だったのだろう。

  •  皮膚の細胞はすべて死んでいる。成人であれば死んだ皮膚を2キロ持ち歩いていることになり、そこから皮膚のかけらが毎日数十億片ずつ剥がれ落ちていく(P257)驚愕の事実(笑

     追記:『生命40億年全史』の引用がある(P160)2014年2月11日にレビューがあるので載せておく、以下参照
    著者 : リチャード・フォーティ草思社 (2003年3月発売)
    生命40億年の記録をたどる、化石からの手がかりで時代を遡るのだが、遠い過去ほどその全貌は薄ぼんやりしてくるのだった。憶測で断定しないところに好感がもてる。結局、地球生命の全容は紆余曲折を経て現在にいたるようだ。そうすると人類の未来も危なげで不確かなものだということが分かる。

  • 科学に興味がない人も是非読んで欲しい。著者が科学畑ではない人なので、知識がない人向けの分かりやすい説明になっている。そして、最初から最後まで好奇心を刺激される発見が満載だ。

  • 上巻の続き。後半になってようやく生物、人類史。人間の歴史って短いし、化石になるのって凄く大変なんだーと思い知らされる。今となっては恐竜の存在は当たり前になってるけど、ちょっと昔はそんな存在すら知らなかったのかと改めて思うと、恐竜を始めて発見(理解)した人はすごい!

  • 上巻を読み始めてから1年近くかかってやっと読了。科学技術史を全方位から描く力作である。
    下巻は理科二類。生命の誕生から生物の歩んできた道を人類の誕生までを描くとともに、現代の地球史ができるまでの科学技術の発展を描く。
    生命の成り立ち、構造やら進化の法則等等幅広く扱っており、面白い。
    興味深い話は結びの章まで事欠かない。現生人類が如何に、いろんな種を絶滅に追いやってきたか、さらに現在でも凄い勢いで絶滅種を増やしていることを述べている。それでも、まだ人類が知らない種が山のようにあるのである。
    なんとも騒がしい星である。

  • レビュー省略

  • 科学史というか、人類が今まで知ってきた世の中の色んな科学的な話をてんこ上下巻にまとめて盛り。知的好奇心がある人、理系バックボーンがある人にとっては読んでて非常に面白いと思う、時間はかかるけれども。いわゆる現世人類がどのようにアフリカから世界に広がっていったのか、がこうも判っていないとは。人類のこと1つとってもこんなにもわからない事だらけなんだ、と思うと色々感慨深い。長生きしたくなる。

  • 締め方がとても良かった。
    後書きで成毛眞が東江一紀の仕事に賞賛を述べているが、この訳者の他の本も手に取りたくなった。
    本書で言及されている書物の多くが未訳あるいは翻訳が絶版になっているのを見て、日本の置かれたお寒い状況も感じた。

  • 人間は傲慢で粗暴な生き物。果てしなく続いてきた、かけがえの無い地球を守れるか。

全25件中 1 - 10件を表示

ビル・ブライソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
又吉 直樹
J・モーティマー...
ジェイムズ・P・...
ジャレド・ダイア...
マーカス デュ・...
有効な右矢印 無効な右矢印

人類が知っていることすべての短い歴史(下) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人類が知っていることすべての短い歴史(下) (新潮文庫)の作品紹介

ちょうどいい大きさの太陽、地球を甘やかしてくれる月、原子社会のセックスアニマル炭素、防護用コンクリートほどに頼もしい大気、そして無尽蔵のマグマ。地球万歳! ここは生物のパラダイスだ! イギリス屈指のユーモア・コラムニストが徹底的に調べて書いた、最高のサイエンス・エンターテイメント。イギリス王立協会科学図書賞、読めば文系のあなたも「科学通」に。

人類が知っていることすべての短い歴史(下) (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする