飛ぶ教室 (新潮文庫)

  • 183人登録
  • 4.21評価
    • (21)
    • (18)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 21レビュー
制作 : Erich K¨astner  池内 紀 
  • 新潮社 (2014年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102186411

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
朝井 リョウ
ピエール ルメー...
三浦 しをん
梨木 香歩
恩田 陸
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

飛ぶ教室 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 名作とは何度読んでも面白い作品である。しかも新訳となると、同じなのだけど違う味わいを楽しむことができるという喜びがあります。もちろん前の方がよかったということもあるでしょう。新しい方が味わいやすいということもあるでしょう。どちらもそれぞれの味わいを楽しむことができる。そんなものもあるでしょう。
    数多くある『飛ぶ教室』の中でも、読みやすさと味わい深さは随一かも知れません。新しいのだけれどクラシカルでもある。それは少し古めかしい言葉遣いが為されているから感じるものなのかも知れません。それが作品世界に融け込み、世界の入口を広げてくれます。
    ケストナーの作品の中でも一番好きなものであり、子どもと接する大人の必読の書だという想いは、この何度目かの再読で益々大きく感じられました。(因みに『窓ぎわのトットちゃん』も必読の書だと思っています。)子どもを子ども扱いはせず、かと言って見離しもせず。きちんとした「大人の目」で書かれた子どもの物語なのでしょう。子どもたちが活き活きと描かれているからこそ、大人の役割を強く感じる。そこが素敵なのです。

  • 『博物館学Ⅰ』集中講義時に読了。宮部みゆき『ソロモンの偽証』シリーズで取り上げられていたため手に取る。合間合間に読んだせいかあまり記憶に残っていないのが残念。でも勇気を示せる場とそれを受け入れてくれるクラスメイトがいる点彼らは幸せだと思った。今は勇気を示せる場なんてどんどんなくなっているように感じるため。こういう経験は大切にしたい。停滞している自分を見つめる良い機会だった。もっと味わうためにもまた読み返したい。

  • 冬休みを間近にひかえた、ドイツのとあるギムナジウムの寄宿舎で暮らす子どもたちの物語。
    前書き(ちなみにこのお話、前書きが二つあります)からココロをつかまれました。ケストナーが、彼が"ゴットフリート"と名づけたクジャクチョウに話しかけるシーンや、エドゥアルトという仔牛と触れ合うシーンがとても楽しいのです。
    お話の本編は寄宿舎に住まう少年たちの友情物語…というとそこらにありふれているお話のようですが、私はとても好きです。文章に飄々としたユーモアがあって、クスクス笑ったところもたくさん。"禁煙さん"、"道理さん"、"いろおとこテオドール"とか、あだ名のネーミングセンスが抜群。
    将来ボクシングでチャンピオンになる夢をもつ大食漢でケンカも強いマティアスと、臆病な自分がいやでマティアスの強さに憧れるウーリとの友情には、読んでいてこちらの心も優しくなる気がしました。
    訳者あとがきもとてもよかったです。
    うちの子どもにも読ませたくなりました。

  • 道理さん、禁煙さん2人の大人がいい。
    いつの時代も子どもは失敗から学び、それを許容しつつ叱るべき時は叱り、正直で良い大人がいればよく育つ。ユーモアは大切。子どもを管理してはいけない。

  • 子どもは何も考えていない、という考えに真っ向対立した作者

    また、前書きで、「夏にクリスマスの話を書くのは難しいが、不可能ではない」とあり、
    それがナチス統治下にこのような話を書くことは不可能ではない、という意味だと知り、作者はすごい人だと思った

  • 大人になる間にどこかに置き忘れてしまった子ども心が、この作品の中ではそのままに息づいている気がする。喜びも悲しみも、友情も孤独もすべて体一杯で受け止めてゆく子どもたち。フィルターなしのまっすぐな感情が、いい大人には眩し過ぎる。
    ケストナーの願い通りに「幼いころのことを、けっしてわすれないこと」はできないけれど、せめて子どもの世界の良き理解者でいられたらいい......禁煙さんや道理さんのように。

  • 小川洋子さんのラジオで紹介されていました
    小学生の時、ケストナーのお話だいぶ読んだと思います
    まあ当たり前とは思いますが 作者の背景とか全く知らなくて……
    今回ものすごく面白くて面白くて一気に読みました
    そして読んだ後 重くなりました
    訳者の池内紀さんの文が好きです
    あとがきもよかったな

    ≪ 時代超え メッセージ届け 飛ぶ教室 ≫

  • こどもの部屋から拝借シリーズ。夏に手にしたが、この時期まで読まずにおいた1冊。子供の頃に読んでおきたかった。ギムナジウムなる世界は日本ではあまり想像がつかないが、雰囲気に慣れてくると楽しめる作品。

  • 五人のキャラクターがいい。
    大人が素敵。
    楽しい時間だった。

  • 配架場所:2F文庫書架
    資料ID:C0036453

  • すごく感動する‼︎ 毎年クリスマスには読みたくなるような小説です。心温まります。
    ベク先生、素敵なプレゼントをありがとう♪

  • エーリヒ・ケストナー『飛ぶ教室』新潮文庫

    ーおもちゃが壊れたので泣くとか、長じて友達をなくしたとか、その手のことはしょせんどうでもいいことだ。人生に大切なのは、何を悲しんだかではなくて、どれほど深く悲しんだかということなのだー

    またお気に入りの本が増えました。

    道理さんと禁煙さんの話には胸を打たれました。

    特にお気に入りのシーンは、上級生がお化けの格好をして下級生たちを怖がらせる場面で、いつも弱虫とからかわれているウーリが怖がる一年生を「すぐに慣れるさ」「はじめの年は、僕も泣いた」と励ますシーンです。

    ー原因は何か。世の中が公正ではないからだ。そのために多くの人が苦しんでいる。どうにかしようとしているいい人がいるが、クリスマスイヴはあさってなのだ。とてもそれまでに世の中を直せやしないー

  • 面白かった!子どもと大人を描く物語が大好きなのだけれど、どちらかというと、子どもから大人へ変わっていく過程の真ん中の時期を描いたものが好きだと思っていました。でも、このケストナーの飛ぶ教室は、子どもと大人の真ん中の生徒たちを描きつつ、子どもと大人の立ち位置ははっきりと分けて描かれています。それもまた面白い!
    この物語のすてきなところは、なんといってもベク先生の存在。自分が子どもであった時期にこんな先生の出会えたならそれはとても素晴らしいことだと思うし、大人と呼ばれる歳になった今読んでみると、子どもたちに寄り添える、こんな大人でありたいと思わせてくれます。あまり歴史的な知識はないのですが、これが第二次世界大戦のナチス政権の管理と統制の時期に描かれ読まれたことに、意味があるのではないかと思いました。
    5人それぞれの優しさや葛藤がエピソードのそこここに織り込まれていて、どの子もとても愛しく思えます。

    子どもは小さな大人であるとよく言いますが、子どもの心を忘れない大人であるケストナーの作品をもっと読んでみたくなりました。

  • 一枚岩ではない子どもたちの切なさが心に沁みる。

  • 実は読んだことがなかったケストナー。児童文学ってこうだった、と思い出させてくれました。本当は大人・子供の線引きなんて必要ないのかもしれません。子供の頃の体験を忘れてしまった大人と、忘れていない大人。そっちの線引きの方が正しいのかも。
    個性豊かな生徒たちと、子供と対等な大人たち。冒険も、生真面目な主張も、読んでいてとても楽しいのだけれど同時に苦しくもなります。自分の力ではどうしようもないことに必死に足掻いてもがいて悩んでいた頃。理想は破られ、教えられた価値観は絶対ではないとわかり始める時期を経て、逃げを打ち諦めることを覚えて今の自分に成り果てている、その現実を突きつけられるようで。正義先生や禁煙さんのような大人になりたいと思っていたはずなのに、ほぼ真逆を行ってますからねぇ…。ありがたいことにケストナーはそんな自分にも改心(?)の余地を残してくれています。物語の登場人物にはなれないけれど、この物語いいよね、と思える部分が自分にも残ってることに気づかせてくれる。赦しをもらえたようで、クリスマスの時期に読むにはぴったりの一冊でした。

  • 6年ぶりくらいの2読目。

    道理さんの過去とこみあげる思い、友達思いなマティウスの優しさ、マルティンのやりきれない切なさと、幾か所も胸を打つ場面があって、また泣いてしまった。
    彼らのかなしみを受けて涙ぐむ自分の子どもっぽさに安堵もしている。

    ずっと本棚に置いておきたい、私の大好きなやさしい物語です。

  • 客車に住む人がでてくる話、小さいときに読んだような気がするのだけど、この話だったろうか。前書きと後書き、クリスマスストーリーの繋がりがいいなぁ。
    「すべての乱暴狼藉は、はたらいた者だけでなく、とがめなかった者にも責任がある」。1930年代のドイツ、という時代背景の台詞。

  • 小学生の時に読んでいたような懐かしい文章だった

  • 想像以上にかなり深く惹き込まれてしまった。自分に似たような体験がある訳でもないのに、読んでいてノスタルジックな気分に浸り心地良い気分で読了。初読なので他の訳と比べることが出来ないが読み易かったと思う。「道理さん」という呼び名もけっこう気に入った。ヴァルター・トリアー のイラストも物語によくマッチしていて素敵だ。読んでいると優しい気持ちになれる本。他人(大人)には言わないが密かに楽しいクリスマスが過ごせたかも・・・・・。

  • クリスマスの話を集めたコーナーで、クリスマスイブに。
    5年生と先生の、二つの視点で楽しめると思うけど、もう私は大人なので、かなり先生よりの話として読みました。クリスマスの前のドキドキを思い出し、これって出張から帰る時の前の夜に似てるな、とも思う。先生のセリフが、まあとにかく良いんです。きっと、子どもの時に読んだら、もっと5年生の視点で体験できて、大人になって読み返して倍楽しい!みたいに出来たかもしれないなぁ。

  • 20141203
    新訳とのことでなんとなく買い。
    挿し絵が原作で好みだったので。
    クリスマスですし。
    そんなに違わないけど、ちょこちょこ違う感じ。
    いろおとこテオドール(笑)ちょっと笑った。

    この話は本当に好きで、こういう友情に憧れた。
    しかし私は女の子だったので無理だった!
    みたいな。
    でも男の子の中でも理想化されたものなんだろうな。
    今読むと大人の友情とお母さん大好きはちょっと微妙に感じてしまったけどやっぱり泣ける。笑

全21件中 1 - 21件を表示

飛ぶ教室 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

飛ぶ教室 (新潮文庫)の作品紹介

まもなくクリスマス。街全体が温かな雰囲気に包まれるなか、寄宿学校の少年たちは、波瀾万丈のクリスマス劇「飛ぶ教室」の稽古に励む。ある日、マルティンに母親から手紙が届く。そこには、マルティンがクリスマスに帰省する旅費を工面できなかったと書かれていた……。たとえ運が悪くても、元気を出せ。打たれ強くあれ――温かなメッセージが込められた、少年たちの成長の物語。

ツイートする